腱膜縫縮法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の内容・効果

まぶたを持ち上げるための筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まってくると、十分に目が開かなくなってしまいます。その原因は加齢、目の手術によるもの、長年のコンタクト使用、眼瞼挙筋の未発達など様々です。この状態は眼瞼下垂と呼ばれ、目尻にまぶたがかぶさってしまうため、眠そうな印象を与えてしまったり目つきが悪く見られてしまうことがあります。

眼瞼下垂の症状は段階的に変化します。

軽度の症状

瞳孔よりも上部に上まぶたがある状態です。

中度の症状

瞳孔の中心よりも上部にある状態です。

重度の症状

瞳孔より下まで上まぶたが下がっている状態です。

眼瞼下垂の進行が進むと、まぶたの皮膚が重なり合い、三重や四重まぶたになってしまうこともあります。ここまで症状が進むと、手術の高い技術力が必要とされ、手術のリスクも高まるので、早めの治療が大切になってきます。

こうしたまぶたのたるみを解消するのが腱膜縫縮法です。軽度の症状であればメスを使わずに埋没法によって状態を改善することが可能です。ですが重度の場合は、この腱膜縫縮法を適用することでより大きな効果を得ることができると言われています。

腱膜縫縮法は麻酔後上まぶたを切開し、切開した部分から腱膜の端へ糸をかけ縫い縮めていき、3箇所程を固定します。その後、まぶたの左右のバランスや開き具合を確認しながら切開部を縫い合わせて行われる手術です。
これにより、まぶたのたるみが改善され、見える黒目の範囲が増えるので目元の印象が明るくなり若々しい印象を与えることができます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法のメリット

まぶたのたるみが改善されることによって得られるメリットはとても多いです。
黒目がはっきりと大きく見えることにより、眠たげにみえたり目つきが悪く見えてしまいがちな印象が改善されます。
また、眼瞼下垂の状態だと視界を広げるために、無意識のうちに眉毛を上げて目を開きがちになり、おでこのシワの原因になってしまっている場合もあります。そういった気になるシワの改善にもつながります。
さらに眼瞼下垂による眼精疲労は、肩こりや偏頭痛の原因にもなりますが、それらの症状も次第に改善する事ができると言われています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法のデメリット・リスク

大変稀に施術部分の傷口が炎症を起こしたり、感染したりする場合があります。また通常経過とともに改善されるまぶたの腫れや赤みが引かない場合や眼球の赤みが持続する場合などもあります。そういった場合は早急に医師へ相談をして下さい。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の痛み・麻酔

一般的には局所麻酔を使用する施術となりますので、施術中の痛みの心配はないようです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法のダウンタイム

個人差がありますが腫れや痛みは1〜2週間ほどで引くことが多いです。2〜3日ほど局所麻酔の影響でまぶたの重みを感じる場合があります。術後2〜4日程はコンタクトレンズの使用をお控えください。
施術部分シャワーやメイクは術後3日ほどで行える場合が多いですが、医師にしっかりと確認をし、十分注意を払ってください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の料金・費用

施術が片目のみの場合、両目の場合で値段は変わりますが、約30〜50万円程度です。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法と他の施術の比較

似た施術に挙筋前転法があります。上まぶたの二重の線に沿って切開し、腱膜と挙筋を短縮するように縫い合わせる施術法です。
こちらは筋肉を傷つけることなく行われる手術ですので、体への負担も少なく安全性も高い施術と言われています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の失敗・修正

目の開きや二重の幅に左右で差が出てしまったケースや、まぶたが閉じなくなってしまったケースなどがあります。
この場合左右差をなくすために、更に切開を行って修正することがあります。
こういった症状は術後の腫れなどが残っていて起こってしまう場合もありますが、4ヶ月程たっても症状が改善しない場合は施術に問題がある場合があります。早めに担当医へご相談下さい。

「腱膜縫縮法に失敗してしまった」「腱膜縫縮法の修正をしたい」と感じた時は、まずは治療・手術を行ったクリニック宛に相談をしてください。一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合があります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の名医

美容医療相談室では、腱膜縫縮法など、目・目元・二重形成やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

▽「目・目元・二重形成」の関連施術はこちら
埋没法(二重形成)
全切開法(二重形成)
下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

■クリニックをピックアップしてご紹介!

  • 聖心美容クリニック

    エリア

    東京, 大阪,福岡, 名古屋, 札幌, 大宮, 横浜, 熱海, 広島


  • 『患者様のために高品質な美容医療を。』
    PRP皮膚再生療法やセリューション豊胸(幹細胞豊胸)など自家組織を使った再生医療に力を入れている聖心美容クリニック。絵や図を使ったわかりやすいカウンセリングや、患者さん同士が顔を合わせないプライバシーに配慮、充実したアフターケアメニューでも評判が良いクリニックです。




  • 東京イセアクリニック

    エリア

    渋谷, 銀座


  • 『患者様に愛されるクリニックを目指して』
    「神の手」として技術力の高さや美的センスの良さを数々のメディアで取り上げられている医師が総院長を務めるイセアクリニック。「患者様に愛されるクリニックを目指して」をコンセプトに、丁寧で親身になって話を聞いてくれるカウンセリングや、スタッフさんの対応の良さでも評判の良いクリニックです。




  • ヴェリテクリニック

    エリア

    銀座, 大阪, 名古屋


  • 銀座, 大阪, 名古屋 『医師を育ててきた、指導医によるクリニック』
    医師を指導してきた指導医が院長を務めるヴェリテクリニック。美容医療の基礎ともいわれる日本形成外科学会専門医と、より高度な日本美容外科学会専門医(JSAPS)の資格をお持ちの先生が複数在籍しています。高い技術力が必要とされる修正術も行っているクリニックです。




  • 大塚美容形成外科

    エリア

    大塚, 札幌, 大宮, 横浜, 金沢, 京都


  • 『安全で質の高い医療を目指して』
    人気TV番組「ビューティーコロシアム」でコンプレックスや悩みを抱えた多くの女性を美容整形で変身させたクリニックです。施術にかかる負担を最小限にし、最大の効果が期待できる方法を提案してくれます。




今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

腱膜縫縮法の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いた腱膜縫縮法の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

腱膜縫縮法に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事

目・目元・二重形成

美容医療カタログ 目次