バッグプロテーゼ挿入法

このエントリーをはてなブックマークに追加

バッグプロテーゼ挿入法の内容・効果

・2カップ以上の豊胸を希望する方向けの豊胸術

注入系豊胸術とは違い、バックプロテーゼは体内吸収させる事はないので効果は半永久的だといわれています。
様々なタイプのバッグプロテーゼから希望の仕上りなどに合わせバッグプロテーゼを選びワキまたはアンダーバストから挿入します。

バッグプロテーゼ挿入法のメリット

・効果が半永久的に維持できる可能性が高い

ヒアルロン酸注入法脂肪注入法などの注入系の豊胸術は、注入したものが体内に吸収されてしまうため、効果を半永久的に保つ事は難しいといわれています。しかし、バッグプロテーゼ挿入法では体内に吸収されないので、バストがしぼむ事はなく、挿入した直後の大きさを半永久的に保つ事ができるといわれています。

・2カップ以上の豊胸が可能

注入系の豊胸ではせいぜい1〜2カップのサイズアップに対し、バックプロテーゼ挿入法では1〜5カップのサイズアップが可能です。「2カップ以上確実にサイズアップしたい」「半永久的にバストを維持したい」とご希望される方に適した施術といわれています。

・自分好みのバストに

バッグプロテーゼの種類はかなり豊富で、仕上がった時の見た目や、感触もことなります。
体系や現時点のバストの形を考慮し、医師と相談しながら挿入するバッグプロテーゼを選びます。

・痩せている人もサイズアップが可能

脂肪注入法のみでの豊胸は自分の身体からサイズアップに必要な脂肪を吸引する必要があり、痩せていて豊胸に十分な脂肪が無い方には不向きでした。バックプロテーゼ挿入法では体型に関わらずバストの確実なサイズアップができます。

バッグプロテーゼ挿入法のデメリット・リスク

・数センチの傷痕が残ってしまう可能性がある

バッグプロテーゼを挿入する際は、ワキやアンダーバストなどの目立たない部分を数センチ切開し挿入します。
しかし、目立たない所であっても数センチの傷が残ってしまう可能性があります。傷が目立たなくなるには数週間かかると言われているので、ワキのみえる服装や水着などは避けた方が良いでしょう。

・将来的にバッグプロテーゼの入れ替えが必要

バッグプロテーゼは通常10〜15年に一度の入れ替えが理想とされます。理由としては、バッグの耐久性や皮膚のたるみ、リップリング(一部にシワがよったり、ボコボコした触り心地になる)と呼ばれる後遺症が起こりやすくなる事があげられます。

・ダウンタイムが長い

注入系の豊胸術と違い、バッグプロテーゼ挿入後は強い筋肉痛のような痛み・腫れが数週間続きます。力のいる家事や、外出の多い仕事をしている場合は、数日休みを取り安静にする必要があります。

・後遺症、合併症のリスクがやや高い

バッグプロテーゼ挿入法は静脈麻酔又は全身麻酔下で行う大掛かりな手術です。そのため、後遺症や合併症のリスクがどうしても高まってしまいます。またはリップリング、バッグプロテーゼの挿入した位置が悪く見た目が不自然になってしまう、感染症の発症、血腫が起こる可能性もあります。

・変形、破損の可能性がある

現在使われているバッグプロテーゼ昔は使われていた物と比べると耐久性が高くなっていますが、破損の可能性はゼロとは言えません。外部から大きな力が掛かったり、乱暴に扱う事で破損、変形の危険性は高まります。万が一破損してしまった場合、中身は安全性が高いものなので身体に害は無いと言われていますが、破損、変形したバッグプロテーゼを入れ続けていると見た目が不自然であったり内部が圧迫された状態となり良くありません。その場合はバッグプロテーゼの除去、入れ直しが必要となります。

・マンモグラフィ検査が受診できない

マンモグラフィ検査とは乳がん検診で行う検査です。プラスチックの板でバストを挟んで圧迫しレントゲンを撮りますが、バッグプロテーゼが破損する危険性があります。

・アフターケアが必要

術後は定期的に通院し、検診やマッサージなどのメンテナンスが必要となります。
術後数日後には診察と包帯の交換、1週間後には抜糸、2〜3週間後に診察をし、その1ヶ月以降は毎月1回の検診が必要となります。

