臀部プロテーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの内容・効果

バストアップなどと同じく、プロテーゼ(人工乳腺バッグ)をお尻に挿入して形や大きさを美しく整えることが可能といわれている施術です。

お尻の上半分にボリュームがないと、お尻が下にさがった印象になりがちです。上半分にプロテーゼを挿入することでメリハリのある若々しいヒップにする効果を期待できます。お尻が平らな方や、ヒップのボリュームに満足されない方におすすめの施術で、出血は殆どなく日帰りで手術可能な施術となっています。 お尻が平らな方や、ヒップのボリュームに満足されない方が受けられている施術で、出血は少ないとされ、日帰りが可能な施術といわれています。

施術の方法


お尻のしわに沿って4cm程度切開します。外側に筋膜上を剥離します。深部に向かって大殿筋を剥離した後、大殿筋の下面でポケットを作成します。剥離による出血を避けるために、大殿筋に局部麻酔をします。プロテーゼを大臀筋下に挿入し、縫い合わせます。しわに沿って切開を行うことにより、傷跡はあまり目立たないようです。

またシリコンバッグは弾力性・安全性が優れているといわれるものを使用し、豊胸のシリコンバッグ挿入をヒップに応用することで、メリハリのついてボディラインを手に入れられるとされています。施術時間は約70〜90分で、約1週間後に抜糸が必要となります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼのメリット

この手術は、豊尻術の本場アメリカでも多くの女優・モデルの方が受けている治療です。最近では、日本でも受ける人が多くなってきました。
お尻の割れ目に沿って切開するため、傷跡が目立ちにくいといわれています。

プロテーゼを挿入し、形や大きさといったバランスを整える施術なので、若々しいヒップラインをキープできるようです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼのデメリット・リスク

豊尻術は、トラブルがないとは言い切れません。万が一失敗した際には、早めの処置が必要になります。失敗例としては、位置が高すぎたり、小さすぎる、大きすぎる、左右差が生じる、感染、プロテーゼがずれる、血が溜まる、中の糸が出てきてしまうなどいろいろな例があります。
下記、臀部プロテーゼの失敗・修正で詳しく説明しますのでそちらにて詳細をご確認ください。

海外の例だと、手術の失敗により両手両足切断したという方も中にはいるようです。
修正手術の場合には、抜糸や溶解注射など放っておかず処置する必要があります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの痛み・麻酔

腫れや内出血などは、約1〜2週間程度で落ち着くとされています。
手術後は状態が落ち着くまでの間、座る姿勢や歩行など、強い刺激によって痛みを感じることがあります。時間の経過とともに落ち着いていくといわれていますが、痛みが強い期間は、できるだ痛くない姿勢で過ごすか、我慢ができない場合はクリニックに相談しましょう。


<麻酔>


麻酔は術式によって大きく変わってきます。
クリニックによって大きく異なりますが、全身麻酔、局部麻酔が使用されることが多いです。なるべく身体に負担がかからない麻酔が良いです。麻酔は併用して行う治療もあります。例えば、局所麻酔で済む手術であっても、患者様によっては静脈麻酔を使用する場合もあります。

<麻酔の種類と相場費用>
・静脈麻酔     約5万円程度
・全身麻酔     約10万円程度
・硬膜外麻酔    約3万円程度
・笑気ガス麻酔   約3千円程度
・テープ麻酔    約3千円程度
・クリーム麻酔
・局所麻酔
・点眼麻酔
その他麻酔は含まれているケースが多いです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼのダウンタイム

約1週間〜2週間程のダウンタイムが必要といわれています。内出血が出てしまったり、万が一感染症が起こってしまったりした場合は、腫れなどが長引くようです。

術後約1週間程度は仰向け寝を控え、約2週間程度は硬い椅子に座らないように配慮してください。抜糸まではシャワーのみ可能ですが、抜糸後はドクターの指示により入浴が可能なようです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの料金・費用

施術費用は、プロテーゼやバッグの大きさで変わってきますが、約70万円前後とされています。オーダーでプロテーゼを作ることができますが、その場合は約150万円程度が目安となります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼと他の施術の比較

臀部プロテーゼ以外の施術では、ヒアルロン酸や脂肪注入による臀部のリフトアップ術が挙げられます。

・ヒアルロン酸


ヒアルロン酸をお尻に注入することで、ボリュームアップ効果が期待できます。
しかし、プロテーゼのように、いきなり大きくするのは困難です。多少の変化をお望みの方には、効果的な治療法といわれています。

・脂肪注入


脂肪吸引で吸引した脂肪の一部から幹細胞を取り除きます。取り除いた幹細胞を他の脂肪と同時に注入する方法です。自分の脂肪を使用するので、自然な仕上がりが期待できます。

臀部プロテーゼを行い、インプラントでは届かない臀部外側部分に脂肪注入やヒアルロン酸注入を行うのと、さらに自然に仕上がるために効果的があるといわれています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの失敗・修正

クリニックによっては、アフターケアとして経過観察、傷跡修正を行ってくれるクリニックもあります。また、医師の診察により、被膜拘縮時のバッグの摘出を必要と判断した場合、無料で再治療してくれるクリニックもありますので、万が一、失敗・修正が必要な場合1度クリニックに連絡しましょう。

