レーザー脱毛によるやけどの原因と治療法|残らないための正しいケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レーザー脱毛で"やけど"が起こる原因とは

何かを思いついた女性レーザー脱毛は効果の高さから現在最も人気のある脱毛方法の一つとなっていますが、この脱毛方法はリスクがまったく無いわけではなく、まれにではありますが施術時にやけどの症状が出ることも。 今回は、脱毛時どのようなメカニズムや状況でやけどが起こるのかについて解説します。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛はその名にあるようにレーザーを使用してムダ毛を除去する脱毛方法です。脱毛に使用されるレーザーはメラニンという皮膚や体毛の黒い色素に反応して熱を発生させる性質があり、その熱で毛根にある発毛をつかさどる細胞にダメージを与えることでムダ毛の再生を抑制します。 エステの脱毛よりも強い威力の機器を使用しますので効果が高く、持続期間に関しても大変優れており、半永久的なものとされています。ムダ毛の多い方や男性でも高い効果を実感しやすい点が、人気の理由となっています。

レーザー脱毛でやけどや赤みが起こる仕組み

失敗や後悔をして悩んでいる女性 レーザー脱毛は一度の照射で2センチ四方ほどの小さな範囲に熱を与えて脱毛します。そのためやけどが起こった場合は、施術部分が水玉模様のように点々と赤くなって現れます。 脱毛で使用されるレーザーは照射時に200度近い熱を発するとも言われており、もちろんこれは肌が耐えられる温度ではありませんので、肌へのダメージはかなり大きなものとなります。やけどで赤みが出るとなかなか消えにくく、場合によっては一生跡が残ってしまうようなこともあります。

レーザー脱毛後の赤みは正常な反応の場合がある

一般的に、レーザー脱毛後は赤みが出ることが多く、こうした症状をやけどと勘違いしてしまう可能性もありますが、基本的に問題はありません。 こうした赤みは、ときにかゆみなども伴うことがありますが、時間と共に落ち着いてきて、施術後に冷却を行うことでさらに短縮して赤みを回復させることが出来ます。

レーザー脱毛でやけどをする原因

頭を抱えて悩んでいる女性

レーザー機器の問題

レーザー脱毛でそのようなやけどが起こる原因の一つとして、機器に問題があるケースがあります。 脱毛に使用されるレーザー機器は高い熱を発すると同時に肌を冷却する機能が搭載されていることが普通ですが、機会によってこの冷却機能が十分でなかったり、レーザーの出力の設定が高すぎた場合には肌にトラブルが起こりやすくなります。

担当医の技術不足

レーザー脱毛は医療行為ですので医療資格を持つ医師や看護師によって施術が行われますが、脱毛サロンやクリニックの中には、医師や看護師の経験と技術が不足しているという場合もあります。 正しい方法で施術が行われなければ事故を引き起こしやすいのもレーザー脱毛の特徴ですので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。

施術前の日焼け

レーザーはメラニン色素が多い部分に対してのみ作用しますので毛根部分以外の皮膚に熱を発生させることは通常ではありません。 しかし日焼けをした肌はメラニン色素の量が多く、レーザーを照射すると肌全体に強い熱が発生することがあります。これによりやけどの症状が出ることがありますので、脱毛前の日焼けは厳禁なのです。

施術時の肌が乾燥

乾燥した場所に火が着きやすいのと同じように、肌が乾燥している場合に脱毛のレーザーを照射すると、通常よりも熱が生じやすくなります。乾燥肌の人や季節的に肌が乾燥している場合、レーザー脱毛でやけどが起こる可能性は高くなります。 施術前には化粧水などで肌の水分バランスを整えることも、肌のトラブル回避のためには欠かせません。

肌質・体質が

もともとの肌質は人によってそれぞれで、時には肌質自体がレーザー脱毛に向いていないということもあります。乾燥肌の場合はレーザーの熱が生じやすくなりますし、皮膚が薄かったり敏感肌の場合も痛みを感じやすく、トラブルのリスクは上昇します。 肌への適正によっては施術不可となる脱毛方法であることを認識し、無理に施術を受けようとしないことが肝心です。

レーザー脱毛でやけどをした時の応急処置

冷水で冷やす

やけどを負ってしまった場合、患部を冷水で冷やすことが大切になってきます。この際に注意するのが、流水を直接患部にあてないことです。患部の周辺に水を当て、当てにくい部分には、洗面器などに浸けながら、ほてりを落ち着かせます。

