脱毛の痛みは麻酔でなくなる?麻酔の種類とそれぞれの特徴とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛による痛みに対処するには

失敗や後悔をして悩んでいる女性 脱毛の痛みが怖くて脱毛するのを躊躇しているという人におすすめなのが、医療機関での脱毛です。 エステサロンでは脱毛の際に麻酔を使うことはできませんが、医療機関で脱毛をする場合は使用することができます。それではどんな種類の麻酔をどんな方法で使用するのか、詳しく紹介していきます。

脱毛時の麻酔によって痛みを軽減することができる

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 脱毛をする時に痛みに敏感な方、不安を感じて緊張してしまう方の場合は麻酔を使用することによって痛みを軽減できます。特に「VIO」や「顔」などの太くて濃い毛が生えている部分や皮膚が薄い部分の脱毛をするときは、他の部位よりも強い痛みを感じることが多いので、使用することを考えてみるのもいいかもしれません。 ただ医療機関で脱毛するときには、脱毛マシンの性能やスタッフの技術も高く、痛みを感じにくくするたくさんの工夫をしています。そういった理由から麻酔を使用せずに施術を行う方も多いです。

脱毛の際に痛みを感じやすい部位

頭を抱えて驚いている女性

VIO

VIOは太くて、メラニン色素を多く含む色の濃い毛が生えているため、レーザーを照射した際には強い痛みを感じることが多いです。また、下着が擦れて色素沈着ができていたり、粘膜に近い部分は肌が非常に薄いため、痛みを感じやすい部位です。痛みの特徴は細い針で瞬間的に刺されるような感覚と表現する人が多いです。

顔の皮膚は薄いため、痛みを感じやすい部分です。また、色黒だったり、日焼け気味の肌であった場合、レーザーがメラニン色素に反応するため、さらに痛みを強く感じてしまいます。痛みの特徴としては、太い輪ゴムで強く弾かれたような感覚が連続して感じると表現する人が多いです。

関節部分

関節部分は脂肪が薄く皮膚も薄いため、骨にレーザーの衝撃を感じやすい部分です。そのため、瞬間的ですが、強い痛みを感じやすくなります。痛みの特徴としては、骨に重たく響くような感覚の痛みがすると表現する人が多いです。

脱毛時に使用する麻酔の種類

調合しているクリニックの医師

麻酔クリーム

痛みを感じにくくさせたい場所にクリームを塗っていきます。効果を感じるまで約30分程度かかり、段々と皮膚の感覚が鈍ってきます。塗った場所付近がしびれているように感じて来たら、効いてきたという証拠となります。 ・メリット 鎮静効果は笑気ガスよりも強いため、笑気ガスでは効果がなった人は麻酔クリームを試してみると良いでしょう。また、笑気ガスは妊婦には使用できないため、妊娠の可能性がある人はクリームを選ぶようにした方が良いです。 ・デメリット リドカインという成分が含まれるため、この成分にアレルギー反応を起こしてしまう人は使用を避けなければなりません。また、過剰に使用すると中毒症状が起きてしまうため、全身脱毛をする際は特に痛みを強く感じる部位に限定して使用します。 ・費用相場 費用の相場はクリニックにもよりますが、1回につき3千円~5千円程度の費用がかかることがほとんどです。

笑気麻酔

主成分の亜酸化窒素を吸引マスクを使って鼻から吸い込みます。吸引を始めて約30秒程度で頭がぼんやりとした感じになり、眠くなってしまう人もいます。ただ、鎮静状態からの回復は早く、使用後は車の運転も可能です。 ・メリット メリットはすぐに効き目が表れることです。また、使用中も意識は常にあるので、施術中のスタッフの問いかけにはこたえられる状態です。お酒を飲んだ時のような、ホワンとしたリラックス状態で不安感がなくなるので、痛みが感じにくくなります。 ・デメリット 妊娠中や妊娠の可能性がある人には使用できませんので注意が必要です。また、笑気ガスを使用しても、痛みが軽減されることがなかったり、吸引後も体の倦怠感が残ってしまう人もいるので、体質的に笑気ガスが合わない場合もあります。 ・費用相場 費用の相場はクリニックにもよりますが、1回につき3千円~5千円程度の費用がかかることがほとんどです。

