ガミースマイルの4つの原因とは|原因別の治療法や自分でできる改善策まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ガミースマイルの原因とは

笑っている人の口元笑った時に歯茎が出てしまう状態ことをガミースマイル(Gummy Smile)といいます。Gumとは歯茎や歯肉を指す言葉です。このガミースマイルにコンプレックスを抱えてしまう方は多く、歯茎が気になって笑うことに抵抗を感じてしまう方もいます。 ガミースマイルにはいくつかの原因があり、それぞれに合った治療法を行うことで改善することが可能な症状です。今回はそんなガミースマイルが起こってしまう原因と、それぞれの原因に合った治療法について詳しく解説してきます。

ガミースマイルの症状

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が見えてしまう症状全般のことです。一般的には、笑った時3mm以上歯茎が露出している場合を指します。 このガミースマイルがチャームポイントとなる方もいますが、すこし笑っただけでも歯茎が見えてしまうことで口元が下品に見えてしまったり、口元が目立ってしまうことに悩みを抱える人は少なくありません。 ガミースマイルの改善のためには、まずはご自身のガミースマイルがどの原因によって起こっているものなのかを知りましょう。

ガミースマイルの4つの原因

すっきりとした顎

①骨格が原因のガミースマイル

まずは骨格が原因でおこるガミースマイルについてです。ここでいう骨格とは、上顎下顎など口の周辺に位置する骨のことを指します。 例えば、上の歯茎がある上顎の骨が大きく前に突出しているケースや、上顎の骨それ自体が縦に長く発達しているケースなどです。また、上顎の骨が下顎の骨に比べて大きい場合もガミースマイルの原因となることがあります。

②歯が原因のガミースマイル

歯の長さや生えてくる形状が原因でガミースマイルとなってしまうことがあります。 例えば、歯が斜め前に大きく突出して生えていたり、歯並びが悪く前後にデコボコとずれて生えていること、上下の噛み合わせが著しくずれていること、歯の長さが短いことなどが挙げられます。

③歯茎が原因のガミースマイル

歯茎が過剰に発達していることがガミースマイルの原因になることがあります。日本人などのアジア人は上アゴなどの口周りにある骨が出っ張っていることが多く、それに伴って歯茎も長くなる傾向があります。 歯茎の発達がそれ単独でガミースマイルの原因になるというよりも、歯茎の骨である上アゴの骨が出っ張っていたり骨自体が長いことなど、その他の原因とあわさることによってガミースマイルが引き起こされることが多いです。

④唇が原因のガミースマイル

歯茎や骨格上の問題が無くても、上唇を持ち上げる為に筋肉の力が強いことが原因になることもあります。これによって笑った時などに上唇が過剰に持ち上げられてしまい、場合によっては唇がめくれ上がってしまうこともあります。 また、上唇が薄いために歯茎が見えてしまうこともあります。歯茎は通常口を開いても上唇の下に隠れるのですが、唇が薄いことによって歯茎が隠れず目立ってしまうのです。

【原因別】ガミースマイルの治療法

歯の模型と治療器具

骨格が原因の場合:骨切り術

骨格が原因のガミースマイルの場合、上顎の骨を切る治療が必要になります。代表施術である上顎骨切り術(Le Fort Ⅰ型骨切り術)やセットバックは、長く発達した上あごを短く切り、後ろに下げます。ガミースマイルを根本から治療できる方法ではありますが、骨を切る分体への負担やリスクも大きい施術です。 また、骨を切る大掛かりな施術となるため、大体80万円〜200万円程の費用がかかる施術となります。ダウンタイムも、最低2週間〜1ヶ月程は確保する必要があります。ガミースマイルを根本から治療できる画期的な施術の一つではありますが、その分さまざまなリスクが伴う施術なのでしっかりと検討が必要です。 ▽もっと読む▽ ルフォー整形術とは セットバックによる小顔整形とは 輪郭整形で起こりうる後遺症とは

歯が原因の場合:歯列矯正

歯並びや噛み合わせが原因で起こるガミースマイルの場合、歯列矯正を行うことで改善できる場合があります。 骨格や唇の形状に問題が無いものの、前歯が前に突出していることによって歯茎が見えてしまう状態の場合、歯を歯列矯正によって正常な位置に戻すことによって正面から見えた時の印象が変わり、笑った時も歯茎が気にならなくなる場合があります。 歯列矯正には、1〜2年ほどの時間が必要です。早急にガミースマイルを改善したい方には向かない施術ではありますが、その場合はインプラントを埋め込むことで通常よりも短期間で矯正を行うインプラント矯正を選択すると良いでしょう。 費用の相場は約80〜150万円ほどです。

歯茎が原因の場合:歯冠長延長術

下まで下がってきて歯を隠している歯茎のラインを上に上げることで、見えている歯茎の面積を少なくする治療法です。歯が見えている面積が少なく、歯茎が下がってきていることが原因のガミースマイルに効果的です。 歯並びが悪い場合などは、セラミックの被せ物を併用して治療を行う場合もあります。 一度治療を行えば後戻りしてしまう可能性は低く、施術にかかる費用の相場としては大体8本で30〜40万円ほどとなっています。

唇が原因の場合①:粘膜切除術

唇の裏側の粘膜の部分(歯茎の上の部分)を切開して取り除いた上で縫合し、上唇と歯茎の間を短くすることによって、唇の上がる部分を少なくしガミースマイルを改善する施術です。 切開を伴う施術ではありますが、唇の内側の施術となるため傷跡が目立つ事はありません。術後数日間は腫れが続きます。術後1週間ほどで抜糸を行いますが、自然に溶ける糸を使用した場合には抜糸の必要はありません。

唇が原因の場合②:ボトックス注射

ボトックス注射とは筋肉の働きを弱める効果のある治療法です。これを、ガミースマイルの原因となっている過剰に唇を持ち上げてしまう筋肉に注射することで、その力を抑制しガミースマイルを改善します。 切開などの必要はないため、ダウンタイムもほぼ無く比較的手軽に受けることができる施術です。ただ、一度打った時の効果の持続期間は約3ヶ月〜半年ほどです。そのため効果を持続させるためには継続的に注入を行う必要があります。 ▽もっと読む▽ ガミースマイルのボトックス注射について ボトックス注射(施術カタログ) ボトックスとは?|ボトックス治療のあれこれを解説

自分で出来るガミースマイル対策

笑い方を意識的に変える

ガミースマイルが比較的軽度で、治療を行う程ではない場合や、施術に踏み切る勇気が出ない場合などには、ご自身で行えるガミースマイル対策があります。 それは、普段の笑い方を意識的に変えるということです。鏡を見ながら、笑う時に上唇が上に持ち上がりすぎないように上唇を指で抑えながら笑顔をつくる練習をしましょう。「い」と発音するときのような口の形で、口を横に引っ張るようなイメージで行います。 なれてきたら、指を使わずに行います。毎日この練習を繰り返すことで、歯茎の露出した笑い方がすこしずつ改善されるでしょう。

ガミースマイルの改善は原因にあった治療法で

歯と歯茎の模型を持った女性医師ガミースマイルにはさまざまな原因が存在しており、それぞれの原因にあった適切な治療法を選択することで、美しい口元へ改善できます。まずはご自身のガミースマイルがどのような原因で起こっているものなのかを知ることが大切です。 治療を行うことで、より魅力的な笑顔で笑えるようになったり性格も明るくなることがあります。もしもガミースマイルでお悩みの場合は、信頼出来る美容外科や歯科の下での治療を検討してみてくださいね。

関連記事