肌荒れに効果的な薬について|市販薬と処方薬の違いやポイントなど徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌荒れに効果的な薬について紹介します

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性肌荒れは睡眠不足や生活リズムの乱れ、栄養バランスの悪さなどにくわえ、ストレスも大きく関係します。市販でも軟膏、飲み薬等、市場に出回っています。一過性のものなら市販薬は手軽ですが、皮膚科で視診してもらう方が治りも早いかもしれません。そこで、今回はそんな肌荒れと薬の関係について紹介していきたいと思います。

そもそも【肌荒れ】とは?

原因は様々で、特定できません。もともとの体質により皮膚の強弱はあり、内科的な疾病も関連します。 出来やすい場所は顔をはじめ、首、背中、腕、手、足など皮膚全般と言ってよいでしょう。見た目も荒れるだけでなく、痒みを伴ったり、神経を刺激するような痛みがある場合もあります。 肌が正常なバリアを保てなくなっているということは、免疫力の低下が疑われ、根治が難しいケースもあるからです。適当に治療を止めてしまうと、悪化するばかりで、再発の頻度も高くなるようです。

肌荒れに効果的な薬の種類

サプリメント

肌荒れには栄養不足も疑われるため、手軽に入手できるサプリメントを使用するのは効果的とも言えます。 ビタミン類やカルシウム、ミネラル、鉄分など良質な栄養素が含まれたサプリメントを選ぶと良いと言われています。 一方で、あまりに高額なものは、家計にも負担がかかるため支出が大きくなり、継続するのが困難となるので注意する必要があります。

市販薬(一般用医薬品)

肌荒れにはビタミンBなどを主成分とした錠剤が古くからあります。また、飲み薬だけでなく荒れ止め成分や保湿成分の含まれた軟膏も多くあります。継続的に使用することで効果が得られるため、自分の体質や習慣に合った市販薬を試されることが大切になってきます。

病院で処方される処方薬

皮膚科では、肌荒れの症状が出た月日の聞き取りや視診がされ、その状況に応じて医師が判断し薬が処方されます。 肌荒れに対する飲み薬といえば、ビタミンCやB2などのビタミン剤をはじめ、ニキビが酷い場合には抗生物質、そして副作用が心配されるステロイド、アレルギー薬が中心です。しかし、ステロイドは素早く効き目を表す効果があり、肌荒れ症状を緩和させ、悪化を防ぐ薬品として重用されています。

処方薬と市販薬の違い

処方薬は医師の診察を受けた上でのものなので、その症状に適した安全なものが処方されており、しっかりと完治させたい場合に適した医薬品となっています。 一方、市販薬などは病院に行く時間のない人にとって手軽に手に入れることが出来る薬として重宝されていますが、合わないなど失敗も多く見られます。 また、費用においても通常の肌荒れの処方薬は保険診療となり三割負担なので、比較的安価で薬を手に入れることが出来ます。

肌荒れを治す薬は用法・容量を守ることが大切

用法、用量などは説明書や医師の指示通りにきちんと守ることが大切です。 過剰に摂取することで、予期せぬ副作用や、かえって肌荒れの症状が進行してしまう場合があります。生活習慣の改善とともに、しっかりと適量を守る必要があります。

肌荒れは適切な方法で治していくことが大切

両手で顔をおさえている女性肌荒れを起こしてしまった場合、まずはその原因から探ることが大切になってきます。その上で、そうした原因を改善していくと共に、適切な薬を服用することで、より改善効果を高めることが出来ます。

関連記事