そばかすと遺伝の関係性について|原因から具体的な治療法まで徹底公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

そばかすと遺伝の関係性について紹介します

首を傾げている女性そばかすの症状は後天的に起こるものもありますが、遺伝によって症状があらわれることもあります。 その場合、自分たちで対処していくことはできるのか、そもそも予防する事は出来るのかしっかり把握していくことが大切になってきます。 そばかすは軽度の症状であればまだいいのですが、濃いものであればメイクでもカバーしきれなくなっていきます。早めに対処していくことで症状を少しでも緩和していくようにしましょう。

そばかすは遺伝によって発症することもある

遺伝的な症状について、特に両親に症状があらわれているという人の場合は比較的小さな子供のうちでもそばかすができることがあります。両親だけでなく、祖父母に関してもそれは同様で、症状がすでにあらわれている人ほど注意が必要になってきます。 もちろん、両親や祖父母に症状があらわれているからといって、自分も必ずそうなるというわけではありませんが、注意しておくに越したことはありません。

遺伝性のそばかすは成長とともに薄れていくことが多い

遺伝的な症状は比較的年齢の幼い子供のうちからあらわれることがあります。 ただ、思春期時期になるにつれて次第に症状は治まってくるのが大半で、それ以降も症状が残るのはごく一部です。その為、思春期までの間は様子を見て治療を進めないという選択肢もあります。 成長とともに収まっていく症状であれば、子供のころに無理に治療を進める必要もありません。

遺伝のメカニズムは未だに解明されていない

遺伝的な症状について、その詳しいメカニズムはいまだに解明されていません。 ですから、実際に自分に遺伝するのかどうか、その判断は難しくなっていきます。とはいえ、しっかりとスキンケアを行っておけば、いきなり症状があらわれることはないでしょう。

遺伝以外にそばかすが出来てしまう原因

そばかすができやすい人の特徴として、紫外線による影響を受けやすい人が挙げられます。 多少の刺激でも肌が敏感に反応してしまい、肌内部でメラニン生成が促されてしまう、これによってそばかすの症状は顕著にあらわれていくことになります。 人によって個人差はあるものの、子供のころからこうした紫外線による影響を受けている人は注意が必要です。

そばかすの治療法①レーザー治療

こうした症状であればレーザーによる治療がおすすめになってきます。黒い色素に反応する特殊なレーザーを患部に当てて細胞を破壊していきます。新しい皮膚細胞が生成されていくことになるので、軽度の症状であれば1回の治療でも見た目に変化を実感することができます。

Qスイッチレーザー

症状を緩和する方法としてQスイッチレーザーを用いる方法も挙げられます。 この治療はシミやくすみの対処法としても知られていて、黒い色素に選択的にダメージを負わせることができます。効果を実感するまでには複数回の施術が必要で、費用負担は1回あたり2万円前後の金額が必要になってきます。

ライムライト

ライムライトの治療ではフラッシュタイプの光を肌に当てて施術を行っていきます。メラニンの多い肌にも安全に施術を行うことができるのが特徴で、3回から5回ほどの施術で症状を緩和することができます。 1回あたりの費用負担は平均で1万円から5万円ほどです。

遺伝的なそばかすの治療②外用薬による治療

そばかすの症状を緩和する方法として、外用薬を用いることもあります。症状が気になる部位に直接軟膏や外用薬を塗っていく、たったこれだけで症状が緩和されていくのですから、より手軽な治療方法といえます。

ハイドロキノン

外用薬の中でも有名なのがハイドロキノンを用いる方法です。ハイドロキノンにはメラニンの生成を促す細胞、この機能を抑制する効果があります。費用負担は数千円ほど、数週間から1か月単位で治療が行われていく為そこまで負担が大きくなることもありません。

トレチノイン・ハイドロキノン併用治療

外用薬の中でもトレチノイン・ハイドロキノン併用治療が用いられる方法では、ハイドロキノンの効果に加えて、トレチノインの肌のターンオーバー機能を活性化する効果も期待できます。費用負担はこの場合でも数千円程度、さほど大きな負担は必要ありません。

そばかすの予防法

遺伝的な素質が自身にあったとしても、実際に症状があらわれるかどうかは別の問題です。出来るだけ症状があらわれないように、日ごろから予防を徹底する事は大切になってきます。では、具体的にそばかすの症状を防いでいく為にはどんな方法があるのでしょうか。まずはその方法についてチェックしていくことからはじめていきましょう。

紫外線にあまり当たらないようにする

具体的な予防方法として、紫外線に対する意識がポイントとなってきます。紫外線が肌にあたりすぎると、それが原因でメラニン生成を促してしまうことになります。そもそもの原因であるメラニン生成を予防していく、そのためには紫外線にあまり当たらないようにするのが一番です。 日焼け止めを使用したり、日よけを使うようにしたり、日ごろから注意しておくことで症状を予防していくことができます。

抗酸化作用のある食べ物を摂取する

症状を予防するために、食事の面での配慮も必要になってきます。 例えば、肌の老化、酸化現象を防ぐ効果のある食べ物を積極的に取り入れていきます。抗酸化作用の強いニンジンやカボチャなど、野菜を中心に取り入れていくようにするといいでしょう。 外食ばかりだとこうした食事の内容にまで気を配れないことも多いので、必要に応じて自炊を心がけることも大切です。

質の良い睡眠をとる

遺伝による症状を予防していく為に、質の良い睡眠をとることも大切です。 毎日出来るだけ決まった時間に睡眠時間を確保するように、そして肌細胞の生成が促されるゴールデンタイムにしっかり睡眠がとれるようにしっかり意識していきましょう。 身体をゆっくり休ませて健康な状態にしていくことが、結果的に肌状態の改善につながっていきます。肌が健康な状態であれば、それだけでそばかすの症状を予防していくことが可能です。

そばかすは遺伝だと諦めず、継続してケアを行うことが大切!

壁に持たれている笑顔な女性そばかすの症状は後天的な原因によって引き起こされているものもあれば、遺伝によって引き継がれてるものもあります。症状があらわれやすい体質が受け継がれている場合、成長期までに症状が治まっていることが大半です。 治療の際には症状の度合いや予算に合わせてその内容を吟味していきましょう。必要に応じてクリニックで相談をしてみるのも一つの手です。

関連記事