挙筋短縮法(眼瞼下垂)

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の内容・効果

上まぶたの筋力が落ちてしまい、まぶたが下がってしまっている状態を、眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼びます。目をはっきり開けていてもまぶたが黒目の上まで持ち上がらず、眠そうな目、元気がなさそうなトロンとしている目は、眼瞼下垂の可能性があります。

先天性と後天性のものがあり、先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)が不全でまぶたが瞳孔(黒目)の上まで上がらない状態、後天性眼瞼下垂は、上まぶたの外相やコンタクトレンズによる刺激、老化などにより眼瞼挙筋が衰えてしまった状態です。
挙筋短縮法は、伸びきってしまった眼瞼挙筋の一部を切除または重ねて縫い合わせることで全体を縮め、弱い力でもまぶたを大きく持ち上げることができるようにして、はっきりとした目もとを手に入れる眼瞼下垂の治療方法です。
手術には、まぶたの皮膚側から切開する方法と、まぶたの裏側、つまり結膜側から切開する方法があります。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)のメリット

下がっていた瞼が上がり黒目がはっきりと出ることで、目がパッチリと開き本来の目の大きさに戻す事ができるようです。
挙筋短縮法では伸びてしまったり外れてしまった眼瞼挙筋を直接縫い縮めることになるので、重度の眼瞼下垂の方でも改善する事が期待できます。

また、皮膚側から切開する挙筋短縮法は、二重まぶたの形成も同時に行えるというメリットがあります。個人差はありますが、結膜側から切開する挙筋短縮法は、腫れが少なく皮膚に傷が残らないというメリットがあります。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)のデメリット・リスク

眼瞼挙筋を切除する際に、ミュラー筋という体全体の交感神経につながる大切な筋肉を傷つけてしまうリスクがあります。
そういったリスクから、現在では行っているクリニックが少なく、また、行っていたとしても挙筋前転法では改善が認められない重度の眼瞼下垂症にのみ適用されるケースが多いようです。

挙筋短縮法は非常に高度な技術を必要とする術式ですので、万が一失敗した場合目が半開きの状態になってしまい閉じなくなってしまったという症例もあります。
挙筋短縮法は非常に難易度の高い手術です。クリニック選び、ドクター選びを慎重に行うのはもちろんのこと、カウンセリングで十分に納得したうえで、手術に臨んでください。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の痛み・麻酔

一般的には、注射による局所麻酔を行なってからの手術となります。クリニックによっては、希望すれば静脈麻酔での手術が可能な場合もあります。
静脈麻酔での手術の場合、意識がない状態での手術となります。
どちらも麻酔がしっかり効いていれば術中の痛みは少なく、手術後2~3時間ほどで麻酔が切れたとしても処方された頓服薬を服用することでわずかな痛みで済むようです。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)のダウンタイム

個人差はありますが、術後5~7日程度で抜糸、強い腫れは1~2週間続きます。
内出血や結膜浮腫などが出てしまった場合はダウンタイムは長引いてしまいます。
まぶたの内側の結膜側から切開を行った方が、皮膚表面から切開を行う場合に比べ、ダウンタイムは短い傾向にあります。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の料金・費用

自由診療の場合、50万~70万円程度が目安となります。
眼瞼下垂の状態やクリニックによっては、保険の適用が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にドクターに必ず確認しましょう。(生活に支障がでるなど重度の眼瞼下垂は保険適用が可能です。その場合の自己負担は4~8万円程度となります。)
また、手術中の麻酔の種類によって値段が前後する場合があります。保険を適用できるかどうか不安な方は、お気軽にご相談ください。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)と他の施術の比較

眼瞼下垂とは一般的に黒目がまぶたによって見えにくくなってしまっていることを指しますが、その原因がまぶたを上げ下げする挙筋が原因であるのか、それともまぶたの皮膚自体が厚すぎたりたるんでしまったりしたことが原因なのかで治療法が違います。
まぶたの皮膚自体の厚さやたるみが原因の場合、挙筋の機能が正常であれば、挙筋短縮法や挙筋前転法などの手術ではなく、上眼瞼切開(上瞼たるみ取り)眉毛下切開(上眼瞼リフト)ブローリフトなどが適用になる場合があります。

