ヒゲの光脱毛について解説|メリットやデメリット、施術にかかる費用や期間など

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ヒゲの光脱毛について詳しく解説

メガネをかけている医師光脱毛を利用しているのは圧倒的に女性が多く、部分的な脱毛から全身脱毛まで幅広く行われています。この施術は、女性だけでなく男性にも効果的な脱毛法であり、ヒゲを処理したい時にも利用できる方法ですので、ヒゲ脱毛を行いたい時には光脱毛も選択肢の一つとして覚えておきましょう。

光脱毛のメカニズムについて

ポイントや注意点を教えている女性医師仕組みを見ていくと、光脱毛はムダ毛に反応する光を脱毛したい部分に照射して毛根の細胞を破壊することで脱毛効果が得られます。この時破壊されるのは毛乳頭という部分であり、ここから毛母細胞に栄養を与えています。 破壊された後は毛母細胞に栄養を供給できなくなりますので、成長がストップしてムダ毛は抜けます。更に破壊を続けることで新しい毛根が作られなくなって段々とムダ毛が減っていきます。ムダ毛には成長期・退行期・休止期がありますが、成長期のムダ毛に効果を発揮する脱毛法です。

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いは?

疑問がたくさんあって気になっている男性クリニックで行われている医療レーザー脱毛と光脱毛の仕組みはほとんど同じですが、出力は医療レーザー脱毛の方がかなり高く光脱毛は低めとなっています。出力が低いために1回あたりの効果は小さくなりますが、出力と痛みは比例しますので光脱毛の方が痛みが小さいのも大きな特徴です。 照射範囲を比べてみると、1照射あたりの面積が広いのは光脱毛です。そのため、施術にかかる時間は1照射で数本ずつの処理となる医療レーザー脱毛よりも短くなります。

光脱毛のヒゲへの効果

男性のヒゲに対して施術を行う場合、色素が濃くてしっかりとした毛質ですので十分に反応させることができますし、効果もきちんと得られます。照射出力が弱いので産毛に反応しにくい機器もありますが、ヒゲなら問題ありません。ただし、医療レーザー脱毛と比較すると施術の回数が2倍ほどかかりますので、施術にかかる期間は長くなります。

ヒゲの脱毛までにかかる施術回数と期間の目安

施術にかかる回数や期間は、どの程度の効果を求めるのかでも違ってきます。10回程度で薄くなったと感じることが多いので、2ヶ月に1回で計算すると20ヶ月を要します。ツルツルになるまでには最低でも20回は必要だといわれていますので、40ヶ月かかることになります。毛深い人は5回から10回多くかかることも少なくありません。

ヒゲの脱毛にかかる費用の相場

たくさんの100ドル札脱毛にかかる費用はレーザー脱毛と比べるとかなり安くなっていて、利用するサロンによってもかなりの差があります。 安い所なら1回あたり2千円くらいで受けることができ、高くても1万円ほどです。ムダ毛が減って手入れが楽になれば良いという程度なら一番安い所なら2万円で終わりますし、ツルツルにする場合でも4万円程度で済みます。この料金の安さも光脱毛が選ばれる大きな理由となっていて、レーザー脱毛とよく比較されます。

ヒゲの光脱毛のメリット

クリニックの女性医師

①毎日のヒゲ剃りの必要がなくなる

施術を受けてツルツルの状態になれば毎日ヒゲ剃りをする必要がなくなりますので、朝の忙しい時間を割かれずに済みます。ツルツルになるまで受けずに大分減ったと感じる程度であっても毎日剃る必要はなくなりますので、お手入れはとても楽になるはずです。剃る時に皮膚に傷をつけてしまうことや剃り残しに悩まされることもなくなります。

②青髭の悩みも解決

ヒゲの濃い人は、剃っても夕方にはまた青々としたヒゲが生えてきてしまいますので、毎朝きちんとお手入れをしているのに不精な人だと思われてしまうことがあります。 対人面にも良くない影響を与えますのでこまめに剃らなければなりませんが、光脱毛を受けてしまえば再生自体をストップさせることができますので、もう濃いヒゲに悩まされることもありません

③医療脱毛やニードル脱毛に比べて痛みが少なく料金も比較的抑えられる

他の施術と比べてメリットになるのが料金がかなり抑えられていてお財布に優しいという点です。医療機関で行われている医療脱毛やニードル脱毛は費用が高めですので負担が大きくなります。 痛みに関してもメリットがあり、パワーが押さえめになっている分刺激が弱いので、痛みに弱いという自覚のある人でも問題なく受けられます。

ヒゲの光脱毛のデメリット

頭を抱えて悩んでいる女性医師

①医療脱毛、ニードル脱毛に比べて脱毛完了までに時間がかかる

照射のパワーが弱いと肌に優しく痛みが少ないというメリットがありますが、その優しさがデメリットにもなります。パワーの強さは効果に比例していますので、優しい施術は効果が弱めになっています。 そのため、施術が完了するまでにかかる期間が長くなり、回数も多くなりますので通う手間がかかります。長くなるとスケジュール調整が大変という意見もあります。

②脱毛を完了させてしまうと、再びヒゲを生やすことが出来なくなる

毛根にある再生組織に影響を与える方法ですので、施術を受けた箇所からはヒゲが再生しません。ですから、後からヒゲを生やしたいと思っても不可能ですので、施術を受ける前にしっかりとカウンセリングで相談しておくことが大切です。威力が弱めの光脱毛でも、一定回数の施術を受ければツルツルの状態に近づいて生えてこなくなります。

③脱毛の施術中は日焼けを避けなければならない

施術に通っている間に気をつけなければならないこともあります。黒いメラニン色素に反応する光を使っていますので、肌が日焼けをしてしまうと正常な反応が得られなくなります。 色の変わり方によっては施術自体が受けられなくなりますので、日頃は紫外線対策を行わない男性でも日焼けをしないようにしっかりと対策を行うことが大切です。

④治療の刺激で肌荒れを起こしてしまう事がある

優しい施術と定評がありますが、その時の肌コンディションによっては肌荒れを起こしてしまう可能性もゼロではありません。照射される光には美肌効果がありますが、荒れ方が酷いと施術をキャンセルしなければなりませんので、なるべくコンディションの良い状態で受けられるように自宅でスキンケアを行って準備をするようにします。

さいごに

YESとNOで迷っている男性男性のヒゲにも光脱毛は効果的であり、医療脱毛よりも安価に受けることができます。痛みが小さく肌に優しい方法ですが、施術にかかる期間が長いことや日焼けをすると受けられなくなることを覚えておかなければなりません。

関連記事