毛深いのは遺伝が関係しているかも|原因と改善方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛深いのは遺伝による体質かも...

頭を抱えて驚いている女性毛深さが気になってしまう人は、その原因、遺伝かもしれません。そこで今回は、そんな毛深さの原因と遺伝の関係性について紹介します。

毛深いのは遺伝による影響も大きい

腕を組んでいる親子毛深い原因として、遺伝が大きく関係していると言われています。 ただ、両親を見てもそれほど毛深いことはないのにという場合には、「隔世遺伝」というケースもあります。祖父母の毛深さを見てみると良いでしょう。

毛深くなる原因は遺伝以外にもある

ただ全てが遺伝で決まるというわけではありません。もともと毛深いわけではなかったのに、ある時期から毛深くなったというようなケースの場合、後天的な要因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れと言われています。 その主な原因としては、ストレス・食事・生活習慣などが挙げられます。

遺伝かどうかを確認する方法

チェックリスト

両親だけでなく祖父母は?

自身の両親は毛深くなく、自分は後天的な要因と断定する前に、一度祖父母もチェックすることが大切です。 隔世遺伝といって、祖父母や、さらに前の先祖から毛深い遺伝子を受け継ぐことも少なくなく、血縁者の中に毛深い人がいる場合は、遺伝が関係していることも多いにあると言われています。

小さいころからの毛の生え方は?

遺伝が原因で毛深い場合、幼少期から毛深いということも考えられます。特に就学前や小学校低学年の頃あたりから、周囲と比べて剛毛や毛深いといった意識があった場合は、遺伝による可能性も少なくないと考えられています。

遺伝により毛深い場合の改善方法

ホルモンバランスを整える

椅子に座っている女性人は男性ホルモン、女性ホルモンと両方を持ち合わせています。しかし、生活習慣の乱れなどでこのバランスが崩れてしまうと、毛深くなってしまうと言われています。 特に男性ホルモンは、毛根を発達させる作用を持ち合わせており、毛深くなってしまう要因の一つとも言われています。よって、こうしたホルモンバランスを整えるためにも、睡眠、運動、食事などの生活習慣の改善は、非常に大切になってきます。

食生活の改善

色とりどりの野菜食生活は、毛の生え方と密接に関係しています。特に、お肉などの欧米よりの食文化を中心の食生活は、毛の生え方に大きな影響を及ぼすと言われています。 バランスのいい食事を行うことはもちろんですが、豆腐や納豆などの食材に含有されている大豆イソフラボンは、女性ホルモンを安定させ、毛深いといった状態にも効果的と言われています。

ストレスを溜めない

伸びをしている女性現代はストレス社会と言われており、こうした心への負荷も、毛髪に大きな影響を及ぼすと言われています。 休息・休養をしっかりと取り、適度に息抜きを行うことで負担を緩和させることが大切と言われています。

遺伝の場合は基本的に自己処理では改善が望めない

遺伝の場合、自己処理では限界があります。毛深いという両親から引き継いだ体質はそう簡単に変わるものではないため、医療脱毛のような高い脱毛効果が期待できる方法でなければ、根本的な「毛深い」という悩みを改善することは難しいと言えます。 もし医療脱毛に興味がある方は、レーザー脱毛の効果について解説|光脱毛との違いや脱毛回数の目安についても!を参考にしてみてください。

自分の子供が毛深い場合の対処法

元気のない女の子自身が毛深い場合、それが子供にも遺伝してしまう可能性も考えられます。しかし、成長途中の安易なケアは、効果がないばかりか、肌へのダメージが残ってしまう可能性もあり、慎重に判断することが大切になってきます。

子供の脱毛は7才頃から可能

多くのサロンやクリニックでは、早ければおおよそ7才頃から脱毛を受けることが可能と言われています。サロンやクリニック、医師の判断で子供の肌や毛の状態によって変わってくるので、まずは相談だけでも行ってみると良いかもしれません。 ▷未成年の脱毛について|受ける前に知っておきたい基礎知識子供は脱毛しない方がいい?18歳未満に向かない3つの理由を解説

遺伝による毛深さは脱毛で改善しよう

下着姿で寝転んでいる細身の女性毛深いことと遺伝というものには大きな関係性があります。両親だけではなく、祖父母にわたってその影響はあると考えていいでしょう。 ただ、それだけで毛深い状態になるというわけではなく、後天的な要因も考えられます。こうしたケースでは、生活習慣の改善は非常に大切です。また、毛深さを改善する方法としては、「脱毛」が非常に効果的と言えます。

関連記事