アンダーヘアの処理方法|男性が気にするポイントや処理の注意点など!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アンダーヘアの処理ってどうしてる?

細身の女性 基本的に露出することはありませんが、男女の関係になる場合には「必ず」誰かに見せることになる「アンダーヘア」は、手入れに関する認識が人それぞれで大きく違います。それほど重要ではないと思われがちですが、実は非常に重要なものであることを知ることが大切です。

アンダーヘアとは

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 アンダーヘアとは、文字通り「身体下部にある毛」のことを指しています。具体的には「股間」付近に生えている毛のことですが、別の言い方をすると「陰毛」です。男女ともに第二次性徴の段階で生えるのが普通ですが、女性の中にはアンダーヘアが生えない人もいます。 また、アンダーヘアが生える場合でも「生え方(形)」には個人差があります。基本的には「逆三角形」の形で生えますが、人によってはアルファベットの「I」の形に生えるなどの違いがあります。

アンダーヘアを処理するメリット

アンダーヘアを処理すると、単純に「見た目が良くなる」というメリットがあります。最近では「脱毛エステ」を利用する人も増えてきているので、そこで全身のケアを行うことも少なくありません。たとえば、「脱毛」でアンダーヘアのケアを行った場合には、特に意識することなくVIOラインのはみ出しを防止することができます。 また、不意に男性と関係を持つことになった場合でも、安心して裸になることができるという点も大きなメリットと言えます。

アンダーヘアを処理するデメリット

女性としての身だしなみを整える意味でも、アンダーヘアを整えるメリットは大いにあります。しかし、必ずしもメリットしかないということではありません。 考えられるデメリットとしては、「ケアにコストがかかる」「皮膚に負担がかかる」「手間がかかる」などです。特に、永久脱毛を行う場合はケアの手間もかからずコストも一時的なもので済みますが、それ以外の方法でケアを行う場合には結果的に相当な負担を負うことになる可能性があります。

男性は女性のアンダーヘアの量や形を気にしている場合がある

下着姿で寝転んでいる細身の女性 男性は自身のアンダーヘアをケアする頻度は少ないですが、女性に対してアンダーヘアのケアを求める傾向があります。特に、毛深い(アンダーヘアの形が良くない)女性に対しては、男性側から見て「みっともない」という印象を持つことも少なくありません。 人によっては「無毛」を最良のものと認識している場合もありますが、多くは「薄目で形がキレイなアンダーヘア」を好みます。もし、相手の男性に向けてケアを行う場合、相手の好みを確認しておくのもいいかもしれません。

アンダーヘアの処理方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

シェーバーによるセルフケア

セルフケアを行う方法のうち、最も基本的かつ簡単な方法が「シェーバーを使う方法」です。T字カミソリを使ったり、電動シェーバーを使ったりといくつかの選択肢がありますが、いずれにしても「剃る」という方法でケアを行うことになります。 直接的に陰毛を剃り落とすことになるので、見た目にはっきりと効果が感じられる点は魅力ですが、カミソリによる肌への負担が非常に大きいため、しっかりとした環境の中で行わないと相当なストレスを感じる可能性もあります。

除毛クリームを使用する

また、もう一つのセルフケアの方法として「脱毛クリーム」を使用する方法があります。脱毛クリームならば、カミソリやシェーバーを使用するよりも簡単に除毛することができ、なおかつ肌への負担も少なく済む可能性があります。 しかし、除毛クリームも肌へ一定の負担を与えることになるので、決してストレスなく脱毛を行えるというわけではありません。場合によってはかぶれてしまったり、肌が負けて荒れてしまう可能性もあります。

医療脱毛を受ける

最もコスト的には高くつきますが、その分高い効果と長い持続性を持つ方法が「医療脱毛」です。脱毛をエステサロンやクリニックで行うことができるという認識は多くの人が持っていますが、「永久脱毛」を行うためには医療脱毛を利用する必要があります。 手軽に利用したい場合は「エステ」が適していますが効果が薄く、恒久的な効果を得られる可能性はありません。その点、クリニックの場合はコストは高いですが恒久的な効果が期待できるので、結果的にはコストが安く済む可能性もあります。

脱毛を受ける際にはサロンとクリニックで効果や費用が異なるので、自分の希望や予算に合った方を選びましょう!

クリニックの女性医師 一昔前ならば、「脱毛=エステサロン」という認識が広まっていました。脱毛を受けるならばエステサロンを利用することが普通で、医療脱毛(クリニック)を利用するという選択肢はあまり知られていませんでした。 しかし、現在では医療脱毛という選択肢も十分に認識されるようになってきているので、多くの人が自分に合った選択ができるようになっています。ただ、前述している通りコストや効果には非常に大きな違いがあるため、その点を踏まえて選択肢を選ぶことが何よりも重要です。

アンダーヘアのケアが面倒な方はクリニックでの脱毛がおすすめ!

太ももの細い女性 セルフケアの場合は、数日おきにケアを行う必要がありますが、脱毛でケアを行った場合は数か月~恒久的にケアの必要性がなくなります。瞬間的なコストをどの程度掛けることができるのかがポイントですが、総合的なコストを考えるとクリニックは非常に有効です。

関連記事