輪郭を変える方法とは|内容・特徴・向いている人を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

輪郭を変える方法とは?

輪郭を変えたいと思っても、大掛かりな手術を受けるしか方法がないとイメージをしてしまう方も多いのではないでしょうか。 しかし、実際は、マッサージ・ヒアルロン酸注入・ボトックス注射・脂肪溶解注射などで輪郭を変えることができるでしょう。 今回は、輪郭を変える方法とはどんなものがあるのかについて紹介していきます。 まずは、輪郭を変える方法について知ることからはじめてみてくださいね。

輪郭を変える方法

マッサージ

輪郭を変えたいにまず試してみる方法が、輪郭のマッサージです。 顔のリンパの流れにそって刺激を加えていくことで、リンパの流れや血行を良くすることができるでしょう。 これだけのことでも、輪郭にたまった老廃物・脂肪が排出されやすくなり、見た目をすっきりとさせる効果が期待できそうです。

エクササイズ・筋トレ

次に試してみたいのが、エクササイズ筋トレです。 口をきく開けてその形をキープし、その後口をすぼめてその形をキープしていきます。 この動作を繰り返すだけでも口周りの筋肉が鍛えられて顔の形がシャープにすることができるでしょう。

エラボトックス

顔の輪郭を変えたいという場合には、エラボトックスを受けることで輪郭に変化をさせることができるでしょう。 エラ部分にある”咬筋”にボトックスを注入することで、患部の筋肉の収縮を抑制し、結果的に筋肉が細くなっていき、輪郭を変える効果が見込めます。 エラボトックスは比較的手軽に受けることができる上に、咬筋が輪郭に影響を与えている場合には効果が期待できますが、その効果を持続させるためには定期的な注入が必要になってきます。

脂肪溶解注射(メソセラピー)

輪郭を変える方法として、脂肪溶解注射でも効果が期待できます。 脂肪溶解注射は、患部に特殊な液剤を注入することで脂肪細胞を溶かしていき、輪郭を変えることが可能でしょう。 より自然な形で脂肪を減らしていくことができるといわれていますが、個人差によっては、見た目に変化が出にくいというデメリットがあります。 より確実な効果を実感するためには、複数回の施術が必要です。脂肪溶解注射はその名の通り、顎周りの脂肪や頬の脂肪などに注入することで、輪郭に変化を持たせることができそうです。

ヒアルロン酸注入・脂肪注入

輪郭を変える方法として、ヒアルロン酸注入や脂肪注入という方法も選択肢になります。 ヒアルロン酸はボリュームが足りない顎・頬・こめかみなどに注入し、ふっくらさせることで、顔全体のバランスを良くして輪郭を整えていくことができそうです。 また、脂肪注入の場合も同様で、自分の身体から採取した脂肪細胞を注入することで顔の形を整えていくことができるでしょう。 どちらも比較的手軽に輪郭を変えられる方法で、即効性も期待できます。

レーザー・高周波

輪郭を変える方法として、レーザーや高周波でも効果が見込めそうです。 レーザーや高周波を用いて皮膚細胞の生成を活性化していき、同時に肌の引き締め効果を高めて、肌のたるみやしわを改善していくことができる方法の一つです。 年齢とともに肌機能は衰えていくものですが、皮膚のたるみや窪みが原因で輪郭が崩れているという場合には、こうしたレーザー・高周波治療が向いていることもあります。 この方法では、施術中に感じられる痛みは少ないのが特徴の一つです。

あごプロテーゼ

顔の形を変えていく方法として、あごプロテーゼを用いる方法もあげられます。 あごプロテーゼでは、顎が小さい人に特に向いている方法といわれており、あごにプロテーゼを挿入することで顔全体のバランスを改善していくことができるでしょう。 基本的に、顎の下や口の中から切開を行い、専用のプロテーゼをあごに挿入していきます。 一度挿入したプロテーゼは、トラブルが起きない限りは入れ替えの必要もなく、半永久的な効果が期待できる方法です。

脂肪吸引

脂肪によって輪郭がはっきりしないという場合には、脂肪吸引で輪郭を変えることも可能でしょう。 脂肪吸引では、頬や顎などの部分にたまった余分な脂肪を専用の細いチューブで直接吸引していきます。 直接脂肪細胞を除去したため、極端に太ることがない限りはリバウンドする可能性は低いといわれています。

バッカルファット除去

輪郭を変える方法として、バッカルファット除去も選択肢の一つです。 頬の下にあるバッカルファットと呼ばれる脂肪細胞を取り除くことで、顔をシャープに見せることができるでしょう。 手術では皮膚を切開していくことになる為、ダウンタイムが長くなる傾向にありますが、その分、高い効果が見込めます。

頬骨削り

頬骨削りでも、輪郭を変えることはできるでしょう。 頬骨を直接削ることで顔の横方向の大きさを小さくすることが期待できます。 特に、頬骨が張っているという人であれば効果が実感しやすいようです。 頬骨削りは骨を直接削っていく方法なので、ダウンタイムは長い傾向にあります。 個人差によっては、数週間から数か月程度痛み・腫れといった症状が続くことも理解しておきましょう。

えら削り

輪郭を変える方法として、えら削りも高い効果が見込めます。 えらが張っていれば、それだけで顔が大きく見えてしまいます。 えらの骨が原因で顔が大きく見えている場合には、原因となっている骨を直接削っていくことで、輪郭を変えることができるでしょう。 えら削りは、主に顎の下や耳の横などの場所を切開するため、傷跡が目立ちにくいといわれています。

あご削り

輪郭を変える方法として、あご削りも有効な選択肢の一つとなるでしょう。 顎が大きすぎる・顎が前に出ているといった方に向いているといわれ、骨の両端を削ったり、骨の中間を切り取ってたりすることで、輪郭を変える効果が期待できます。

Vライン形成

輪郭に変化をもたせる方法として、Vライン形成も選択肢になります。 Vライン形成では顎〜えらにかけての骨を削る・切るなどして形を調節することで、輪郭を変えることができるでしょう。 ただし、難易度の高い方法の一つであるため、医師の技術力・美的センスが求められます。

自分にあった方法で輪郭を変えよう

輪郭を変える方法は様々です。セルフマッサージなどで効果が見られたという方もいますが、即効性や持続性などを考えると、輪郭形成も選択肢の一つになってきます。 ヒアルロン酸注射やボトック注射はダウンタイムが短く、手軽に受けられるというメリットがありますが、持続期間は短く、効果を維持させるためには定期的に受けなければならないのがデメリットです。 また定期的に受ける場合には、どの都度費用が必要になってきます。 その反面、ダウンタイムが長く、1回あたりの費用が高額である手術では、直接骨や脂肪にアプローチするため、半永久的な効果が見込めるでしょう。 まずはどんな方法があるかを再度確認し、自分にあった方法を探すことからはじめてみてくださいね。

関連記事