【要注意】脱毛前後に飲酒がNGな4つの理由|脱毛と飲酒の関係とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛前後に飲酒はしない方がいい

何かを拒否している女性 以前に比べて「脱毛」は特別なことではなくなってきていますが、脱毛サロンやクリニックでは術前後の注意点として「飲酒」を控えるように指導しています。 なぜ、脱毛前後に飲酒を控えなければならないのか、飲酒をするとどんな影響があるのか気になりますよね。 そこで今回は、脱毛前後の飲酒で起こる可能性のある影響、脱毛前後の飲酒を控える時間・日数、万が一飲酒をしてしまった時の対処法について紹介していきます。

脱毛前後に飲酒がNGな理由は?

施術中に体調不良になる

ベッドで寝転んで落ち込んでいる女性脱毛前の飲酒の影響のひとつに「施術中の体調不良」が挙げられます。酔った状態で脱毛施術を受けると気分が悪くなることが多くあります。 施術は寝転んで行うことが多いのですが、その体勢が負荷になることもあれば。吐き気などを起こして衛生面で悪影響となってしまうことも。そのため、脱毛前日に飲酒することは控えるようにしましょう。

痛み・熱感を感じやすくなる

頭を抱えて悩んでいる女性飲酒をすることで、血行が良くなったり、肌が熱を持ったりして敏感な肌になります。その肌にレーザーや光脱毛のエネルギーが当たると、刺激に対して敏感になるため、通常よりも火照りを感じたり、いつもは痛みを感じない脱毛施術に痛みを感じてしまったりするでしょう。 さらに、もともと敏感肌の方であればあるほど、異常が大きくなり、火傷のようになることもあるので注意しなければなりません。

脱毛後にかゆみ・赤みがでやすくなる

足のケアをしている女性飲酒後は体内の水分量が減少します。それによって皮膚の水分量が蒸発し乾燥が起こり、刺激を受けやすい状態になります。 その状態で、レーザーや光脱毛のエネルギーが当たるとかゆみや赤みが出やすくなります。そうならないために、脱毛施術前は飲酒を控えるべきでしょう。

肌が乾燥し脱毛効果が低下する

不満を感じている女性飲酒後は、体温が上がり、肌の水分が蒸発し肌が乾燥します。 その状態で脱毛施術を受けると、通常よりも痛みを強く感じたり、術後に赤みやかゆみなどを引き起こしやすくしたりしてしまいます。 そのため、サロンやクリニックでは安全上の理由から、出力を下げて脱毛施術を行うことがあります。 それによって脱毛効果が低下するため、十分な効果を得るには、前日に飲酒をしないように注意しなければなりません。

脱毛前後の飲酒は控える期間はどれくらい?

カレンダー

脱毛前に飲酒を控える期間

脱毛を受けるサロンやクリニックによって脱毛前に飲酒を控える時間・日数は異なりますが、一般的に予約日の前日からは控えるのが望ましいです。

脱毛後に飲酒を控える期間

これも受ける場所によって異なりますが、最低でも当日の1日と翌日の2日間は控えた方が良いでしょう。脱毛後にすぐ飲酒をしてしまうと、かゆみや赤みが発生してしまう可能性があります。

脱毛サロン別の飲酒を控える時間・日数

サロン名控える時間・日数(目安)
 ミュゼ前日と当日の2日間(最低12時間空ける)
キレイモ前日と当日の2日間
C3(シースリー)前日と当日の2日間
エピレ前日と当日の2日間
エステティックTBC前日と当日の2日間
 銀座カラー当日

クリニック(医療レーザー脱毛)別の飲酒を控える時間・日数

クリニック名控える時間・日数(目安)
 湘南美容外科前日・当日・翌日の3日間
リゼクリニック前日・当日・翌日の3日間
アリシアクリニック当日
イセアクリニック前日と当日の2日間
ゴリラクリニック当日(24時間)
表参道スキンクリニック当日

家庭用脱毛器も前日と当日の飲酒を控える

家庭用脱毛器は、サロンや医療脱毛と比較すると出力が低いため、飲酒の影響は少ないと言われています。 ただし、安全に脱毛を行うには、やはりサロンやクリニックと同様、最低でも前日と当日の2日間は飲酒を控えるようにしましょう。 万が一、前日または脱毛施術を行う12時間以内に飲酒をしてしまった場合には、予約制ではないため、また都合の良い日に日程をズラして行なってくださいね。

脱毛前後に飲酒してしまった時の対処法

足のケアをしている女性

脱毛前に飲酒した場合の対処法

脱毛前日にお酒を飲んでしまった場合、必ず申告し、予約をキャンセルするか延期の相談をするようにしましょう。 ただし、サロンやクリニックによっては、前日・当日の予約取り消しにはキャンセル料が必要になったり、回数1回分が消化されたりしてしまいます。 そのため、数ヶ月に1回の脱毛施術を忘れないようにしなければなりません。

脱毛後に飲酒した場合の対処法

さらに、脱毛施術を受けたことを忘れて、当日または赤みなどが出ている翌日に飲酒をした場合、特に何も起きなければ問題ないですが、赤みやかゆみが出てしまうことがあるでしょう。 その場合には、サロンやクリニックからもらった軟膏・クリームを使用するか、日焼け・火傷の時のように患部をアイシングしてあげることがポイントです。

脱毛を安全に受けるためにも飲酒は2日間控えよう

ポイントや注意点を教えている女性医師 「飲酒程度なら」と思ってしまいがちですが、万が一、脱毛施術前後に飲酒をしてしまうと、痛み・熱感を感じやすい、施術後にかゆみや赤みが落ち着かないなど、肌へ悪影響を与えてしまいます。 そうならないための処置として、出力を下げてしまうと、本来得られるはずの脱毛効果が得られなくなるということも。 そのため、安全に高い脱毛効果を得るには、脱毛施術前後の飲酒は最低でも、前日と当日の2日間は控えるようにしましょう。

関連記事