しゃくれの改善について|原因・受け口との違い・改善方法を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

しゃくれの原因と改善方法とは?

顎に手を置いて何かを考えている女性顔の特徴は十人十色ですが「しゃくれ」で悩みを抱える方は多いようです。 ひとことに”しゃくれ”といっても、遺伝・生活習慣・顎の骨・歯並びなど、原因は様々です。 今回は、しゃくれの原因とその改善方法について紹介します。

しゃくれとは?

鏡で口元を確認している女の子 外見的に下顎が突き出している状態を「しゃくれ」と言います。 よく混同される「受け口」は下の前歯が上の前歯より前に出て噛み合わせが通常とは逆になっている状態です。結果的にしゃくれているように見えることがありますが、輪郭が突き出ているわけではなくあくまで噛み合わせが原因です。顎の骨が原因なのか、噛み合わせが問題かの違いがあり改善方法も異なります。

しゃくれの原因

口元を隠している女の子

遺伝

しゃくれの原因のひとつとして遺伝があげられます。両親や身内にしゃくれている方がいる場合には、子供に遺伝する可能性があります。 しかし、現在では遺伝が原因で引き起こされるものよりも後天的な要素を起因とすることが多いとも言われています。

生活習慣

しゃくれは生活習慣によって引き起こされることがあります。同じ方向の歯ばかりで食べ物を噛む頬杖をつく癖がある寝るときの姿勢がうつ伏せや横向きであるなど心当たりのある方は注意する必要があります。 癖は無意識で行ってしまうため、偏った力が加えられ続けることでしゃくれやすくなってしまいます。変な癖がないか周りの人に聞いてみるのも良いでしょう。

しゃくれの改善方法

顎をおさえている女性の口元

生活習慣の改善

受け口が原因のしゃくれは生活習慣を見直すことで改善する可能性があります。 特に子供や成長期にあたる期間では生活習慣が影響しやすいため、改善することでの効果もより期待できます。 まずは普段から偏った力を加えていないか意識することから始めましょう。 また、顎から耳たぶの下まで持ち上げるように優しくマッサージしてリンパを促す方法やスプーンの裏側を上の歯の裏につけテコの原理で下顎を押すエクササイズも地道に続けることで効果があると言われています。

歯科医院で行われている歯列矯正

歯列に問題がある場合は、歯科医院によって歯列矯正を行うことで顎が出ている印象を改善します。 歯列矯正では顎の骨は動かさずに、歯にワイヤーをつけて噛み合わせを矯正します。ただし、歯列矯正は自由診療となるため基本的には保険が適用されません。 自由診療はそれぞれの医療機関が治療費を決めることができるため期間も費用も様々です。 平均的な期間は約1〜3年程度で費用は約70〜100万程度と言われています。 長い期間と高い費用を払う必要がありますのが、納得のいくまで医療機関を選んで症状にあった見積もりをしてもらいましょう。

美容外科で行われている下顎の骨削り

即効性のあるしゃくれ改善方法には美容外科による下顎の骨を削る手術があります。これは「セットバック法」と呼ばれ、受け口の改善にも用いられる手法です。 該当する歯を抜歯し、下顎の骨を移動させる手術です。顎先が目立つ場合には削ることもあります。 費用は症状にもよりますが、相場は約125万円前後です。外科手術と聞くと、顔に跡が残るか心配になりますが、口の中で行われるため、顔表面に傷跡が残るようなことないでしょう。

しゃくれが気になる場合はクリニックに相談しましょう

ポイントや注意点を教えている女性医師 しゃくれの原因には大きく分けて遺伝によるものと生活習慣によるものがあります。 しかし、自分でどちらが原因なのかを見分けることは難しいです。 また、原因が分からなければいくら改善方法を続けても、改善は難しいでしょう。 まずは、クリニックで一度しっかりとみてもらうことで、しゃくれの状態や改善方法を知ることができるでしょう。

関連記事