汗が多いという悩みの対処法と解決策を詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

汗が多いという悩みへの対処法について

頭を抱えて驚いている女性汗が多いと人にどういう風に見られているのかがとても気になりますが、デリケートな問題ですので、多くの方はなかなか人に相談できず悩んでいるのではないでしょうか。 今回は、そんな汗が多い人の悩みを解決するための手段をいくつかご紹介していきますので、どうぞ参考になさってみてくださいね。

汗が多いのは病気なの?

汗を沢山かいてしまう症状には、多汗症という病名がつくことがあります。汗っかきは病気なのでしょうか?実は、汗の量に悩んでいる人の中にも、ただ単に他の人と比べると汗かきなだけという場合があります。 多汗症の人を見分ける方法として分かりやすいのは、症状の現れる状況を確認することです。季節的な要因があったり運動を行った後という状況でないにも関わらず汗をかいてしまうことがある場合は、多汗症である可能性が高くなります。 つまり、体温調節を必要としないような状況であっても汗をかいてしまう人が該当しますので、思い当たる人は適切な対処法を知るべきかもしれません。

汗が多いという悩みのケース

ポイントや注意点を教えている女性医師

①脇汗がシミになって恥ずかしい

該当する人の悩みとして多いのが脇汗がシミになってしまう現象であり、電車のつり革につかまったり手をあげる時などは他の人の目線がとても気になります。 シミにならないようにするにはゆったりとした服装にしたり、パットをつけて吸い取るようにしておくのが有効ですが、好きなファッションを楽しめないなどのデメリットもあります。

②手汗で手に持った紙が濡れる、握手が恥ずかしい

物に触れると濡れる、湿ってしまうという悩みを抱える人も少なくありません。紙の場合はシミになってしまうこともありますので、触れるのも慎重になります。 極力他の人の手に触れるようなシーンは避けたいところですが、握手をする必要がある場合には不快な思いをさせているのではないかと気に病んでしまう人が多いようです。

③顔の汗でメイクが上手くいかない

女性の場合はメイクが上手くできないという悩みも抱えます。湿っている手で下地クリームをつけたりファンデーションを塗ったりするのは意外と大変ですし、頻繁に顔に汗をかいてしまってはメイク崩れの原因になったりとキレイにメイクをすることができません。 ファンデーションを塗る時に使っているスポンジが湿って雑菌の繁殖が引き起こされることもありますので、衛生的な面から見ても問題があるといえます。

④座っていた所が汗で濡れてしまう

体の様々な部位に汗をかきますので、座っていた箇所が濡れてしまうこともあります。立ち上がった時に湿っている部分が目立つのではないかと考えるとなかなか立ち上がることができません。立ったり座ったりを繰り返すような場合には逐一座っていた箇所の状態が気になってしまい、その場面に集中することができなくなります。

汗が多いことへの対処法

クリニックの女性医師

①制汗剤の使用

手や脇、背中などに関しては制汗剤をつけることで対処できることがあります。汗を抑える作用が強いのはクリームタイプであり、朝塗れば一日中効果が持続するタイプもあります。汗が抑えられると臭いも抑えられますので、体臭予防にもなります。 少しライトな使い心地になるのはロールオンタイプであり、しっかりと成分は浸透しますが効果はクリームタイプほど持ちません。短時間だけの対策を行いたい場合にはスプレータイプも利用できます。

②生活習慣の見直し

日頃の生活習慣が乱れている人は、自律神経のバランスが悪くなって交感神経が優位な状態になり汗が出やすくなります。 特に睡眠不足に陥っている人は自律神経を上手く整えることができず症状が悪化しますので睡眠時間の見直しが必要です。寝ている間は自然と副交感神経が優位になって汗が止まります。 食事面も重要であり、過度な辛いものや酸っぱいものの摂取はできるだけ避けなければなりません。刺激物を取ると交感神経が刺激されて発汗症状が引き起こされます。

③ボトックスによる治療

医療機関で治療を受ける場合には、ボトックス注射がよく行われています。ボトックスには神経の末端から分泌されるアセチルコリンという伝達物質の分泌を抑える働きがありますので、過剰な汗が出るのを抑制することができます。 アセチルコリンは交感神経の末端で働く物質であり、注入後には3日~1週間経った頃に効果が出始めます。効果は3~6ヶ月しか持ちませんので、一度受けたら終わりではなく定期的に注入を行う必要があります。

④内服による対処法

内服薬で改善する場合にもアセチルコリンの働きを抑える働きを持つ薬が利用されますので、働きとしてはボトックス注射と似ています。他には自律神経を整えることで発汗を抑えるようにアプローチする薬もあり、交感神経と副交感神経のバランスを改善してくれます。 西洋薬だけでなく漢方薬を処方してくれる病院もあります。漢方薬は体質の改善を行ってくれるものですので根本的な改善につながりますが、効き目は穏やかですので効果を感じるまでに時間がかかります。

さいごに

花火をしている女性汗が多いことで困るシーンは色々ありますが、制汗剤を使ったり生活習慣を見直すことが良い対処法となります。医療機関で治療を受ける場合には、ボトックス注射を定期的に行ったり内服薬を服用することで改善できますので、症状にお悩みの方はぜひ医療機関を受診してみてくださいね。

関連記事