エラを小さくする方法について|エラ張りの原因から対処法までご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エラを小さくする方法について紹介します

横顔が綺麗な女性エラが張っていると顔が大きく見え、それが悩みになっている人は少なくありません。顔だけが痩せてもエラは小さくならないため、マッサージをしたりクリニックなどで施術をすることで小さくすることができます。

エラが大きく張っている原因には咬筋の発達が深くかかわっている

エラが大きく張っている原因は、生まれつきの骨格が考えられます。 生まれつきの骨格が原因の場合以外にも筋肉の発達によって大きく張る場合があります。咬筋という顔の筋肉があり、咬筋はすべての人が持っている筋肉で、この筋肉が発達して大きくなることでエラが張って目立つことがあります。 咬筋は噛む筋肉で硬いものを噛むと咬筋は発達します。咬筋が発達しないと硬いものが噛めないということもあるのである程度は咬筋は発達する必要はありますが、ストレスで歯を食いしばるなどで必要以上に発達するとエラが目立つようになります。

咬筋によって張ったエラの解消法

①筋肉をほぐすマッサージ

後天的に咬筋が必要以上に発達した場合は解消することができます。解消法のひとつに筋肉をほぐすマッサージがあります。咬筋の筋肉をほぐすことで血行が良くなり解消することにつながります。 マッサージのやり方は、耳の手前の頬の外側を両手の3本の指で軽く押さえ軽い力でほぐします。続いて口を軽く開け指3本を使って少々強めに押します。口を閉じて上に3本指で持ち上げるようにし、この流れを5回繰り返します。他にも、エラの部分を親指で円を描くように下から上にマッサージする方法があります。

②生活習慣の改善

歯を食いしばったり歯ぎしりをするなども咬筋を発達させることにつながるため、歯ぎしりや食いしばりなどの生活習慣を改善することも、咬筋によって張ったものを小さくするには大切です。 知らないうちに食いしばる習慣はストレスによることがあります。ストレスを解消することで歯を食いしばることや歯ぎしりを防止することが期待できます。歯ぎしりは歯の噛み合わせも影響することがあるので、歯医者で噛み合わせてを確認してもらうのも良い方法です。

③エラボトックスによる治療

咬筋によって張ったエラを解消するには、美容皮膚科などクリニックで施術することもできます。 美容皮膚科での施術にエラボトックスがあります。メスなどを使わない施術で、ボトックスを注射するだけの施術なので比較的気軽に受けることができます。咬筋にボトックスを注射して局所的に筋肉の働きを弱めて、発達した筋肉を小さくします。 即効性はないものの施術から2日~2週間程度で徐々に小さくなることを実感できます。効果の持続は3~4ヵ月あるので効果をキープするためには定期的に施術をすると良いです。 ※エラボトックスの施術費用相場 ボトックスを注射して咬筋の働きを弱くして小顔にすることが期待できるエラボトックスは、施術する費用はクリニックによっても料金は異なりますが、費用相場は5万円から10万円程度で、安いクリニックでは初回限定価格を設けていて、5万円よりも安価で施術が可能なところもあります。 クリニックによっては10万円よりも高額のところもあったり、使用しているボトックスの種類によっても料金が異なる場合があります。

③咬筋縮小術

咬筋が発達することでエラが大きくなった場合の解消法に咬筋縮小術があります。 咬筋縮小術は張り出したエラの筋肉を、口の中から切除する方法で顔を細くすることができます。咬筋縮小術には切り取る方法と電流を流して筋肉を委縮させる方法があります。 ボトックスでの施術は良い状態をキープするには定期的な施術が必要ですが、咬筋縮小術はすっきりとフェイスラインを整えたい人や、永久的な効果を希望する場合には適している治療法です。 ※咬筋縮小術の施術費用相場 咬筋縮小術の施術費用の相場は30万~40万円前後です。クリニックによっても異なり、咬筋縮小術とエラ削りを同時に行うクリニックもあります。 施術費用は高額ですが、ボトックスでの施術とは異なり、永久的にエラを小さくすることができるため、総合的に考えると定期的に施術を行う場合と変わらない費用になる場合もあります。

外科手術を受ける際は慎重なクリニック選びが必要!

レントゲンを見て診察をしているクリニックの医師エラが張っている原因には骨格が影響していることもありますが、後天的に咬筋の筋肉が発達してえらが張って顔が大きく見えることもあります。 咬筋が発達してエラが張っている場合には手軽にできるボトックスと、外科手術を受けて小さくする場合など選択することができます。 どちらの施術も医師の技術力が必要で、症例数の多いクリニックを慎重に選ぶ必要があります。特に外科手術を受ける場合には、求められる技術が非常に高度になる為、さらに慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

関連記事