脱毛したら毛穴はなくなる?目立たなくなる理由について解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛すると毛穴なくなるってホント?

悩んでいる女性 脱毛したら毛穴がなくなるという話を聞いたことのある方は多いでしょう。また、あまり目立たなくなることを聞いたことある方もいるかもしれません。今回はそんな脱毛と毛穴の関係について丁寧に分かりやすく説明していきます。

脱毛しても「毛穴がなくなることはない」

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 脱毛すればツルツルのお肌になると憧れる女性は多いです。しかし、脱毛したからと言って毛穴がなくなるということはありません。毛穴というのは、毛が生えている穴というだけではなく、皮脂腺もありお肌を守るために欠かすことのできない存在です。 なので施術をしてツルツルの状態になったからといって、毛穴そのものが消えたわけではありません。皮脂腺などは残っていて、汗を分泌するための汗腺なども奥にあり、体温調節の役割もあります。

脱毛後に毛穴が目立たなくなることがある

肌の綺麗な女性 脱毛後に毛穴が目立たなくなる理由は、施術によって自己処理の回数が減るからです。自己処理というのは手軽にできるムダ毛ケアですが、思っている以上にお肌への負担が強いということは意外と知られていません。自己処理を続けて行くうちに、刺激により毛穴が広がって目立ってしまいます。 さらに、脱毛することで、毛根がなくなり、引き締まることで毛穴が目立たなくなるというメリットがあり、結果的にお肌がきれいに見えるようになります。

脱毛後に逆に毛穴が目立ってしまうこともある

頭を抱えて悩んでいる女性 しかし、脱毛後に毛穴が目立ってしまうことがあります。それは、脱毛の刺激によってお肌が炎症を起こしているためです。脱毛の施術に使われる光は、通常ではありえない出力を持っています。この刺激によりお肌が乾燥するだけでなく、毛穴が開き、目立ってしまうということです。 炎症が治まれば自然に治ることが多いですが、きちんとしたケアをしなければいつまでたっても改善することがなくなってしまいます。術後の注意点を守る必要があります。

目立たせないためのポイント

せっかく脱毛するのであれば、きれいな状態にしたいと誰もが思います。そこで、脱毛儀に毛穴を目立たせないようにするため、保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。乾燥したお肌というのは、毛穴が目立ってしまう原因になります。 施術直後は炎症が起きやすいので、冷たいタオルなどをお肌に当てることも大切です。血行が良くなると炎症が強くなるので、飲酒や運動、湯船に入ると言った行為は避けるようにするのもポイントです。

脱毛後に毛穴を目立たなくさせるには"保湿"が重要!

脱毛によって毛穴が目立たなくなったり、逆に目立ってしまうというのにはきちんとした理由があります。施術をするのですから、保湿などの自分でできるケアをしっかりとして、きれいなお肌を目指しましょう。脱毛後のお肌のトラブルは赤みやかゆみなどが主になりますが、冷やすことと、血行が良くなることを避けるだけで大分軽減することができます。洗顔をしている笑顔の女性

関連記事