毛深い原因について|理由や体質改善方法など気になる情報をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛深い原因について説明します

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性人によって毛深い体質の人とそうでない人がいますが、昔は毛深くなる場合は遺伝子的に決まっていくという考えが主流でした。 しかし最近では生活習慣やホルモンバランスの乱れから毛深くなりやすいということが実証されていて、遺伝子の影響は比較的少ないと事実が明らかとなりました。今回はそんな毛深い原因について紹介していきます。

毛深くなってしまう要因は、ホルモンの影響が大きい

一般的に男性ホルモンの分泌量が多い人ほど、毛深い傾向にあります。 よって女性ホルモンの割合が多い多くの女性は男性ホルモンの分泌量がすくないのです。しかしホルモンバランスが何らかの影響で乱れてしまった場合は、急に男性ホルモンの割合が高くなりやすいのです。よって女性でも男性のように髭が生えてきたりすることもあります。

毛深くなってしまう原因

年齢

年齢を重ねていくごとに性別とは対称のホルモンが発生する場合があります。これは体の免疫機能が変化することで、ホルモンバランスに乱れが生じるからでもあります。 よって若い時には見られなくても加齢とともに男性ホルモンが増加していく女性は数多くいると言われています。 急に産毛の色が濃くなったり毛深くなるのは、体が悪いサインを出しているわけではなく誰でも起こりうることです。よってホルモンバランスを整えるようにすることが大切です。

ストレス

過度なストレスを抱えてしまうと、ホルモンバランスが乱れやすいことが明らかとなっています。 よって精神的に負担を抱えている人は、毛が濃くなることがあります。しかし肉体的なストレスを受けた場合は体毛には全く影響しないことから、人の体毛はいかに心と関係しているかがよく分かると思われます。 時間に追われている現代において、そのストレスが原因で女性でも毛深くなる可能性があります。できるだけストレスを抱えない生活を実現するようにするべきです。

コレステロール

そして毛深くなってしまう原因は食生活も関係しています。 実は世の中には毛が濃くなりやすい食べ物が多く挙げられているのですが、その代表格が卵です。卵には多くのコレステロールが含まれているのですが、コレステロールの成分には男性ホルモンの分泌を高めてしまう作用があります。 卵は精力増加などの効果がある完全栄養食とされていますが、やはり男性的な役割を果たす作用があるため、毛の量や質を増量させる可能性があります。

遺伝

また生活習慣よりは少ないですが、毛深い体質になるのには遺伝的な要素も含まれています。 例えば毛の質は母親から遺伝しやすい傾向が見受けられるため、母親が毛深い体質である場合は子供にも遺伝する可能性は決してゼロとは言いきれないのが現状です。

ホルモンバランスの乱れは、生活習慣を改善することが大切!

基本的に生活リズムが整っていない人はホルモンバランスが乱れやすいと言われています。 特に夜はホルモンの回復と切り替えを促すための大事な時間帯です。よって深夜まで起きている人は体内の細胞に混乱が生じてホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。 また睡眠の質が悪い人もホルモンバランスは決して正常とは言えません。しかし夜にきちんと寝ることで、生活習慣が改善してホルモンが正常化します。

毛深くなってしまった場合には、医療脱毛が有効

海辺で体操をしている男性と女性すでに毛深い人は、医療脱毛を行うことで症状が改善することがあります。レーザーによる施術を定期的に行うことでムダ毛はほとんど生えてこなくなります。痛みが不安な場合は、麻酔などの処置で無痛で施術を受けることも可能です。 また、万が一の事態にも医師が常駐しているので安心です。

関連記事