脱毛時の飲酒に伴う悪影響について徹底的にご紹介いたします

脱毛と飲酒の関係について紹介します

以前に比べて「脱毛」が特別なことではなくなりつつありますが、クリニックから提示されるいくつかの注意事項を守らなければ肌に直接悪影響を及ぼす可能性があります。その一つ、「飲酒」についてご紹介をさせていただきます。

脱毛の前後は【飲酒NG】

まず脱毛をするにあたり、施術前後の「飲酒」は多くのサロンで禁止されていることが多くあります。 飲酒後の脱毛は施術中に体調不良を起こしたり、肌のかゆみに繋がります。さらに施術後の飲酒も肌にかゆみやあかみが出たりすることはもちろんですが、脱毛効果に多少なりにも影響がでてしまうこともあります。 多くのクリニックは肌状態に不調を起こさないように当然義務付けられているため、カウンセリングなどを行う際に飲酒はNGだと伝えるパターンが多いそうです。

施術前の飲酒の影響

施術中の体調不良

脱毛前の飲酒の影響のひとつに「施術中の体調不良」が挙げられます。 酔った状態で脱毛施術を受けると気分が悪くなることが多くあります。施術は寝転んで行うことが多いのですが、体制に負荷がかかることもあります。もし、吐き気などを起こしてしまった場合、衛生面で悪影響になりかねます。

肌の熱感やかゆみ

さらに飲酒の影響は「肌の熱感やかゆみ」としてもあらわれます。飲酒をすることにより、血行が良くなったり、肌が熱を持ったりします。 その肌にレーザーや光脱毛の光エネルギーがあたると、通常よりも火照りを感じやすくなり、かゆみや肌が赤みをおびることがあります。敏感肌の方であればあるだけ異常が大きくなり、火傷のようになることもあります。

脱毛効果の減少

脱毛前だけではなく脱毛後にも影響を及ぼします。その一つに「脱毛効果の減少」があります。 お酒を飲むと肌は乾燥しやすくなります。飲酒により肌が急激に乾燥すると、通常のような効果が得られなくなります。肌だけではなく効果をしっかり得るために、飲酒は控えた方がよいでしょう。

施術後、万一飲酒をしてしまった場合の対応

脱毛後、万一飲酒をしてしまった場合はクリニックによって対処方法は違いがあります。 肌に火照りや赤みが出た場合は、個人個人で冷たいタオルなどで患部を冷やす場合や保湿クリームなどで肌を保湿させることで脱毛効果や肌への影響を軽減する場合もあります。 もし肌に赤みが残ってしまったときはクリニックによっては軟膏の処方を行うこともありますが、不安な場合は相談することが重要です。

脱毛の前後には飲酒をしないようにしましょう

脱毛によるお肌トラブルは自分の脱毛効果だけではなく、クリニック・クリニックにも迷惑がかかります。 毎日お酒を飲むような方ならともかく、脱毛の施術は基本的に数か月に1回、しかも事前予約をすることが多いので脱毛の予約が入っている日をしっかりと確認し、飲み会などの飲酒が伴う予定を自分で調節し、万一入りそうな場合は必ずクリニックに連絡をし、予約を変更するなどして確実な効果を得られる施術をすることが大切です。

関連記事