麻酔テープ

麻酔クリームを同じ成分のリドカインを含む薬剤が含まれてるテープです。施術の30~60分前までに施術する場所に貼って使用します。ただ、テープに付着している薬剤は少量のため、クリームよりも効き目は弱くなります。 ・メリット 皮膚の表面だけを麻痺させる効果しかないので、使用しても頭がボーとしたり、眠くなったりすることはありません。また、皮膚に貼るだけなので、クリームを使用したときのような使用後の拭き取りも不要で、手軽に使用することができます。 ・デメリット 麻酔クリームと同じく、リドカインに対するアレルギー反応に注意する必要があります。また中毒症状が現れる場合もあるため、広範囲に使用できません。 また、麻酔の効果があるのが皮膚の表面から0.3~0.5mmの深さまでなので、毛根部分が深い位置にあるVIO部分の毛に対しては、麻酔効果がない場合も考えられます。 ・費用相場 費用の相場はクリニックにもよって異なりますが、1回につき2千~3千円程度の費用がかかることがほとんどです。

麻酔注射

歯医者で治療するときに使用する麻酔のように、施術する場所に薬剤を注射で注入していきます。注射した部分は一時的に感覚が麻痺しますが、一か所の注射で効果が表れる範囲が狭いため、顔全体の脱毛だと5~6か所にわたって注射を打つ場合もあります。 ・メリット 一度使用することで、2~4時間程度効果が持続します。また、感覚が麻痺するのは注射を打った部位のみなので、意識ははっきりとしていられます。脱毛の痛みも全くといっていいほど感じなくなる人がほとんどで、強い鎮静効果を希望する人にはお薦めします。 ・デメリット 筋肉注射のように強い痛みを感じる点が最大のデメリットです。脱毛の痛みよりも注射の痛みの方が強い場合もあります。また、麻酔したい部位が広範囲に及ぶ場合は何度も注射を打たなければいけないというデメリットもあります。 ・麻酔注射の費用相場 費用の相場はクリニックにもよりますが、1回につき5千円~1万円程度の費用がかかることがほとんどです。

脱毛時に麻酔を使う場合の注意点

禁止を訴えている女性医師

完全に痛みがなくなるわけではない

よくある質問で「麻酔を使用すると痛みを感じなくなる」と思われている人もいます。しかし、麻酔の種類によっては、完璧に痛みを無くすという効果は期待できず、あくまでも痛みを緩和させるという目的の元で使用されるので、注意が必要です。

麻酔による副作用がでることがある

麻酔クリーム目が回る、震え
笑気麻酔気持ちが悪くなる、頭痛
麻酔は、量や体質によっては副作用をひき起こしてしまう可能性があります。主に脱毛で使用される麻酔は麻酔クリームと笑気麻酔ですが、これらの麻酔にも副作用が出来てしまうこともあるので注意が必要です。

自身で出来る痛みへの対策方法

保湿

洗顔をしている笑顔の女性肌の表面が乾燥していると、肌のバリア機能が低下している状態と言えます。そのような状態で施術を行ってしまうと、痛みを強く感じやすいとも言われています。 そこでお勧めなのが「保湿」です。施術前に、照射予定部位をしっかりと保湿することで、比較的痛みを軽減させることが可能とも言われています。

パッチテスト

実際に痛みが心配な場合は、パッチテストを行うと安心です。このパッチテストというのは、実際に照射予定の部位に1~5ショット程照射することで、痛みの程度を確認することが出来ます。 これにより、身体が感じる痛みはもちろんのこと、不安や心配といった心理的な負荷を軽減させることが期待できます。

コンディションを整える

生理中やホルモンバランスが乱れている場合、肌の状態も悪化しやすいと言われています。前述した通り、そうした状態だと痛みを感じやすく、脱毛を行う上で向いている状態ではありません。 こうした状態を防ぐためには、施術日の自身のコンディションが悪いなぁと感じたら、別日に移すことも検討することも大切です。

脱毛の際に麻酔を使用するか悩んでいる方はまずクリニックに相談してみましょう

ポイントや注意点を教えている女性医師クリニックでの脱毛はとにかく「痛い」というイメージが先行しがちですが、クリニックだからこそ、脱毛の痛みを軽減することが可能となります。自分に一番合った方法を見つけることで、脱毛の痛みだけではなく、痛みに対する不安も取り除けます。 麻酔にはいくつか種類がありますので、どれが一番自分にとって合っているのかわからないという場合は、カウンセリングで使用する方法や部位、予算などを相談してみましょう。

関連記事