湿潤療法

従来、やけどを負ってしまった場合は、ガーゼを付けた上で対処するという方法が一般的でした。しかし、ガーゼを取り換える際に再生しつつある傷口を、再度傷つけてしまうことが問題になり、そうした症状に対して効果的な方法ということで湿潤療法が挙がりました。 傷口を乾燥させずに、保湿を行った状態で治療することで、痛みは少なく傷跡も残らず、治療期間も比較的早く治療を行うことが可能です。市販されているキズパワーパッドのようなものや、ワセリンを塗ったラップで患部を覆うことでも、効果があると言われています。

紫外線対策

やけど部分の皮膚は外からの刺激に非常に弱い状態と言えます。特に紫外線からのダメージは、目に見えにくいうえにシミや色素沈着などを引き起こしてしまいます。 紫外線対策とはいえ、日焼け止めを塗ってしまうと患部に負担をかけてしまう可能性があるため、日傘や帽子などで強い日差しを防ぐ必要があります。

レーザー脱毛後のやけどの誤った対処法

消毒液を塗る

一見すると正しい対応のように思えますが、消毒液を患部にかけてしまうと、治癒の為に動くはずの細胞にまでダメージを与えてしまう事があります。

水ぶくれを破る

やけど後は肌の表面に水ぶくれが出来ることがあります。この水ぶくれはリンパ液など、損傷を回復させる液体が入っており、破いてしまうと、回復が遅れるだけでなく、ばい菌が傷口に侵入してしまいやすくなってしまいます。

民間療法を行う

「アロエの切り口をやけどした部位を塗る」「味噌を患部に塗る」といった、やけどに対する民間療法は数多く存在しています。確かに、アロエの成分は炎症に効果的だったり、味噌は熱を奪う効果が確認されていますが、衛生的な問題も多く抱えているので、避けることが大切です。

レーザー脱毛でやけどしたら、クリニックに相談しましょう

クリニックの女性医師万が一レーザー脱毛を受けたことでやけどした場合には、放置したり自分で治そうとせず、すぐに施術を受けたクリニックに申し出て薬を処方してもらうなどの対応をしてもらいましょう。 無理にそのまま施術を続ければ症状が悪化したり跡が一生残るようなことにもなりかねません。薬を塗って症状が緩和されればまた施術を再開する場合もありますし、肌質が不向きで施術不可と判断されれば施術を中断することになります。 レーザー脱毛は誰でも安全に受けられる脱毛方法ではありませんので、こうした状況が起こり得る可能性も頭に入れておきましょう。

レーザー脱毛でやけどしてしまったら、慰謝料請求は出来る?

やけどしてしまったと感じたら、まずは契約書の条項を確認したうえで、保障や、複数回のコースの場合は解約、返金が可能かどうかを確認することが大切です。その上で、クリニック側の医師と協議を行い、そうした保証に応じない場合は、国民生活センターにも相談する必要があります。 また、その上で跡が残ってしまった場合には、後遺症として慰謝料も請求が可能なケースもあり、過去にはそうした訴訟などの記録も残っています。 気になる弁護士の費用ですが、まずは着手金として10万~30万円くらいが相場になってきます。また、成功報酬は慰謝料などの総額から10%程度と言われています。また、内容証明などを行う方法であれば、数万円程度で済む可能性があります。

レーザー脱毛でやけどを防ぐためにも施術前のカウンセリングが重要!

首を手でおさえている女性 やけどなどの肌トラブルを未然に防ぐために最も大切なことが、医師による施術前のカウンセリングです。肌質がレーザー脱毛に向いているかどうかを正しく見極めてもらうことがトラブルを避けるためにまず必要です。 テスト照射で肌の様子を細かく観察する医師もいますが、クリニックによっては簡単な問診で済ますこともあるため、不安がある場合はカウンセリングの内容によって施術を受けるクリニックを決定することをおすすめします。

レーザー脱毛によるやけどが起こる原因や対応を確認しておこう

人差し指を立てて注意点を示している女性優れた脱毛効果がある一方で、機器の威力の高さが仇となり場合によって肌にやけどが起こる可能性があるのがレーザー脱毛の怖いところでもあります。 自分で判断して処置をせず、とにかく施術後に肌がおかしいと感じたらすぐにクリニックに相談するようにしましょう。

関連記事