バッグプロテーゼ挿入法の痛み・麻酔

麻酔は静脈麻酔又は全身麻酔を用います。
術後は強い筋肉痛のような痛みがあります。

バッグプロテーゼ挿入法のダウンタイム

・痛み・腫れ

ダウンタイムは1ヶ月程で、腫れは2ヶ月程で改善されます。個人差はありますが、強い筋肉痛の痛みは2〜4週間程で治まります。

・術後の過ごし方

シャワーは2日後から可能です。飲酒・サウナなどの腫れや痛みを悪化させるものは1週間避けて下さい。運動もバッグプロテーゼが安定するまでは出来るだけ避けて下さい。

バッグプロテーゼ挿入法の料金・費用

・バッグの種類、大きさ、クリニックによって異なる

相場は¥250,000〜850,000と言われています。

【料金に含まれている費用】

•バッグプロテーゼ代
•挿入の手術費用
•麻酔代
•痛み止めなどの処方箋
•高周波温熱トリートメント(アフターケア)
•血液検査

この他にもクリニックによってアフターケア、カウンセリングやオプションなどで別途費用がかかる可能性があります

バッグプロテーゼ挿入法と他の施術の比較

・コンポジット豊胸

痩せている方でもバックプロテーゼ挿入法で豊胸は出来ますが、どうしても術後にバッグの輪郭が皮膚の表面に浮き出やすくなったり、仕上がりが不自然になってしまう事があります。そういった方に適した豊胸術にコンポジット豊胸というものがあります。この豊胸術は、バックプロテーゼ挿入法と脂肪注入法を組み合わせた施術です。バッグの輪郭が浮き出やすい部分に、自身の脂肪を注入します。少量の脂肪でも施術が可能で、仕上がりが自然にかなり近づくと言われています。

バッグプロテーゼ挿入法の失敗・修正

バッグプロテーゼは身体にとっては異物なので体質によってはカプセル拘縮が起こり、バストが固くなってしまったり、仰向けになった時に横に流れず不自然になり入れた事を後悔してしまうケースがあるようです。

バッグプロテーゼ挿入法の名医

美容医療相談室では、バッグプロテーゼ挿入法など、豊胸・バスト形成やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

▽「豊胸・バスト形成」の関連施術はこちら
コンデンスリッチ豊胸
セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入)
アクアフィリング豊胸

■クリニックをピックアップしてご紹介!

  • 聖心美容クリニック

    エリア

    東京, 大阪,福岡, 名古屋, 札幌, 大宮, 横浜, 熱海, 広島


  • 『患者様のために高品質な美容医療を。』
    PRP皮膚再生療法やセリューション豊胸(幹細胞豊胸)など自家組織を使った再生医療に力を入れている聖心美容クリニック。絵や図を使ったわかりやすいカウンセリングや、患者さん同士が顔を合わせないプライバシーに配慮、充実したアフターケアメニューでも評判が良いクリニックです。




  • 東京イセアクリニック

    エリア

    渋谷, 銀座


  • 『患者様に愛されるクリニックを目指して』
    「神の手」として技術力の高さや美的センスの良さを数々のメディアで取り上げられている医師が総院長を務めるイセアクリニック。「患者様に愛されるクリニックを目指して」をコンセプトに、丁寧で親身になって話を聞いてくれるカウンセリングや、スタッフさんの対応の良さでも評判の良いクリニックです。




  • ヴェリテクリニック

    エリア

    銀座, 大阪, 名古屋


  • 銀座, 大阪, 名古屋 『医師を育ててきた、指導医によるクリニック』
    医師を指導してきた指導医が院長を務めるヴェリテクリニック。美容医療の基礎ともいわれる日本形成外科学会専門医と、より高度な日本美容外科学会専門医(JSAPS)の資格をお持ちの先生が複数在籍しています。高い技術力が必要とされる修正術も行っているクリニックです。




  • 大塚美容形成外科

    エリア

    大塚, 札幌, 大宮, 横浜, 金沢, 京都


  • 『安全で質の高い医療を目指して』
    人気TV番組「ビューティーコロシアム」でコンプレックスや悩みを抱えた多くの女性を美容整形で変身させたクリニックです。施術にかかる負担を最小限にし、最大の効果が期待できる方法を提案してくれます。




バッグプロテーゼ挿入法の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いたバッグプロテーゼ挿入法の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

    ご意見をお寄せください!

    美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

    口コミ体験談の投稿
    口コミを投稿
    美容医療の相談
    アドバイザーに相談

    関連記事

    豊胸・バスト形成

    美容医療カタログ 目次