脱毛後に入浴してはいけない?シャワーや入浴時での注意点とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛後に入浴をしてはいけないって本当?

頰に手をついて悩んでいる女性これから脱毛を受けようと思っている方は、術後に入浴をしてはいけないということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 脱毛後の肌は、いつもとは異なる状態にあります。いつものように温かい湯船に浸かってしまうと、思わぬトラブルに繋がることも。 今回は、脱毛後に入浴してはいけない理由と期間について紹介します。安全に脱毛をするためにも、事前に知っておきましょう。

脱毛当日に入浴はNG!その理由とは?

何かを拒否している女性脱毛後には、入浴を控えるように指導されます。 この入浴というのは、湯船に入ることを意味していて、シャワー浴であれば当日も可能なことが多いです。 なぜ、湯船に入ってはいけないのかというと、施術後のお肌はデリケートな状態で、入浴で身体があたたまると血行が良くなり、赤みかゆみ痛みといったトラブルに繋がりやすくなってしまうためです。

脱毛後の入浴が肌トラブルになる原因

①汗による細菌の増殖

ヨガをしているカップル血行が良くなると、人は発汗を促します。そうした発汗を適切にケアできればいいのですが、汗が体表に残ってしまう事で細菌の温床になってしまう可能性があります。

②乾燥による肌のバリア機能の低下

発汗によって肌表面の水分が失われ、乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。また、温かいお湯などで皮膚表面の油(皮脂)も洗い流されてしまい、肌のバリア機能が失われてしまう可能性があります。

③衛生面での細菌感染

浴槽に溜まっているお湯は、目に見えない菌や汚れがあるケースも多く、また湿度によって繁殖しやすい状態になっています。そのような状態で、脱毛後のダメージを受けた身体を湯船に沈めてしまうと、細菌感染による炎症などの恐れがあります。

どのような脱毛方法でも直後の入浴は避けた方がいい!

疲れを感じている女性脱毛には様々な方法があり、クリニックで行われる医療レーザー脱毛をはじめ、サロンで行われる光脱毛やニードル脱毛などがあります。また、ブラジリアンワックスによる脱毛や、近年では糸を利用した脱毛なども多く存在しています。 そのどのような脱毛方法も、入浴は避けるべきと言われており、注意が必要です。

脱毛後の入浴を避ける期間

時計とスケジュール帳サロンやクリニックにより異なりますが、当日〜3日程度は控える必要があると言われています。照射部位や状態によって変動してくることもあるので、注意が必要です。

岩盤浴やプールも1週間ほど避ける

脱毛後は、あったかい湯船に浸かる入浴だけでなく、岩盤浴や温泉、サウナやプールといった行為も避ける必要があります。おおよそ1週間程はそうした行為を避ける必要があると言われており、不特定多数の人が利用するような不衛生な環境などに注意が必要です。

入浴してしまった際の対処法

すぐに冷やす

脱毛後は照射部位を冷却しますが、誤って入浴してしまった際も、早めに患部を冷やして対処する必要があります。急に冷水をかけてしまうと、身体が驚いてしまうため、少しずつ慣らしながら患部を冷やしていくことが大切です。

異常をきたす場合は早めにクリニックに相談すること

脱毛後、入浴によって赤みやかゆみ、痛みなどが出来てきてしまう場合は、早めにクリニックに相談することが大切です。もし自身の施術施設がクリニックであればそのまま相談することで解決しますが、サロンなどの場合は「提携のクリニックが無いか確認をする」「皮膚科を受診する」など、早めに対応する必要があります。

当日〜数日間のシャワー浴の注意点

シャワー脱毛当日から湯船に入らないように指導された数日間はシャワー浴のみとなります。 体温の上昇を避けるためにも、高めの温度設定にはしないように注意しましょう。 身体を洗う際にも、肌への不安を減らすため、ゴシゴシこするようなことはせず、石鹸の泡でやさしく身体をなでるようなイメージで洗うようにしてくださいね。

脱毛後の入浴以外で気をつけること

身体を温める行為

脱毛後には、入浴以外にも身体を温めるには気をつけなければなりません。 湯船に入らないからといって、サウナ岩盤浴といったことは避けるようにしましょう。 また、激しい運動も血行が良くなってしまうので控えてください。 マッサージエステも避けた方が良いです。 この他にも、身体が温まってしまう飲酒や、肌に摩擦を起こしてしまう可能性のあるアクセサリー類にも注意が必要です。

日焼け・紫外線対策

日焼けしている足脱毛後には、入浴以外にも”日焼け”に注意しなければなりません。 主に使われている脱毛器は、黒い色に反応するように作られています。 日焼けをしてしまうと、メラニン色素が生成され、毛との区別がつかなくなってしまい火傷を引き起こしてしまう可能性があります。 そのため、施術が受けられなくなることもあるため、日焼けには気をつけましょう。 紫外線を避けるために、日焼け止め日傘帽子施術部位が隠れるような服装など、徹底的に対策をしてくださいね。

飲酒は避ける

脱毛前後の飲酒は、血行を促進してしまい、炎症を促進してしまう可能性があります。また、施術時に気分が悪くなってしまうこともあり、注意が必要です。

脱毛後は入浴を数日間控えよう

考えている女子学生脱毛後は、身体が温まってしまうと赤み・かゆみ・痛みなどの肌トラブルに繋がってしまう可能性が高くなります。 そのため、脱毛後は入浴をせず、シャワーで済ませた方が良いです。 クリニックやサロンによって控える期間は異なりますが、当日〜3日程度は控えた方が良いでしょう。

関連記事