脱毛効果は"保湿"がカギになる!正しい保湿方法とその他のアフターケア方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛にとって重要な役割である"保湿"

顔の保湿ケアをしている女性 エステサロンのような専門施設で脱毛したいと思ったら、施術後の保湿ケアに力を入れることが大切です。なぜなら、保温ケアを行うことで得られるメリットが多数あるからです。そのメリットを順番に詳しく説明していきます。

脱毛する際に保湿が重要な理由

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

乾燥しているとやけどや痛みが起きやすい

私達の肌は乾燥していると外からの刺激に敏感になるという性質があります。そのため、肌が乾燥している状態で脱毛をおこなうと、非常に強い痛みや腫れ、炎症が起きやすくなるので注意が必要です。 さらに、これらの肌トラブルが長引く要因にも繋がります。乾燥肌やひどい場合、施術ができないこともあるので、毎日のスキンケアで保温を意識するようにしましょう。

効果の大きさに影響する

脱毛時に保湿が重要になる理由には、脱毛効果の大きさにも関係してきます。乾燥肌と水分量が十分な肌では「レーザーの通りやすさ」に違いがでるため、それによって脱毛の効果が違ってきます。 施術に使用されるマシンには、レーザーやフラッシュの照射威力を調整できるものがありますが、より安全に高い効果を出すためにも保湿を行なっておくことが重要です。

脱毛後は乾燥しやすくなっている

多くの脱毛施設では、施術が終わったらローションやクリームを使用して肌の保湿を行います。これはレーザーやフラッシュの照射によって、肌の水分量が低下することが理由です。 脱毛施術後は肌に熱がこもり、水分が蒸発しやすい状態になっています。これを放置していると肌が乾燥し、痛みやかゆみ、炎症などが長引く原因になるので注意が必要です。肌を冷却しつつ保温することで、痛みや炎症を抑えて快適に脱毛を進めることが期待できます。

保湿をする時のポイント

洗顔をしている笑顔の女性 保湿は毎日の美容ケアとして習慣化することで、効果を高めることができます。洗顔や入浴後など、肌の汚れを落としたら化粧水や乳液、ボディクリームなどをすぐにつけるようにしましょう。 さらに、これらのスキンケアアイテムに含まれている成分にも注目してみましょう。保温成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、これらの成分は20歳を過ぎると減少をはじめるので、意識して補うことが重要になってきます。

脱毛する際の保湿以外にも大切なポイント

何かを思いついた女性 脱毛と保湿は深い関連がありますが、それと同じように紫外線対策もしっかりと行うことが大切です。なぜなら紫外線を受けて日焼けの色が濃くなると、脱毛時の痛みが強くなるからです。 特にレーザー脱毛はメラニン色素に作用するムダ毛処理方法なので、紫外線対策に加え美白ケアに力を入れるのがおすすめです。さらに脱毛前に激しい運動や辛い食事などを避けて、体温の上昇を予防するのもポイントです。

保湿で脱毛の効果を高めよう!

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性 脱毛施術はムダ毛だけではなく肌にも影響を与えます。そのため肌のコンディションを整えて行うことで、効果を高めることが可能です。個人差もありますが、肌は約1か月周期で新しく生まれ変わります。ですので脱毛にチャレンジしてみたいと思ったら、その日から保湿ケアに重点を置くことが大切です。

関連記事