矯正をすると横顔が綺麗になる?矯正で横顔美人になれる人の特徴とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

歯列矯正をすると横顔が綺麗になる?

横顔が綺麗な女性 ブラケットと呼ばれるワイヤーなどで歯並びを綺麗にととのえる歯列矯正ですが、正面から見た顔のイメージが改善されるだけでなく、横顔が綺麗になるというメリットもあります。横顔の印象を大きく左右するのが鼻と口元。歯列矯正になって口元を美しくすることが可能です。

歯列矯正によって横顔が綺麗になる可能性は高い

顔の輪郭をおさえた女性 ブラケットなどを装着し、一定の期間をかけて行われる歯列矯正の治療では、歯の並びをミリ単位で調整することができます。上あごの前歯が突き出ている情態のいわゆる「出っ歯」や、下あごの歯が上あごの歯よりも前に出ている「受け口」や「しゃくれ」によってEラインが大きく損なわれてしまいます。 出っ歯の場合は上あごの前歯を引っ込める矯正を施し、受け口の場合はブラケットなどで上あごと下あごの歯の位置を調整して正常なかみ合わせに戻します。

横顔を綺麗にするには「Eライン」が重要

美しい横顔のひとつの基準とされているのが「Eライン(エステティックライン)」です。Eラインとは鼻骨の先端(鼻先)からあごの先端を結んだ線で、美しい横顔であるためには、唇がその線よりも突き出ないことが望ましいとされています。 日本人は欧米人とは骨格が違うため、Eラインより少し出るくらいが自然な印象を与えるようです。歯列矯正によってこのEラインを整えることができるので、横顔美人になれる可能性が高いと言われています。

歯列矯正によって綺麗な横顔になれる人の特徴

横から見た綺麗なEラインをした口元

出っ歯の方

出っ歯の人は歯列矯正によって理想のEラインに近づけることが可能で、横顔の印象がガラッとに良くなるケースも少なくありません。このほか歯並びが悪い人も歯列矯正によって口元の印象が格段にアップしますので、歯列矯正を受けるメリットは大きいでしょう。 日本人は出っ歯が多いのが特徴ですが、半年から1年ほど治療を続けると、しだいに理想のEラインに近づくことが期待できます。軽度の出っ歯の場合は、マウスピースを装着して治療することも可能です。

受け口の方

受け口は、専門的には反対咬合と呼ばれ、上あごの歯が前に来る正常な咬合ではなく、生まれつき上あごが小さかったり、乳歯の時期に上あごの成長が不十分だった場合に起きるようです。受け口の場合はEラインよりもあごが前に出ることによって横顔の印象を悪くしてしまいます。 歯列矯正を受けると上あご、下あごそれぞれの歯の位置をずらしながら、徐々に正しいかみ合わせに整えていきます。Eラインに近づくにつれて横顔の印象が大きく変わり、正面からの見た目も改善します。

しゃくれている方

横から見るとあごが大きく突き出て三日月のように見える顔はしゃくれ顔と呼ばれますが、基本的な要因は受け口と同様に歯のかみ合わせによるものです。しゃくれ顔も歯列矯正によって理想のEラインに近づけることが可能です。 また、歯並びが悪いと頭蓋骨のバランスが崩れ、顔全体が歪んでしまう場合があります。歯列矯正で顔の歪みが改善されると、横顔ばかりでなく正面から見た顔のバランスが整うなど顔全体に良い影響をもたらします。

歯列矯正について気になる方はクリニックに相談しましょう

微笑んでいる女性 出っ歯や受け口などにコンプレックスを抱えているは、勇気を出して歯列矯正のクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。最初にカウンセリングが行われますので、その時に歯に関する悩みや改善したい部分を伝え、疑問点や不安な点はしっかり確認しましょう。 クリニックを選ぶ際は、医師の技術や実績や通いやすいなどの立地条件も大切ですが、費用などもきちんと説明してくれて、アフターフォローもしっかりしたところを選びたいものです。

関連記事