まぶたの皮膚自体でなく、瞼を上げ下げする挙筋が原因の場合は挙筋短縮法、または挙筋前転法が適用になります。
挙筋短縮法は、挙筋自体を切除したり縫い縮めたりすることにより眼瞼下垂を治療しますが、目の挙筋には「ミュラー筋」という体の交感神経などに影響する大切な筋があり、その筋を傷つけてしまうリスクがある非常に高度な手術精度を求められる術式です。
そのため、挙筋前転法などの腱膜を瞼板に固定しなおす方法では改善が見込めなかった方には有効な方法ではありますが、そのリスクを考えると症状の軽い方は挙筋前転法での施術となる場合が多いです。

また、万が一挙筋自体が機能していない場合は、太ももなどの筋膜をまぶたに移植する「筋膜移植」という方法があります。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の失敗・修正

挙筋短縮法の失敗の多くは、眼瞼下垂の治療法の多さに由来します。なぜ眼瞼下垂が起きているのかの判断ミスや医師の技量により、効果が得られない、引っ張られすぎて目が閉じない、目の形が変わってしまうなどといったことが挙げられます。
また、安いから、保険が効くからなどといった安易な理由でクリニックを選んでしまうことも失敗の大きな原因の一つとなります。
「挙筋短縮法(眼瞼下垂)に失敗してしまった」「挙筋短縮法(眼瞼下垂)の修正をしたい」と感じた時は、まずは治療・手術を行ったクリニック宛に相談をしてください。一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合があります。
「治療・手術を行ったクリニックに行きたくない」「取り合ってくれない」という時は、美容医療相談室にご相談ください。修正が可能なドクターの紹介・診察の調整などをさせていただきます。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の名医

挙筋短縮法は医師の判断力と技術力の両方が問われる非常に高度な術式ですので、仕上がりや効果に大きな差が出る手術であり行っているクリニックも限定されてきます。
また、ただ眼瞼下垂を治せばいいというものでもありません。目元はお顔の印象の大半を左右する大事な場所です。
保険が適用となる場合はその方が金銭的な負担は減りますが、保険適用の場合は機能回復を目的としているため、挙筋前転法で切開した際の二重の幅や二重の形の修正、皮膚の手術痕などに関してはやはり美容整形のほうが適していると言えます。

美容医療相談室では、挙筋短縮法(眼瞼下垂)など、目・目元・二重形成やその他の美容医療の名医紹介をおひとりおひとりに合わせて行っています。
ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

挙筋短縮法(眼瞼下垂)のよくある質問と回答

Q.なんとか保険診療の範囲内で眼瞼下垂を治したいんだけど、できますか?
A.形成外科などでは目の状態が重度の眼瞼下垂で治療の必要がある場合、保険が適用になるケースもあります。しかし保険診療は、あくまでも「機能回復」が目的で、美しさや若々しさ、傷跡の綺麗さなどはそこに必要はありません。
美容外科は自由診療となりますが、機能回復に加え、見た目の美しさ、若々しさ、傷跡の綺麗さなどを目的としているため、幅広くご希望に対応できると思います。

Q.眼瞼下垂でいつも眠そうと言われてしまいます。治すには手術が必要と言われたけど、やりすぎてビックリ目になってしまうのではないかと心配です。
A.眼瞼下垂治療は難しい術式のため、担当する医師の知識や技量により仕上がりに大きな差が出てしまいます。やりすぎてしまえばビックリしたような目になってしまったり、目の形自体が変わってしまったり、目が閉じ切らないといった最悪のケースもあります。
そうならないためにも、希望をしっかりと伝え同じイメージを共有でき、実現してくれる確かな腕を持った医師に手術をお願いする必要があります。美容医療相談室では、名医および適切なクリニックをご紹介させていただきますので、是非一度、お気軽にご相談ください。


▽「目・目元・二重形成」の関連施術はこちら
埋没法(二重形成)
全切開法(二重形成)
下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談(最新30件まで表示)

美容医療相談室に届いた挙筋短縮法(眼瞼下垂)の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2016-02-23/みゆきさんからいただいた口コミ・体験談

