小鼻縮小のダウンタイムについて|過ごし方やケア方法など知っておきたい情報特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小鼻縮小のダウンタイムについて紹介します

壁に持たれている笑顔な女性鼻が大きく悩んでいる人は多く、小鼻縮小施術を受ける人もいます。小鼻縮小施術を受けると美しい鼻筋の通った形状にすることができますが、他の美容整形と同じようにダウンタイムがあります。今回は、そんなダウンタイムに注目して、様々な情報をご紹介していきたいと思います。

そもそも小鼻縮小とは?

小鼻縮小は鼻が大きく横に広がっていたり、大きく見えているような鼻翼の形を自然に小さくにすることが可能です。 美しく整えることによって理想の形状を得ることができるでしょう。小鼻の幅や大きさなどを自由にアレンジすることができるので、その人の顔立ちに合った形状に仕上げることができます。 小鼻の幅が広かったり大きかったり、張りが気になる人に向いていて幅広い世代の人が利用している施術です。

小鼻縮小のダウンタイム

①腫れ

小鼻縮小のダウンタイムは3日~1週間ぐらいで、人によっては腫れが出ることがあります。腫れは3日ぐらいすると次第にましになっていき、目立たなくなるでしょう。 腫れている間は必要以上に鼻に触ったりこすったりしないで、そのままの状態にしておきます。もし腫れが長引く場合は医師やクリニックに相談すると適切な処置を施してくれます。通常1週間ぐらいすると元の状態に戻っていて、小鼻になったことを実感することができるでしょう。

②内出血

小鼻縮小のダウンタイムは3日~1週間ぐらいですが、内出血する場合があります。内出血は3日~5日ぐらいすると症状が緩和してくるでしょう。 ダウンタイムが終わるまでは必要以上にこすったり触ったりしないようにし、激しい運動も控えておくことをおすすめします。 もし内出血が酷い場合は医師と相談すると良いでしょう。外用薬などを処方してくれたり、適切な処置を施してくれます。そのままの状態にしておくことで治癒を早めることができるでしょう。

小鼻縮小のダウンタイム期の過ごし方

小鼻縮小のダウンタイム期の過ごし方として、激しい運動を控えることが大切です。血行が良くなると治癒するのに影響を及ぼすので、おとなしく過ごしましょう。 過度に鼻を触ったりこすらないようにするのも大事です。鼻以外はメイクすることができますが、メイクを落とす時は鼻に触らないよう気をつけると良いでしょう。 入浴もなるべく控えておき、シャワーを利用すると安心です。腫れなどが気になるならマスクをしておくと周囲の人に気付かれません。

内出血や腫れが引かないと感じたら早急にクリニックに相談すること!

小鼻縮小施術のダウンタイムにおいて腫れや内出血などの症状がましにならないなら、クリニックや医師に相談する方が良いでしょう。 何かしらの異変を感じたら早い段階で医師と相談すると、適切な処置をしてくれます。外用薬を処方してくれたり、必要な場合は再施術を行ってくれるでしょう。事前に行われるカウンセリングにおいてリスクなどの万が一の場合に関してもよく確認しておくと、慌てずに対処することができるので安心です。

小鼻縮小の施術を受けるなら、慎重なクリニック選びが重要

薔薇にキスをしている女性小鼻縮小の施術を受ける場合、慎重なクリニックや医師を選ぶことが重要です。極端に施術費用が安い場合は品質の悪いものが使われたり、医師の技術などが疑わしい場合があります。 インターネットなどを利用して医師の経歴や実績、評判や口コミなども事前にチェックしておくと安心です。カウンセリングにおいて施術内容や費用、リスクや副作用なども確認しておいたり、悩みや不安などに関してよく相談しておくと安心して施術を受けることができるでしょう。

関連記事