光脱毛でシミが消える?増える?その真相を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

光脱毛とシミの関係について

頭にタオルを巻いて寝転んでいる女性の顔近年、ますます一般的になってきた光脱毛面倒なムダ毛処理の必要がなくなると人気ですが、一方でシミが増えるという噂もあります。また、反対に光脱毛によってシミが薄くなる、という話を聞いたことのある人も居るのではないでしょうか。 一体どちらが本当なのか、今回はシミと光脱毛の関係性について詳しく解説していきます。

光脱毛の脱毛メカニズムについて

光脱毛は黒い色に反応する光を使って脱毛を進めます。黒い色だけに選択的に反応する光を照射することで、ムダ毛のみに光が反応し熱で処理することで脱毛できます。ただ光がそれほど強くないので施術を何回か繰り返さないと脱毛の効果は得られません。 また、照射前にはやけどを防ぐために照射部分のムダ毛を剃っておくなどのお手入れも必要になりますし、照射後には冷やしてからしっかりとした保湿が必要などいくつかのセルフケアが必要になります。

光脱毛はシミを薄くする効果が同時に得られる場合がある

寝転んでいる女性光脱毛は脱毛と同時にシミを薄くする効果も得られることがあります。上述したように黒い色に選択的に熱エネルギーを与える光を利用します。シミもメラニンですから光が反応するのです。 光脱毛の中でも特にIPL法で使う光は、フォトフェイシャルと同じ種類なので効果が出やすいと言われています。もちろん、脱毛で使う場合と美顔で使う場合は光の出力量が違うため、すっかりシミがきれいにとはいきませんが、脱毛しながら段々と薄くなっていく可能性もあります。

脱毛の光がシミ消しに効果的である理由

ポイントや注意点を教えている女性医師

①光の照射に自体に美肌効果がある場合がある

IPL法で使う光はフォトフェイシャルと同じといわれています。フォトフェイシャルとは顔全体に光を照射してシミやそばかす、たるみやシワを改善しようという方法です。 もちろん出力量が違うので、同等な効果を期待するのは間違いですが、脱毛したらおまけとして副効果が得られる可能性もあります。ただ、効果には個人差があることは理解しておきましょう。

②照射によって肌の新陳代謝がアップするため

脱毛の光がシミに影響を与える理由はもうひとつ考えられます。肌に光を照射する、それも黒い色には熱エネルギーを与えるという、ある程度強さのある光の場合、肌はそれなりの刺激を受けます。その刺激によって肌は危機感を感じ、肌を守ろうと新陳代謝をアップさせる可能性が高いのです。こうして肌のターンオーバが促され、シミが薄くなる可能性も考えられます。

シミ消しをしたい場合はシミ治療に特化した方がよい

光脱毛でシミを消す効果を得られるケースもありますが、名前の通り本来の目的は脱毛です。そのためシミを本気で消したい場合は、それ専門の施術、例えばレーザー治療などがおすすめです。 もちろん脱毛が主な目的で、ついでになんとなくでもいいからシミが薄くなったらうれしいなというおまけ的な目的でやるには一向にかまいません。脱毛しながら美顔もできて一挙両得という感じで受けるのがいいでしょう。美顔なら美容皮膚科の受診がベストです。

光脱毛でシミができることは基本的に無い

光脱毛の施術自体でシミができることは基本的にありません。ただ、アフターケア不足によって引き起こされる可能性があることがあるのは知っておきましょう。 光脱毛では光を照射しますが、この光はムダ毛を処理するほどの威力のある光です。肌に痛みは感じなくともそれなりのダメージは受けているわけです。そのため施術後の保湿ケアはもちろん、施術期間中はしっかりとした保湿ケアが必要になります。

アフターケア不足の例

驚いてメガネを外している女性

①照射後の赤みをケアをしていない

施術後に肌が赤くなることがあります。光によって肌内部が熱をもってこの状態になりますが、これをケアしないと色素沈着をする恐れがあります。 というのは肌が赤くなっている、つまり非常にデリケートになった状態なので、このまま紫外線に当たり続けたり、摩擦を受けたりすると通常よりも大きな刺激と感じてメラニン色素が大量発生する恐れがあるからです。 【対処法】脱毛部分の保湿は欠かさない 脱毛部分の保湿は絶対です。肌は潤いがあってはじめてバリア機能を果たせるからです。施術当日はもちろん、施術期間中は脱毛部分の保湿ケアは怠らないことです。 サロンでこういった指導は必ずされるので、必ず守りましょう。サロンによってはアフターケア用の保湿ローションを勧めてくることもあります。買う義務はないですが、必要であればそういったものを利用すると間違いないかもしれません。

②照射後、紫外線によるダメージを受けている

紫外線によるダメージが色素沈着をもたらすことがあります。シミの原因となることから普段から紫外線ケアは怠らない方が多いでしょう。 実は光脱毛後の肌はかなりデリケートになっているので、いつもよりも一層の紫外線ケアが必要になるのです。いつもよりも敏感になった肌には紫外線は大敵です。かなりの刺激となってメラニンの生成が活性化する可能性が高いのです。 【対処法】外出時には紫外線対策を怠らない 外出時には必ず紫外線対策をしましょう。日焼け止めというイメージが強いかもしれませんが、施術後の肌はデリケートなので直接塗るのはできれば避けたいところです。直後はカーディガンや帽子などでケアしましょう。 施術翌日以降になったら日焼け止めを塗ってもいいかもしれません。ただ、まだ赤みがあったりかゆみがひかない場合は直接塗るのはやめカーディガンなどで日差しを遮りましょう。

さいごに

クリニックの女性医師光脱毛でシミができるわけではありません間違ったアフターケアやケアを怠ることで引き起こされるわけです。 それどころか光脱毛は、正しいアフターケアで逆に美白にも効果がある可能性もある、うれしい美容法なのです。

関連記事