脱毛の失敗について|原因や対策法など気になる情報をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛の失敗について紹介します

失敗や後悔をして悩んでいる女性脱毛すればツルツルになれるというイメージがありますが、実は失敗してしまうというケースは少なくありません。そこで、今回はそんな脱毛の失敗について迫ると共に、具体的な対策法までご紹介していきたいと思います。

脱毛治療に失敗事例

①効果が感じられなかった

脱毛治療を受けたのに、効果が感じられなかったというケースは多いです。 クリニックでのレーザー脱毛の場合、毛がなくなるまでには平均で6回ほどの施術が必要で、また毛が薄い人は反応が弱くなってしまうので、効果が感じられるまでには時間がかかります。

②肌トラブルにあった

施術に使うレーザーは高い出力を持っています。そのため、照射することでお肌に赤みやかゆみが出てしまうだけでなく、炎症や火傷といった肌トラブルが出てしまうことがあります。 自然に治るようなものであれば施術を続けることができますが、炎症がひどい場合は施術を続けることが難しくなってしまい、失敗という結果になってしまいます。

③施術した箇所以外の毛の量が増えた

脱毛して、施術部位はきれいになったのに、施術していない部位の毛の量が増えてしまったと感じる人がいます。 これは、毛が無くなったことで他が増えたように感じるだけでなく、照射の刺激によって他の毛を作る組織が活性化されてしまうことで起こります。増毛化と呼ばれる現象で、おなかのような薄い産毛のような毛で起こりやすいです。

脱毛治療の失敗の原因

①照射漏れがあった

レーザーの照射漏れがあると、その部位だけ毛が残ってしまいます。実際にレーザーが当たっているかは術後にならないと分からない部分があり、状態を確認してもらうことで対応してもらえる可能性がとても高いです。

②出力が弱かった

レーザーは部位によって出力を調整して脱毛を行います。出力が弱いほど刺激が少ないので痛みもないのですが、弱すぎると毛根に作用することができず、脱毛効果を発揮できなくなってしまいます。 特に太い毛に関しては、高い出力が必要になるので、出力が弱いことで毛が残ったままになるという失敗例が多く見られる傾向にあります。

③継続的に治療を受けなかった

人間の毛は全て生え変わりを繰り返しています。生え変わりに合わせて2~4カ月おきに1度脱毛すると効果的なのですが、継続的に治療を受けないと毛がなくなりません。 毛が残ったままの状態になるので、失敗したと思ってしまいますが、きちんと継続的に通うことで、ある程度防ぐことができます。1週間に5回の施術をするより、数カ月おきに1度施術をした方が毛は早く無くなります。

④日焼け対策を行わなかった

施術に使うレーザーは黒い色に反応します。そのため、お肌の上から照射しても、皮膚へのダメージは少なく、毛に集中的に効果を発揮することができます。 しかし、日焼け対策をしないと、お肌が焼けてしまい、毛との区別がつかなくなってしまいます。お肌にレーザーが反応すると火傷になってしまうので、施術を断られてしまいます。

⑤保湿ケアを怠ってしまった

脱毛後のお肌というのは、とてもデリケートな状態です。そのため、保湿をしてお肌をいたわる必要があるのですが、怠ってしまうと肌トラブルが起きやすくなってしまいます。 乾燥したお肌というのは、刺激を受けやすいので痛みを感じやすく、脱毛効果も低くなってしまいます。脱毛期間中は、お肌をしっかりと保湿する習慣をつけましょう。

⑥医師の技術不足だった

経験が浅い医師に当たると、毛の状態に合わせたレーザーの出力の調整ができないことがあります。 毛だけでなく、お肌の状態も確認する必要があるのに、チェックしていないと、過剰な出力で照射してしまったり、出力が弱すぎて脱毛効果が出ないというケースが非常に多くなってしまいます。技術不足であることが失敗に繋がってしまうので、経歴を確認しましょう。

失敗しないためにも、術後のアフターケアは丁寧に行う必要がある

脱毛治療を受けるのであれば、失敗は避けたいものです。 そのために、術後のアフターケアは丁寧に行う必要があります。クリニックによっては、自宅で使う保湿クリームを処方してくれる所もあります。説明された通りに使用して、お肌のことを考えましょう。 保湿や紫外線対策など、分からないことは事前に質問しておき、しっかりとケアしましょう。

失敗かもしれないと感じたら早急に担当医・クリニックに相談する

笑顔のクリニックの男性医師脱毛治療を受けていて、少しでも腑に落ちない点や、毛が残っているので失敗かもしれないと感じたら早急に担当医やクリニックに相談しましょう。 いつか毛が抜けるのかもしれないと悠長に考えていると、施術の効果があるのかないのかの確認が取れなくなってしまいます。納得できないことや、いつもと異なる感じがあれば、すぐに伝えることで、状態を理解してもらえます。

関連記事