失敗例

・位置が高すぎる、低すぎる
➡挿入した位置が違う。
クリニックによっては、1週間後の抜糸の際に明らかに位置が希望と違うと判断した際は処置を行ってくれる場合があります。プロテーゼを入れているポケットを追加で剥離し位置を合わせる施術となります。しかし、ポケットを拡大しても日常生活によりプロテーゼがずれてしまうことがあります。その際は、再度ポケットを作成し直す方法などが必要となります。

・大きすぎる、小さすぎる
➡上記の内容と同じく、希望と違うとは判断した際処置を行ってくれる場合があります。
しかし、大きなプロテーゼに入れ替える場合、体系や皮膚の状態によってはそれ以上大きなサイズを入れる事が難しいこともあります。

・左右差がある
➡こちらも上記と同様の内容となります。クリニックのドクターに1度ご相談ください。

・プロテーゼがずれる
➡筋肉の下に入れたプロテーゼには、普段の生活によって圧がかかるため、長期間の経過するうちにプロテーゼがずれてしまう場合があります。しかし100%固定するのには、限界があるといわれています。

・臀部切開部の離開
➡日常生活で荷重がかかるため、傷口が開いてしまうことがあります。基本的には、自然に傷が閉じるのを待つようです。状態によっては、再度縫合の処置を行うクリニックもあります。

・臀部外側の凹みが残る、プロテーゼが浮き出る
➡プロテーゼの形によって、輪郭が浮き出る可能性があります。
ヒアルロン酸注入や脂肪注入で皮下に挿入することで改善が見込めます。

・傷跡
➡施術後、盛り上がり・色素沈着・段差・幅の広い傷跡・凹凸等が生じる場合があります。
傷を完全になくす事は不可能と考えられます。目立たなくするという目的で、ステロイド注射やクリーム治療、切開法が用いられることが多いようです。

・中縫いの糸が出てくる
➡中縫いの糸(皮膚の下の組織を縫い合わせる糸)が露出する可能性があります。
この場合、放置していると化膿する危険がありますので、早めにクリニックに連絡しましょう。

・ 感染(化膿する)
➡感染が起こり、そのまま放置をしてしまうと全身にバイ菌が広がり、高熱が出たり、皮膚が破れ、濃が出ます。また、そのあとに傷跡が残ってしまう可能性があるのでそのためにも早急な処置が必要となります。

・血が溜まる
➡血が溜まる場合があります。
血が溜まった場合は、再度傷を開き、溜まった血液を出す必要があります。

・ プロテーゼの周りに浸出液(水)が溜まる
➡プロテーゼの周りに水が溜まる可能性があります。
水が溜まった場合、針を刺して溜まった水を吸い出します。水の溜まるのが繰り返す場合、プロテーゼを抜去した方が良いとされています。

海外で有名な臀部プロテーゼ手術ですが、日本でも受ける人が増えてきているとはいえ、まだまだ美容外科で一般的に行っているクリニックは少ないです。手技を誤ると歩行困難になるなど生活に支障が起きる可能性があります。手術の結果に満足いくかどうかはドクターの正しい知識や熟練された技術・経験が必要です。経験が豊富な信頼できるクリニックや名医を選択することが重要です。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの名医

美容医療相談室では、臀部プロテーゼなど、その他(耳・尻 etc)やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

■クリニックをピックアップしてご紹介!

  • 聖心美容クリニック

    エリア

    東京, 大阪,福岡, 名古屋, 札幌, 大宮, 横浜, 熱海, 広島


  • 『患者様のために高品質な美容医療を。』
    PRP皮膚再生療法やセリューション豊胸(幹細胞豊胸)など自家組織を使った再生医療に力を入れている聖心美容クリニック。絵や図を使ったわかりやすいカウンセリングや、患者さん同士が顔を合わせないプライバシーに配慮、充実したアフターケアメニューでも評判が良いクリニックです。




  • 東京イセアクリニック

    エリア

    渋谷, 銀座


  • 『患者様に愛されるクリニックを目指して』
    「神の手」として技術力の高さや美的センスの良さを数々のメディアで取り上げられている医師が総院長を務めるイセアクリニック。「患者様に愛されるクリニックを目指して」をコンセプトに、丁寧で親身になって話を聞いてくれるカウンセリングや、スタッフさんの対応の良さでも評判の良いクリニックです。




  • ヴェリテクリニック

    エリア

    銀座, 大阪, 名古屋


  • 銀座, 大阪, 名古屋 『医師を育ててきた、指導医によるクリニック』
    医師を指導してきた指導医が院長を務めるヴェリテクリニック。美容医療の基礎ともいわれる日本形成外科学会専門医と、より高度な日本美容外科学会専門医(JSAPS)の資格をお持ちの先生が複数在籍しています。高い技術力が必要とされる修正術も行っているクリニックです。




  • 大塚美容形成外科

    エリア

    大塚, 札幌, 大宮, 横浜, 金沢, 京都


  • 『安全で質の高い医療を目指して』
    人気TV番組「ビューティーコロシアム」でコンプレックスや悩みを抱えた多くの女性を美容整形で変身させたクリニックです。施術にかかる負担を最小限にし、最大の効果が期待できる方法を提案してくれます。




今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

臀部プロテーゼの口コミ・体験談

美容医療相談室に届いた臀部プロテーゼの美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

臀部プロテーゼに関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事