輪郭を細くする方法とは|自分でできる方法から美容整形まで紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

輪郭を細くことはできるの?

顎に手を置いて何かを考えている女性 小顔になりたい・輪郭を細くしたいと、輪郭の大きさで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 一口に輪郭を細くするといってもその方法は様々です。 今回は輪郭を細くするために行われている代表的な方法を紹介していきます。 まずはどんな方法があるのか知ることからはじめてみてくださいね。

輪郭を細くする方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

マッサージ・筋トレ・ツボ刺激

輪郭を細くする方法にはいくつかありますが、自分でできる方法として、マッサージ筋トレといった方法があります。 また、顔にあるツボを刺激することによって、ある程度のフェイスラインを引き締めることができるでしょう。 《セルフケアでは劇的な効果が見込めない》 輪郭を細くしようとセルフケアを行なっている人がいますが、即効性がなく、時間がかかってしまうでしょう。 ある程度は細くすることができますが、根本的に改善することは難しく、理想のフェイスラインを維持するのは困難でしょう。

脂肪溶解注射

輪郭を細くする整形方法として脂肪溶解注射があります。 脂肪溶解注射はメスを使わずに、注射のみで輪郭を細くできると言われている方法です。 注入した薬剤で脂肪細胞を溶かすので、リバウンドする可能性が低いでしょう。 施術時間やダウンタイムが短く、輪郭など部分的な痩身が期待できます。

エラボトックス

輪郭を細く整形方法にはエラボトックスがあります。 ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種で、一過性の筋肉麻痺を生じることによって輪郭を細くすることが可能と言われている方法です。 この方法も、メスを使わずに注射のみで行える方法で、傷跡もほとんど目立たないのがメリットでしょう。

脂肪吸引

脂肪吸引は、輪郭周りについた脂肪を除去することで、輪郭の部分痩せができるでしょう。 脂肪吸引では、カニューレという管を挿入し、直接脂肪を吸引することができるため、ダウンタイムを乗り越えれば、輪郭が細くなったと実感できるでしょう。

頬骨削り

輪郭を細くする方法には、頬骨削りという方法もあります。 頬骨削りは、顔の全体的なバランスを見ながら骨の出っ張りを削ったり、切ったりする美容整形です。 頬骨の出方によって施術のアプローチが異なります。反対に頬骨が小さ過ぎるとエラなどのその他のパーツが目立つこともあるので、こめかみやエラなどとのバランスをはかりながらサイズを小さくする必要があるでしょう。

バッカルファット除去

バッカルファット除去は、年齢と共にたるんでしまう頬の深い部分にある脂肪を除去する施術です。 加齢によって下垂することが多く、たるみを加速させる原因にも繋がってしまうと言われています。 バッカルファットを手術で除去することによって、フェイスラインを細く整える効果や、若返り効果を期待できるでしょう。

えら削り

えら削りでは、下顎角のエラ骨を切ることによって、輪郭を整えたり、シャープなVラインなどに仕上げることができるでしょう。 えらが横に張り出していると、四角い顔に見えたり、斜めや横から見たときの輪郭が大きく見えてしまったりします。 こういった悩みに対して、輪郭に直接アプローチするえら削りは、輪郭を細くする効果が期待できます。

あご削り

あご削りを受けることによって、輪郭をすっきりと細くすることができるでしょう。 あご先の位置はEラインを決定するのに重要なポイントです。あご先、いわゆるオトガイの位置や形状などを整えることによって、輪郭を細く見せることができそうです。

Vライン形成

Vライン形成では、あご〜えらにかかる輪郭の骨を削ったり切ったりして、輪郭をVの字のようなラインにすることで、輪郭を細くすることが期待できる方法です。 広範囲の骨にアプローチをするため、高い効果が見込めるでしょう。

輪郭を細くする整形は技術力・専門性の高い医師を選ぶことが重要

笑顔のクリニックの男性医師 輪郭を細くするには様々な方法がありますが、いずれも決して簡単な方法ではなく、技術力や専門性が問われます。 万が一、経験の浅い未熟なドクターが施術を担当し失敗してしまうと、さらに難易度が高くなり、最悪の場合、状態の改善が難しくなってしまう場合もあります。 そうならないためにも、複数のクリニック・医師のカウンセリングを受け、比較検討しながら担当してもらう医師選びを行うようにしましょう。

関連記事