    去年新宿三丁目にある●●クリニックで数年前にやった二重の幅の修正をしました。友人からの紹介でとっても腕の良い先生と聞きカウンセリングを受けましたが、相談を親身に聞くことはなく先生は自分のブログ見てね!とか前はこんな手術したとか自分の話ばかりでした。正直大丈夫かな?と不安でしたが、友人の腕が良いと言う話を信じて手術を決意しました。手術中先生はきっと緊張してるから雑談しながら手術します。と言ってつまらない会話を続けられました。今まで初めての出来事で驚きと同時に手術に集中して欲しかったのですが瞼を開かれてしまったのでいいなりになってしまいました。手術が終わり鏡を見るともう左右に差が出ていてデザインの時の瞼とは全く違うものになってしまいました。腫れてるかと思って3ヶ月我慢しましたが、や っぱり左右に差が出てしまい整形バレバレのフランケンみたいな顔になりました。このことを検診の時に先生に言うと修正前のデザインが悪いと散々言われケロイドもなんとかしたいと言うとヒルドイドをくれたのですが、家に帰ってそのクリームの蓋を開けたら中身が入っていませんでした。他のクリニックにいくつか修正したいと回りましたが何処に行っても酷い状態と言われました。他院ですぐに再手術しましたが、まだケロイドのせいで形がガタガタです。他院の先生からも経歴の浅い先生と評判悪かったので本当に満足された方はいるのか疑問になるクリニックでした。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-11-18/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    去年ネットで色々と探していたら眼瞼下垂の名医がいるとの事でこちらで施術を受けました。ネットで●●医師の事を検索しても何も出てこない旨を本人に伝えると、経歴のみで判断されたくないとのお考えで写真も載せていないとの事です。不安に思う方もいるとは思いますが、私は逆に信頼できるかなと思いました。形成一筋23年の医師で眼瞼下垂は●●医長よりもキャリアがあるとの事です。眼の手術になるので、本番にならないと実際のところは分らないと言われました。私は右目がひどく、恐らく眼の筋肉はほぼないとも言われ、その場合は太ももの筋膜を移植すると言われました。眼の事よりも●●先生は太ももの筋膜をとる事でかなりの痛みが生じる事を何度も説明して下さいました。これでもかと言われたので私も覚悟を決めいざ本番を向かえました。やはり筋膜移植が必要との事で手術に3時間ほどかかりました。(右眼のみで)筋膜は右太ももからとりました。痛みも想像していた程でもなく、1日でほぼ痛みはなくなりました。先生の丁寧な説明とスタッフの女性が優しく対応してくれたので私としては満足です。左眼に関しては先生のお考えは手術をしてもしなくてもどちらでも良いと。私の判断に任せるとの事で、今年の9月末に左眼もやって頂きました。私としては判断を患者に任せるという点も好印象でした。もちろん先生と相談しながらではありましたが、自分できちんと考えながら先生と話もできたのでよかったと思っています。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-10-07/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    挙筋前転法を受けたが、左右差が出てしまい片目のみ複数回の修正を行い、今回やっと挙がった。原因を色々考えてくれて、本当に頑張ってくれた。最後まで匙を投げる事なく真摯に向き合ってくれる、素晴らしい医師。今後またヘリングの法則で左右差が現れない事を祈る…。

    確かな技術と沢山の症例数で信頼できるので、私はここが好き。アフターケアがかなりしっかりしていて、左右差の修正は無料。同箇所を数回目なので瘢痕を気にされて、今回は瘢痕を抑える薬(術前から服用し術後しばらく服用)や腫れを抑える薬なども特別に処方してくれた(無料)


    (注)上記の特別対応は、長年で築いた仲のお陰かもしれないので、全員が受けられるケアかどうかは分かりません。。

    5

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-08-26/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    キトウ院長のオペは早くて上手です。いつも不安な時はキトウ先生に施術して頂きます。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-07-02/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    大々的に名前が上がるお医者様じゃありませんが、二度、切開に失敗した、私の目を綺麗に治してくださいました。名医だと思います。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-06-16/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    抜糸しましたが切開跡がやや左右不揃いで腫れが引くまで不安です 。○○医師は同年代と言う事もあり、手術中は世間話など交えてリラックス出来ました。

    ―定期アンケート回答より―

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―満足

    投稿日:2015-06-13/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    高い技術を持っていると感じました。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2015-04-27/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    傷痕はとても綺麗で満足だが、両目の形が違うのと目の外側のたるみが残りタレ目に見える。 
    とても優しい先生でお話しも聞いてくれるが両目の左右差を治すのに新たにお金がいる。少し左右差ならまだしも、明らかに大きさも二重の幅も違うのに、保証がないのが金銭面で辛い。

    ―定期アンケート回答より―

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2014-12-13/ゆりさんからいただいた口コミ・体験談

    すごく自然だし確かに目もやる前よりは大きくなったけどもっとデカ目にしてもらいたかったのでちょっと不満です。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2014-08-26/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    某医師に過去数回埋没法をやってもらっていますが、何回やっても左右差がひどく技術がありません。顔のボトックスもしてもらったのですが凹凸ができてしまいましたし下手です。眼瞼下垂をやってもらったのですが目もあてられないくらい左右差がひどくなってしまい●●クリニックで修正をしたほどです。とにかく技術がないドクターです。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2014-06-04/romeluさんからいただいた口コミ・体験談

