目を大きくする整形|施術別のメリット・デメリットや費用を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

目を大きくする整形について

目元 目を大きくするためには整形手術がお勧めです。とはいえ、一口に目を大きくする整形手術と言ってもその種類にはいくつかの方法が挙げられます。まずはどんな治療方法があるのか、その内容や費用について知っていく事からはじめていきましょう。

目を大きくする方法①二重を作る

綺麗な二重をした女性の目元 目を大きくする方法としてまず挙げられるのが、二重を作る治療です。具体的には瞼の上部分を糸で縫い合わせたり、あるいは切開をしてくせをつけていきます。瞼に癖をつけることでより自然な形で目元がぱっちりとさせていく事が出来ます。

美容整形での施術:二重埋没法

目を大きくするための整形として、二重埋没法が挙げられます。この方法は瞼部分を特殊な手術用の糸を使って縫い合わせていきます。瞼の一部が埋没したようになる為、そこできれいな二重を作ることが出来ます。 ダウンタイムがほとんどなく手軽なのがメリットとなりますが、その反面で糸が皮膚の上から見えてしまうなどのトラブルも起きやすくなっていきます。 費用負担は5万円から10万円ほど、利用する病院、さらには治療内容によってもこの金額は変わってくることになります。

美容整形での施術:二重切開法

目を大きくする整形手術として、二重切開法という治療が用いられることもあります。この方法はその名の通り、上瞼の一部を切開、そして縫合していく事でくっきりとした二重を作ることが出来ます。 埋没法に比べて術後の後戻りが起こりにくいのがメリットですが、左右で二重の幅が違って見えることがある、やり直しがきかないなどのデメリットもあります。 ダウンタイムは1週間ほど、費用負担は20万円前後、金額が埋没法に比べると高額になっていく為注意が必要です。

目を大きくする方法②蒙古ひだの切開

少し笑顔の女性 目を大きく見せるために蒙古ひだの切開を行う方法もおすすめになってきます。蒙古ひだが腫れぼったい人であれば、切開手術を受けるだけで見た目に目を大きくしていくことが出来ます。 ダウンタイムは1週間ほど、人によっては痛みや腫れが顕著にあらわれることもあります。費用負担は30万円ほどとされています。

美容整形での施術:目頭切開

目を大きくする整形手術として、目頭切開の方法もあげられます。目頭を切開することで目を横方向に大きくすることができます。ただ、この治療をしたからと言って必ずしも二重になるのかと言われればそうではありません。二重にしたいという人は別の治療がお勧めになってきます。 ダウンタイムは1週間から数週間ほど、費用負担が30万円ほど必要になってくるため、予算がある程度限られているという人は注意していくようにしましょう。

目を大きくする方法③目の開きを良くする

女性 目をぱっちり見せるためには、目の開きを良くする方法がお勧めになってきます。目が開けば視界も広がりますし、見た目に若い印象を与えることが出来ます。勿論、見た目の若さは目元だけで判断されるものではありませんが、日ごろの生活の中でもメリットとなる点はいくつか挙げられるわけです。

美容整形での施術:眼瞼下垂手術

目をぱっちりさせるための治療として、眼瞼下垂手術が挙げられます。この治療では、上瞼の裏側から筋膜を探し出し、その長さを調節することで見た目を変化させていきます。より確実に見た目を変化させることが出来るという点はメリットとなりますが、ダウンタイムとして数週間の期間が必要になってきます。 費用負担は10万円前後、健康保険が適用される場合にはさらに安くなっていきますが、美容目的での治療であればこうした費用は全額自己負担となっていきます。

美容整形での施術:目尻切開上眼瞼切開(上瞼たるみ取り)

上眼瞼切開(上瞼たるみ取り)とは、上まぶたの皮膚を切除して余分な脂肪を取り除くことで、まぶたのたるみを解消することができる美容医療です。それによりたるみの解消だけでなく、二重幅を広げたり、目が大きく見えるたりする効果があります。施術にかかる費用は「30~40万円程度」が目安となっています。術後1〜2週間程度のダウンタイムには、腫れや内出血などの症状がでてしまいます。

目を大きくする方法④目の幅を広げる

顔のバランスが整っている女性 目の幅を広げることが出来れば、目を横方向に大きくしていく事が出来ます。切れ長な目を意識したいという人であれば打ってつけの治療となってきますし、比較的手術後の経過が良好なケースが多いため手軽な手術を受けたいという人にもおすすめです。

美容整形での施術:目尻切開

目尻切開という方法の場合、その名の通り目尻部分を数ミリ切開して目を大きくしていきます。腫れや痛みなどの症状は手術から1週間ほどあらわれることになりますが、これも抜糸を行った後には自然とおさまっていきます。 比較的手術後の経過が良好なのがメリットとなってきますが、その反面で見た目の効果が実感しにくいというデメリットも挙げられます。治療の際には自分の症状・状態にあっているのかしっかり確認していくようにしましょう。 費用相場は10万円から30万円ほど、多少金額に差が出てくるため注意しておきましょう。

目を大きくする方法⑤たれ目を作る

微笑んでいる女性瞼の存在で目が小さくなっているという人であれば、たれ目を作る整形手術で目の大きさを変化させていく事が出来ます。たれ目を作ることでより女性らしい、優しい顔立ちを作ることもできますし、見た目の印象を変化させやすくなっていきます。

美容整形での施術:グラマラスライン形成(たれ目形成)

グラマラスライン形成の手術であれば、目を大きくするだけでなく見た目の印象をより優しくしていく事が出来ます。デメリットとして、人によっては目の大きさに変化が見られないなどの症状も挙げられますが、これも事前の確認をしっかりしていれば問題になることはありません。 ダウンタイムは1週間ほどで、費用負担は平均で20万円から30万円ほどです。利用する病院や治療内容によって多少金額が変わってくることになるので治療を受ける際には注意しておきましょう。

複数の施術を組み合わせるとより目を大きくさせることが出来る

何かを思いついた女性 ここで挙げた整形手術は単体で行うのもいいのですが、いくつかの方法を組合わせていくのもおすすめになってきます。より効果的に目を大きくすることができますし、手術でうまく効果が得られないというリスクを軽減していく事が出来ます。 その分費用はプラスされていくことになりますが、利用するクリニックによっては組み合わせによって割引が適用されることもあります。

自分に合った施術を選択することが重要

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 どの治療方法を選ぶにしても、自分の症状・状態にあったものを選んでいく事が大切になってきます。出来るだけ信頼できるクリニック、医師をさがして一度、相談を持ち掛けてみるのもおすすめです。より患者の希望、予算に合わせて親身に相談に乗ってくれる医師であれば、それだけで治療の安心感が高まっていくことになります。 目を大きくする整形手術にはいくつかの方法がありますが、まずは予算と好みに合わせて治療を選択していく事から始めていきましょう。その際、素人だけでの判断が難しければ専門家の意見を参考にして、より満足できる方法をさがしていくことが大切です。

関連記事