石鹸で永久脱毛はできない!やる前に知っておきたい永久脱毛の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

石鹸で永久脱毛ができるの?

顎に手をついて考えている女性口コミや体験談、SNSなどで石鹸による脱毛が話題になっていますが、実際は石鹸で永久脱毛をすることはできません。 石鹸ができるのはあくまでも、抑毛・除毛です。 今回はそもそも永久脱毛はどういう状態なのかと、石鹸で永久脱毛ができない理由について紹介していきます。

そもそも永久脱毛とは?

何かを思いついた女性 永久脱毛というと、ツルツルの状態が一生続くとイメージする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際はそうではありません。 日本には明確な定義はありませんが、AEA(米国電気脱毛協会)では、脱毛を受けてから1ヶ月を経過した時点で、ムダ毛の再生率が20%以下に抑えられている状態が永久脱毛といわれています。 また、FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)では、脱毛を3回受け、6ヶ月後に2/3以上の毛が減っていれば永久脱毛状態であるともされています。 多くの場合、脱毛を複数回受けることで、自己処理がほとんど必要なくなる程度の効果が得られ、それが長期持続するでしょう。

石鹸では永久脱毛できない

頭を抱えて悩んでいる女性 脱毛石鹸で永久脱毛を行えれば非常に便利ですが、残念ながら永久効果を求めることはできません。 現在、永久脱毛を行えるのは医療機関で行われているレーザー脱毛またはニードル脱毛のみとなっています。 医療機関ではない、脱毛サロンやエステサロンで行われている脱毛は永久脱毛ではありません。

脱毛用の石鹸とは?

顎に手を置いて何かを考えている女性ドラッグストアやネット通販などで販売されている脱毛用石鹸といわれている石鹸は、ムダ毛の成長を抑制したり、毛を溶かして取り除くというものであり、明確には脱毛とはいえないでしょう。 使用しているうちに、ムダ毛が減っているように見えてしまう場合でも、毛根にある再生組織を破壊しているわけではないため、一定期間が経過すればまたムダ毛は伸びてきてしまいます。

石鹸による自己処理で得られる効果

喜んでいる女性

抑毛

石鹸で永久脱毛はできなくても、根気強く続けて行くことで、徐々に太い毛を目立たない毛質に変化させる効果が期待できるでしょう。 結果は個人差が大きいものではありますが、女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンのような抑毛効果を持つ成分が含まれている場合、再生組織に多少の影響を与えることは可能と言われており、使い続けることで薄くなり、抑毛効果が期待できるかもしれません。

除毛

抑毛効果以外にも除毛効果を持つ脱毛石鹸があるようです。 除毛ができるといわれているタイプには、ムダ毛を溶かす成分が配合されていて、細い産毛のような質の毛に対しては比較的早く効果を発揮するといわれています。 根気強く続けて行くことで、除毛効果も期待できるでしょう・

脱毛を受けている場合は除毛・抑毛効果のある石鹸が使えない可能性がある

びっくりして驚いている顔 既に光脱毛や医療脱毛を受けている場合、脱毛石鹸を利用できない可能性があります。 石鹸の効果によって肌を傷めてしまう可能性があることや、照射後の毛穴に除毛・抑毛作用を持つ成分が含まれていることで、毛穴に炎症を起こしてしまう可能性もあるでしょう。 また、光脱毛や医療脱毛では毛根に反応してレーザーを照射するため、毛根ごと処理されていると次の照射で高い効果が得られないこともあるため注意しましょう。

永久脱毛をするなら医療脱毛を受けよう

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 現在では様々な脱毛方法がありますが、永久脱毛は医療機関で行われている医療脱毛のみです。 石鹸に対する口コミには、脱毛ができたなどと書かれている口コミ・体験談もありますが、そう感じるのは一時的なもので、石鹸で永久脱毛はできません。 永久脱毛を希望している場合には、医療脱毛を行なっている美容皮膚科などのクリニックで話を聞いてみてくださいね。

関連記事