    ここ2年位の間できゅうにまぶたが落ちてとくに夕方になるとまぶたが重く辛かった。そんな時知人が他院でこの手術をして楽になったと聞いて。レーザーメスで傷口の治りが早いとホームページに記載されていた。院内は看護師さんも受付も先生も暗い感じでとても話しずらい感じで。大して詳しい話をしてくれなかった。糸で止めるほうが楽とか切開だと少し腫れるけど若くなるとか・・・。いう程度の説明だけで、素人側からなにを聞いていいのかわからない感じ。カウンセリングでは、手術のことは多少腫れるとは言うもののあまり詳しく聞かなかったが直前にもう少し詳しく確認すると思いきや、どうなるか等説明無かったので、こちらから、聞こうとしたら「あくまでも目を開ける手術ですから・・・」となにもいわさんような雰囲気だったので、ちゃんとなると信じ、仕方なく任せるしか無かった・・・。目に目薬をたらされ、目をガードするコンタクトを入れた。まぶたに片方ずつ4,5箇所麻酔の注射をして息が出来ないくらい痛かった。深呼吸してと言われ2,3回深呼吸し、いきなり始めますいと、(ゴー~~)とレーザーの音が聞こえてまぶたが熱くなって押されてる感じで、人の焼けるようなニオイがしてきた。切られてると思うと心臓がバクバクしてきた。切開が終わり何とか耐え、中を何かしてるような感じがした。先生:「ハイ、目を開けて。」「ハイ、閉じて。」というので寝たまま、目を開け閉めしてみたけど、鉄のコンタクトで感覚がないので開いているかがわからないので「開いてますか?」って聞くと、先生:「開いてますよ!」でした。こんなんでいいのかと心配になっていましたが、その後の縫合を丁寧に時間かけてしてくれていたので自分で(大丈夫)と言い聞かせました。縫合が終わり、コンタクトをコジはずされ「いたっ」すぐに看護士が自分の手のひらに何かをのせ「こちら観てください。」というのでかすんだ目で顔を横向きにし手のひらをみたら皮のようなものが2つあるので「皮ですか?」と聞くと、看護師:「皮なんか取りませんよ。これは脂肪です。」ということでした。 もともと皮たるんでるので皮を取らずに脂肪って・・・???って思いました。あと10分ほどまぶたを冷やして帰って頂きます。ということで冷やしてまぶたにテープを貼ってサングラスして帰宅術後塗る薬と目薬と飲み薬ハムみたいに腫れて色も内出血で紫色だが、4,5日で大きな腫れ左右の形が多少違うけど腫れがひけば治ると信じて7日目、抜糸、まだもう少し腫れが引いていくのでと経過見る。一ヶ月、くぼみが出来て三重になってきた。左右差もかなりある。目の開き具合は手術前と変わらないし、左目はする前よりまぶたが硬くなって開け閉めしにくい。左目とくにドライアイの症状、ほぼ腫れは引いてきたように思うが傷口はまだ赤い。●●先生にこの症状とドライアイうの症状を訴えるとうちは眼科じゃないから眼科行きなさい。といわれた。それに左右差とかはまだ経過とちゅうだからと・・・。2ヶ月目やっぱり三重のままうで皮がたるんでるままで余計にくぼみがひどい左目も変わらずだが、ドライアイは市販薬でましになった。まぶたの手術なのにドライアイの事を「そんなもん知らん、うちは眼科でないから、眼科行って下さい」とか、修正の話になってもこちらの意見も聞いてくれないしすぐ、時間がないとか言って都合の悪い話から逃げているように思う最悪。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2014-02-09/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    3年前に眼瞼下垂の手術を受けました。カウンセリングをしてくれた医師がもちろんオペをしてくれるとおもっていましたが オペ台で待っていると入ってきたのは 新米の初めてのオペです。の医者。カウンセリングをした医師に色々指図されながらで…やっぱり下手くそでした。確認しないのが悪かったのかもしれませんが2度と行きたくないです。

  • 挙筋短縮法(眼瞼下垂)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2013-04-13/不満さんからいただいた口コミ・体験談

    まったく希望通りにいきませんでした。

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

目・目元・二重形成

美容医療カタログ 目次