光脱毛の痛みの有無について|程度や感じやすい人の特徴など徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

光脱毛は本当に痛くないの?

顎に手をついて考えている女性 光脱毛は主に脱毛サロンやエステサロンなどで多く行われている脱毛方法の一つです。 美容皮膚科などで行われている医療脱毛よりも、脱毛時の痛みが少ないといわれています。 しかし、光脱毛は本当に痛みを感じないのか気になりますよね。 今回は光脱毛で感じる痛みについて紹介していきます。

光脱毛とは?

何かを思いついた女性光脱毛で最も多く利用されているのが、IPL脱毛です。 複数の波長を含む光を広範囲に照射することで、毛のメラニンに反応し、毛根と毛包にダメージを与えることで、脱毛効果が期待できる方法です。 複数回の光脱毛を受けることで、ムダ毛を薄くする・自己処理が必要なくなるといった効果がみられるでしょう。 使用される脱毛マシンの種類や個人差によりますが、約1週間〜3週間程度でムダ毛が抜け落ちて行くようです。 光脱毛では、毛周期に応じて2〜3ヶ月の間隔を空けて受けることで、高い脱毛効果を得られるといわれています。

光脱毛の痛みはどのくらい?

クリニックの女性医師 医療脱毛では、医療機関のみが取り扱える高出力なレーザーを使用します。このレーザーは毛根を破壊する威力があるといわれており、そのため、痛みを感じやすいです。 しかし、光脱毛器はレーザーのような高出力ではないため、医療脱毛よりも痛みが少ないといわれています。さらに、光脱毛で使われるマシンは他の施術でも使われており、美肌効果も得られる可能性があるでしょう。

光脱毛でも痛みを感じやすい部位

びっくりして驚いている顔 光脱毛はレーザー脱毛と比較すると、施術中に感じる痛みが少ない方法といわれていますが、それでも痛みを感じやすい部位はあります。 特に、VIO骨に近い部位毛が濃い部分で痛みを感じてしまうでしょう。

光脱毛で痛みを感じやすい人の特徴

光脱毛で痛みを感じてしまう原因は様々ですが、毛の黒いメラニンに反応して、毛根とその周辺に熱を生じさせ、脱毛を行なっていくという仕組みのため、痛みを感じてしまうことがあるようです。 特に、太くて黒い剛毛な毛であればあるほど、生じる熱量も多くなり、脱毛時の痛みが増してしまうでしょう。 また、もともとの肌色が黒い方も過剰な熱を生じさせやすく、肌トラブルを起こしやすいといわれています。他にも、紫外線による日焼け・乾燥肌も痛みを感じやすいので、ケアを行なっていくことが必要です。

痛みを感じることは、脱毛の効果が出ている証拠

光脱毛は毛の黒い色に反応して、毛根に対してダメージを与えることで生えてこさせなくするという施術です。 この「ダメージを与える」際に熱と共に痛みが生じます。つまり、この痛みが生じるということは、適切に毛根に対してアプローチ出来ている状態で、脱毛の効果をより実感しやすいとも言えます。

光脱毛は麻酔を使用して痛みを和らげることが可能

喜んでいる女性 近年では、光脱毛は主に脱毛サロンやエステサロンで行われることが多いです。しかし、医療機関では無いため、麻酔クリームなどが使用できません。 そのため、特に光脱毛でも痛みの感じやすい部位の脱毛を麻酔を使って受けたいという場合、光脱毛も行なっている美容皮膚科などのクリニックで受けると良いかもしれません。 クリニックによって取り扱っている麻酔の種類は異なりますが、麻酔クリームや麻酔テープ、笑気麻酔などがあります。麻酔を使用することでリラックス効果も得られるでしょう。痛みが心配という方は、光脱毛を行なっているクリニックに相談してみてくださいね。

光脱毛後に痛みを軽減する方法

①鎮痛剤を飲む

内服薬術後も痛みが続く状態は非常に稀ですが、人によってはヒリヒリとした痛みを感じ続けてしまうケースもあります。 こうした場合は、鎮痛剤を服用することで、痛みを感じなくさせることも可能です。市販の薬局などでも手に入れることも可能ですが、服用の際は施術者とも相談したうえで行う必要があります。

②保湿を心がける

洗顔をしている笑顔の女性乾燥していると、肌のダメージが増えてしまい、痛みを感じやすい状態になってしまいます。施術直後はサロンなどでも保湿ケアを行ってもらえることも多いですが、自宅でもしっかりと保湿ケアを行うことで、肌のダメージを最小限に抑えることが可能です。

③紫外線の対策を行う

日焼けの対策をしている女性脱毛は肌にダメージを与えてしまう行為になります。そのような状態で、紫外線によるダメージを受けるとシミや肌荒れの原因になってしまいます。施術後はしっかりとUVケアを行うことが大切です。

光脱毛には多少なりとも痛みが伴うので、注意が必要

顎に手を置いて何かを考えている女性光脱毛は医療レーザー脱毛と比べると、比較的痛みが少ないとされています。しかし、実際には痛みを伴い、人によっては「思っていたものと違う」と感じてしまうケースも少なくありません。あらかじめ施術を検討している場合は、しっかりとそうした点を把握した上で施術に臨むことが大切です。

関連記事