頬の毛は抜いてはいけない!?|起こりうるトラブルと処理の方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬の毛は抜いてはいけない!その理由とは?

びっくりして驚いている顔 頬毛は決して目立つムダ毛ではありませんが、化粧ノリが悪くなるなどの悩みの元になってしまいますよね。 そこで、頬毛が気になるからといって抜いてしまうと、肌トラブルが引き起こる可能性があります。 実際にどのようなリスクがあるのか気になりますよね。 今回は、頬の毛を抜くことで起こりうるトラブルの例と処理の方法について紹介します。

頬の毛を抜かない方が良い理由

人差し指を立てて注意点を示している女性

埋没毛

抜いた時に起こるトラブルで多いのが埋没毛です。 新しく生えてきたムダ毛が皮膚の表面に覆われた状態で成長してしまい、埋もれているために抜くことができない状態です。 頬毛の処理を行った時に皮膚に刺激を与えてしまった場合に起こりやすいトラブルであり、一度埋没毛ができるとなかなか改善されないので気をつけましょう。

肌荒れ・炎症

顔の皮膚はデリケートなので、傷がついて肌荒れが起こることもあります。 また、傷ついたところから菌が入り込んで炎症が引き起こされることもあります。 炎症が起こると余計に外的刺激に弱くなって、日常生活を送るだけでも様々な負担がかかってしまうでしょう。この負担が肌中でメラニン色素が生成し色素沈着を残してしまう可能性があるので注意しなければなりません。

毛穴の開き

頬の毛を自己処理していると、いつの間にか毛穴が広がってしまうケースもあります。 頬毛を抜く時に肌が傷ついたり、乾燥したりすると正常な働きを保てなくなり、古い細胞が増えることによって、抜いた時に開いた毛穴がそのままになってしまいます。 過度な乾燥から皮脂の分泌が促されて毛穴を詰まらせることも毛穴の開きの原因になるので気をつけてくださいね。

頬の毛の処理方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

シェーバー

シェーバーで剃る場合は、シェービングクリームを利用することで、比較的安全に頬毛の処理を行うことができるでしょう。 洗って清潔になった肌にシェービングクリームをたっぷりとつけ、深剃りにならないように気をつけながらシェービングしていきます。力を入れすぎると角質に見えないくらいの小さな傷をつけてしまうので注意が必要です。

抑毛ローション

抑毛ローションを使うと、頬毛の成長を緩めて毛質を目立たないものに変えることができるでしょう。 頬毛が濃くなるのは男性ホルモンの影響を強く受けるためなのですが、抑毛ローションには大豆イソフラボンのような男性ホルモンの働きを抑制する成分が配合されてるようです。 処理直後だけでなく、毎日毛穴の開いているお風呂上りの肌にすりこむようにすると良いでしょう。

エステやサロンなどの光脱毛

頬の毛を処理する方法としては、光脱毛も効果が期待できる方法の一つです。 光脱毛はムダ毛の黒いメラニン色素に反応する光を使って毛母細胞にダメージが与えられます。これにより毛が生えるスピードが遅くなり、抑毛ができるでしょう。 痛みが伴う場合もありますが、輪ゴムを弾かれた程度の痛みようです。 脱毛効果だけでなく、照射される光がコラーゲンを促進し、ハリや潤いが出て、美肌効果も得られると言われています。

クリニックで行われているレーザー脱毛

光脱毛と同じような仕組みですが、高い出力で照射し、毛母細胞を破壊することで、永久脱毛効果が得られるでしょう。 パワーが強いので刺激を強く感じますが、その分少ない回数で施術を終えることができそうです。 レーザー脱毛が受けられるのは医療機関なので、万が一、肌トラブルが起こってもすぐに適切な処置を行ってもらえることが大きなメリットとして挙げられます。

頬の毛は抜かずに自分にあった方法で処理しよう

顔の輪郭をおさえた女性 頬毛を自己処理で抜くと様々なトラブルが引き起こされてしまいます。 安全に処理をするためにシェーバーで剃るか、抑毛ローションを利用するのが安心でしょう。 また、自己処理の回数を減らしたいという場合には、長期の脱毛効果が期待できる光脱毛やレーザー脱毛を検討してみても良いかもしれませんね。

関連記事