アトピー跡を消す方法について|原因から消し方まで徹底紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アトピー跡を消す方法について紹介します

少し不機嫌そうな女性アトピーが治っても、アトピー跡が残ってしまうことが多々あります。 色素沈着を起こしている部分はとても目立ちますが、消したい時に利用できる治療やセルフケアも色々ありますので自分に合った方法を試してみることが大切です。

アトピー跡(色素沈着)の原因

アトピー跡に茶色っぽくなるのは、擦ったりして皮膚炎を繰り返した結果、肌中で大量のメラニンが発生して表皮にしみこんでしまうことで起こります。 アトピー肌の人は水分を保持する能力が低くて皮脂もほとんどありませんので、乾燥によるバリア機能の低下が深刻な状態です。バリア機能が低下すると外部刺激を受けやすくなって、ほんの少しの刺激でもメラニンが発生するようになりますし、皮膚のかゆみや炎症も起こりやすくなります。

アトピー跡の消し方

①生活習慣の改善

自分でできる対策として、夜更かしを止めたり食事バランスを見直すことが効果的です。 アトピー跡を消したい時にはターンオーバーを正常化する必要がありますが、生活習慣を改善しなければ肌のターンオーバーは改善されませんので規則正しい生活を送ることが大切です。 特に睡眠不足はお肌の敵であり、質の良い睡眠を十分に取ることで肌細胞の働きが活性化されますので、睡眠のリズムを整えて質も高めるように努力することは必須です。

②サプリメント治療

体の内側からケアを行う場合には、優しい成分で作られたサプリを利用するのも一つの方法です。 水溶性のビタミンであるビオチンはタンパク質の生成に関係していて、皮膚を作る細胞を活性化させて老廃物の排出を促します。 つまりメラニンを含む肌細胞の排出を早める働きも期待できますので、色素沈着の目立つアトピー肌の改善に効果的です。また、ビタミンCは肌中のメラニンを還元して生成を抑える作用も持ちますので有効な成分です。

③塗り薬治療

塗り薬でアトピー跡を消したい時にはトラネキサム酸が優れた効果を発揮します。 色素沈着全般に効くタイプですので、皮膚の炎症が原因であるアトピー跡の色素沈着にもかなり有効な成分です。 トラネキサム酸は抗プラスミン剤とも呼ばれていて、メラニン色素を発生させシミや黒ずみの原因になるプラスミンという物質の活性化を抑えることができます。塗り薬に配合されていると、アトピー跡を改善するだけでなく肌質改善にも役立ちます。

④レーザー治療

クリニックではレーザー治療も行われていて、短期間での治療が可能です。その中の一つであるダイオードレーザーは低出力のレーザーを当てる方法であり、肌細胞の新陳代謝を高めることができますし、血行も改善されます。 照射した部分の古い皮膚はどんどん剥がれ落ちますので傷跡が治りやすくなり、免疫力もアップします。免疫力の高まった肌は自己治癒力に優れていますので、新たな肌トラブルが発生するのを防げるようになります。

アトピー跡治療を受ける場合は慎重なクリニック選びが必要

クリニックの男性医師アトピー跡を消したい時には美容外科や美容皮膚科を利用することで効果を出しやすくなりますが、大切な肌を守るためには慎重なクリニック選びが必要になります。 同じような症例をたくさん扱っているクリニックなら経験が豊富でノウハウもありますので安心して任せることができますし、治療の選択肢も色々と用意されています。導入されている機械の種類を調べて安全性や効果を確認したり、医師の腕が確かかをチェックすることも大切です。

関連記事