【部位別】脱毛を受けるときの服装のポイント|注意点や髪型なども紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛に行く時にはどんな服装がベスト?

服選びに迷っている女性脱毛に行く時は、自分の好きな服装で行くという人が多いです。買い物の途中に施術に寄るということもあるでしょう。しかし、施術する部位によっては服装を考えた方がいいこともあります。素材などに感じても注意点があるので、これから紹介していきます。

脱毛時の服装を誤ると…?

脱毛前後の紫外線によりダメージを受ける

日焼けをしている女性の肌脱毛を行う上で気を付けなければいけないポイントで紫外線対策といったことがあります。クリニックで行う医療脱毛や、サロンで行われている光脱毛に関しても、黒に反応する施術が多く、日焼けをしてしまうと、施術を断られてしまう可能性もあります。 また、施術後の肌の状態で紫外線を浴びてしまうと、シミや色素沈着を引き起こしてしまう可能性もあり、こうした点に気を付ける必要があります。

摩擦や刺激で、肌荒れが出来てしまう

脱毛の施術後は、肌が非常にダメージを受けています。とくにデリケートな状態なので、洋服との摩擦や刺激は避け、出来る限り肌触りの良い服装で、施術後は過ごす必要があります。

脱毛に行く時の服装のポイント

着替えやすい服装

施術を受ける時は、着替えやすい服装で行くようにしましょう。着替えがある場合も、ボタンの付いた前開きの服であれば、メイクを気にせずに着替えることができます。 次のお客さんが待っていることもあるので、ゆったりとした服装で脱ぎ着しやすいものだといいでしょう。 アクセサリー類があるとからまってしまうので、事前にバッグなどに入れておくと安心です。

通気性のいい服装

脱ぎ着がしやすい服装であればそれだけでいいというものではありません。脱毛当日の服装は、通気性の良い服装が施術後のお肌にとっていいです。 例えば、ストッキングを履いて、ナイロンの服を着てしまうと通気性は悪くなり、蒸れやすい状態になってしまいます。施術後のお肌はデリケートな状態ですから、赤みやかゆみといったトラブルにもつながります。

肌の露出が少ない服装

素材に気を付けたら、お肌の露出についても考えましょう、露出が多い服装というのは、それだけ紫外線に当たってしまうということです。施術後のお肌に紫外線は大敵です。お肌を守る上でも、露出の少ない服装を選ぶ必要があります。 顔脱毛をした場合は、帽子やサングラスといったものも有効です。施術した部位が隠れるようにしましょう。

部位別に見る!脱毛に行く時のおすすめの服装

【顔】の脱毛

顔脱毛をするときは、前開きの服がおすすめです。顔だけでなく、うなじなども施術範囲に含まれることがあるので、脱ぎやすい服がいいでしょう。施術する際にはメイクを落とす必要があります。髪の毛も顔にかからないようにします。

【脇】の脱毛

脇の場合は、上半身が脱ぎやすい服装がいいでしょう。タンクトップなど脇が見える服なら着ていても問題ありません。ジェルがついてしまうことがあるので、汚れてもいいタンクトップがおすすめで、気になるようであれば着替えを持参しましょう。

【VIO】の脱毛

VIOの場合、紙製の使い捨てのパンツをはいて施術を行います。ズボンで行くと下半身が丸見えになってしまうので、ふんわりとしたスカートで行くといいでしょう。サロンによっては、着替えを用意してくれる所もあります。

【太もも・ひざ下】の脱毛

太ももやひざ下の脱毛の場合は、足が見えやすい服がいいでしょう。スカートでもいいですし、脱ぎやすいズボンで行くという方法もあります。ショートパンツであれば、そのまま施術するというサロンも多く、着替えがある所もあります。

脱毛サロンやクリニックには着替えがあることが多い

バスタオルを巻いた女性タオル記事で形作られた服装で、巻きタオルやスカートタオルという風に呼称されることが多いです。また、海水浴やプールなどで着替える際に使用されることもあり、着替えタオルとも呼ばれています。 着脱がしやすく、胸元からチューブトップのようなシルエットになるので、上半身、下半身ともに施術のしやすさも考えられたシルエットをしています。 また、脇やデコルテなど、主に上半身の施術の際に便利なのがキャミソールタイプです。特徴として、着替えの手間や露出の範囲を必要最低限に抑えつつ、脇などの施術部位を必要な部分だけ露出させることが出来る服装です。また、下半身の施術もある場合はベアトップのワンピースといったケースなどの場合もあります。 こうした衣装は、基本的には施術施設が用意するものが多いですが、自前のものでも可能なケースも多く、あらかじめクリニックやサロンに聞いておくことが大切です。

【男性】の場合は、紙パンツのみのケースもある

基本的に男性の脱毛の場合、顔などであればそのままの格好で問題なく行うことが出来ますが、脇やお腹などの施術の場合は、上半身は裸になってしまう可能性も多いです。 また、下半身の施術の場合、クリニックから貸与される紙パンツなどを履いたうえで施術を受けることも多く見られます。

服装以外に"髪型"にも気をつけましょう

髪をかき上げてフェイスラインが見えている女性脱毛する際には、服装だけでなく髪型にも注意が必要です。「お団子」や「ポニーテール」は避けましょう。施術ベッドの上に寝ているとつぶれてしまうことがあります。お店に行く時は下ろしていてもいいですが、施術部位に髪の毛があるのは良くありません。ピンやヘアゴムを持参して、施術前に結ぶなどするといいでしょう。 また「整髪料」はつけない方が好ましいです。脱毛を受けている間、施術ベッドについてしまうのでできるだけ避けるようにしましょう。

施術に適した服装を着ていきましょう

微笑んでいる女性脱毛に行く際には、施術部位に合った服を着るようにしましょう。素材などについても考えると、トラブルなく安全に脱毛することができます。分からないことがあれば、スタッフに相談すると適した服などを教えてくれます。

関連記事