脱毛は何回で効果がでる?回数ごとの脱毛効果・効果を高めるコツを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛で効果がでるまでの回数はどれくらい?

顎に手をついて考えている女性 脱毛の施術は、一度受けてすぐつるつるになるわけではありません。自己処理が必要ないレベルになるためには、何度も施術を受ける必要があります。サロンとクリニックでは完了までに必要な回数やかかる期間が異なります。ここでは、脱毛の効果の現れ方の違いについて紹介していきます。

脱毛の効果を高めるには"毛周期"が重要!

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 効率よく脱毛するためには、毛周期について知っておく必要があります。これは成長期・退行期・休止期という毛のサイクルのことです。 「成長期」は、毛母細胞が分裂して毛となって伸び始め、毛細血管から栄養や酸素を取り込んでぐんぐん成長していく時期を指します。そのうち毛母細胞が分裂をやめると、毛は毛乳頭から離れはじめる「退行期」に入ります。そして「休止期」になると、毛が完全に離れて抜け落ちていきます。 その後、再び毛母細胞が分裂をはじめて発毛します。毛はこのサイクルを繰り返しています。

基本的に毛周期に合わせたサイクルで行うと効果的

クリニックで行う医療レーザー脱毛も、サロンで広く行われている光脱毛も、この毛周期のうち成長期にある体毛にのみ効果を発揮します。医療レーザーも光脱毛で照射する光も、黒い色素(メラニン色素)に反応する性質があります。成長期の毛であれば黒色が濃く、レーザーや光が毛根の奥までよく届きます。 ところが休止期や退行期に入った毛は色が薄いためあまり反応せず、脱毛効果が得られません。そのためサロンでもクリニックでも、毛周期に合わせ2~3カ月に一度のペースで施術を行います。

光脱毛による回数ごとの脱毛効果

飲み物を持って座っている女性

1回〜3回程度

脱毛施術を受けた場合、効果の出方には個人差や部位による差があります。1回目~3回目の施術では、術後数日でムダ毛がするすると抜けますが、2週間ほど経つと新しい毛が生えてくるのが一般的です。最初の施術ではほとんど変化が感じられないこともよくありますが、3回目では少し薄くなったと感じる人もいます。

4回〜8回程度

4回~8回ほど施術を重ねると、だんだんと毛量が減ってきた毛が伸びるのが遅くなってきた毛が細くなってきたといったことを感じられるようになります。このころから自己処理が楽になってくるでしょう。ただし個人差や部位による差が大きく、人によってはまだあまり実感できないこともあります。

8回〜14回程度

8回~14回目ともなると、ほとんどの人でしっかり実感できるようになります。薄い毛がたまに生える程度で、ほぼ完了するところまで来ているという人もいるでしょう。ただし、効果の現れ方には個人差がありますので、まだまだムダ毛が生えてくるという人もいます。

14回〜20回程度

14回~20回の施術を受けると、ほとんどの人でほぼ生えてこなくなり、自己処理もいらないレベルになります。ひざ下やワキなどは多くの施術が必要な部位ですが、18回~20回受ければほとんどの人でつるつるになります。

医療レーザー脱毛による回数ごとの脱毛効果

細身の女性

1回〜3回程度

医療レーザーは毛根組織を破壊しますので、かなり高い効果を得ることができます。多くの人が施術1回目から毛が少し減るなどの効果を実感できます。3回受けると、明らかに毛量が減って生えてくる速度が遅くなり、自己処理が楽になる人が大半です。

4回〜8回程度

医療レーザーの場合、4回~8回程度施術を受けると、ほとんどの人でムダ毛がほぼ生えてこなくなるところまで来ます。自己処理をたまにする程度でよくなり、部位によっては満足するレベルまでつるつるになることもあります。

8回〜16回程度

なかなか効果を実感できなかった人も、8回~16回も医療レーザーを受ければ、ほとんど毛が生えてこなくなり脱毛が完了します。医療レーザーの場合は毛根を破壊していますので、毛が再生する可能性もかなり低いものとなります。

部位別の効果が出るまでの回数・期間

時計を指さしている女性

ワキ

ワキは太く濃い毛が密集している部位ですので、施術完了までに必要となる回数は多めです。 サロンの場合は、自己処理がほぼ要らなくなるのが10回から15回、つるつるになるのが10回から20回といったところです。2か月に1度のペースで受けるとして2年から3年かかるでしょう。 クリニックの場合は、自己処理がほぼ要らなくなるのが4回から6回、つるつるになるのが4回から8回程度でしょう。早ければ1年で完了します。

足はひざ上とひざ下にわけられます。特にひざ下は濃く太い毛が生える部位ですので、施術回数がかかる傾向があります。 サロンの場合は8回から12回が目安ですが、もともとのムダ毛が濃く太い場合は14回から18回程度かかることもあります。クリニックの場合は、5回程度が目安です。ムダ毛が太く濃い人も、8回程度受ければつるつるになるでしょう。

腕はひじ上とひじ下にわけられます。ひじ上に比べ、ひじ下の方がムダ毛が濃い傾向にあります。腕のムダ毛は細いうえに密度が濃いことが多く、効果が出にくいことがあり、時間がかかりやすい部位です。 サロンで施術を受けた場合は、8回から12回程度が完了までの目安となります。クリニックの場合は、5回から6回程度でつるつるになるでしょう。

顔周り

顔は、額や頬、小鼻、鼻下など細かい部位にわかれます。生えている産毛が細くて色素が薄いため、他の部位と比べても脱毛効果が現れにくい場所とされます。そのため完了までにかかる回数は多くなりがちです。 サロンの場合は、15回から18回程度見ておくと良いでしょう。クリニックの場合は、6回から8回程度が目安となります。

VIO

VIOは、毛を全くなくすのか、量を減らして薄くするのか、Vライン・Iライン・Oラインのすべてをやるのかといったことで必要な回数は異なってきます。 毛量を減らして形を整えるだけの場合は、サロンで6回から12回、クリニックで3回から5回程度でしょう。つるつるにする場合は、サロンで12回から18回、クリニックは6回以上必要になります。

脱毛の効果を得るためには根気強くしっかり通う必要がある

人差し指を立てて注意点を示している女性 脱毛は、成長期にある毛にしか効果がありません。そのため施術したときに退行期や休止期に入っている毛には作用しないため、成長期に入って生えてくるのを待って施術するのを繰り返す必要があります。特に効果の穏やかな光脱毛はたくさんの回数が必要となり、完了までに長い期間がかかります。根気強く通いましょう。

脱毛の効果が出るまでの期間は受けるクリニックや部位などによって異なる

髪をかきあげて爽やかな女性 脱毛が完了するまでに必要な回数や期間は、サロンとクリニックのどちらで施術するかによって、また部位によって異なります。時間はかかりますが、施術が完了すれば自己処理のいらない肌が手に入ります。根気強く通って施術を受けましょう。 また、効果を出すためにも毛周期のサイクルに合った脱毛のスケジュールを組むことも重要になります。

関連記事