乳房再建術

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の内容・効果

・失ってしまった乳房を取り戻す

乳房再建術とは、乳がんの手術によって失ったり変形したりした乳房の形を整えたり新しく作り直したりする手術です。
乳房は女性にとって大きな存在です。乳がんの手術では、がん組織を摘出する際、乳房が変形してしまったり、乳房自体を切除し喪失してしまう場合があります。
せっかく乳がんが治っても、乳房の変形や喪失のため、肌を露出するような温泉や海に行けないといった悩みや、胸が気になりファッションを心から楽しめない、女性としての自信がなくなってしまったなど、日常生活に支障をきたすだけでなく精神的なダメージを受けてしまい、術後にナーバスになってしまう方が少なくありません。

・施術内容

乳房再建術では、乳がん治療の手術後に変形した乳房や失ってしまった乳房を、人工乳腺(バッグプロテーゼ)ご自身の脂肪や筋肉を使って乳房や乳輪、乳頭を再建することにより、元の乳房の形に極力近い状態にします。それにより心理的負担を大幅に軽減しQOL(生活の質)の向上を図ることができます。

乳房再建術には、様々な術式があります。温存手術を受けた乳房を再建する場合、基本的な術式は豊胸術と変わりなく、希望によって脂肪注入法人工乳腺法などを選択することができますが、乳がん摘出後に乳房、筋肉、または皮膚がどれだけ残っているかによって術式が変わる場合があります。
また、乳がん摘出をしていない健側(けんそく)の大きさや状態によっても適応の術式が異なります。
乳房再建術は、大きく分けると自分の体から取った脂肪や筋肉などの体組織を使用する方法と、人工乳腺を使用する方法があります。体組織を使用する方法では、脂肪注入法セリューション豊胸などの注入法、お腹や背中の筋肉や皮膚、体組織を移植し再建を行う筋皮弁法などがあります。クリニックや希望の状態によっては脂肪注入法と人工乳腺法を組み合わせる場合もあります。

・乳房再建術を行う時期には2種類ある

乳がんを摘出する際同時に行う「一期再建」と、乳がんの手術後に一定の期間をおいて行う「二期再建」があります。
一般的には一期再建の方ががん摘出と同時に乳房を再建できるため良いと思われがちですが、乳がんの再発を懸念する場合や乳がんの進行状態によっては二期再建が望ましい場合もあります。
<一期再建の場合>
乳がん摘出と同時に行われますので、そのバストの形や皮膚を生かして体組織や人工乳腺の挿入を行います。
<二期再建の場合>
乳房を温存していて元々の皮膚に余裕がある場合は同じようにそのままのバストや皮膚を生かして再建を行うことが可能です。乳がん摘出後一定の期間をおいてから行います。また、二期再建は乳がんの手術を行ってから何年経過していても受けることができます
しかし乳房を全摘出した場合や欠損が大きい場合、または乳がん摘出後数年経過し、乳房が萎縮したり変形してしまった場合は、一旦胸の皮膚や筋肉をゆるやかに伸ばすエキスパンダー(組織拡張器)を挿入します。そうすることで、皮膚と大胸筋が伸長し脂肪や筋肉、人工乳腺を挿入する余裕ができるため無理なく再建を行うことができます

・乳輪や乳頭の再現も可能

乳房の欠損により乳輪や乳頭も欠損している場合は、乳房再建術を行った後、一定期間をおいてから乳頭、乳輪再建を行う場合もあります。
乳頭、乳輪の再建は、鼠蹊部などの色素沈着した部位の皮膚を移植するか、アートメイク(入れ墨)などで行います。

・保険が適応されている

乳房再建術は、2013年7月の法改正により保険適用が拡大したことで、再建手術を希望する人が大幅に増えました。しかし保険適用では美しさより機能回復が優先されることがあり、胸の左右差に悩んだり、本来の自分のバストとはまるで変ってしまったり、温存を優先するあまり形がいびつになってしまったりというトラブルが多いのが現状です。

美容医療相談室では、美容整形外科で行う二期再建の乳房再建術について説明していきます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術のメリット

・女性としての自身を取り戻せる

美容整形外科はいわば美の専門家ですので、機能回復とともに女性として自信を取り戻してもらうための美しさも兼ね備えた再建が可能です。
乳がん摘出で乳房を失ったことによる喪失感が緩和、解消されます。再建をすることにより周囲の目を気にすることなく温泉やプールに行ったり、好きなファッションを楽しむことができます。

・「一期再建」と比べてリスクが少ない

美容整形外科で行われる二期再建では一期再建に比べ、合併症を起こすリスクが軽減されます。
また、乳がん摘出から一定期間を置くため、乳房が安定し形を整えやすくなります。一期再建では乳がん摘出と同時に行うため乳房の喪失や変形への精神的苦痛は少なくなりますが、乳房再建術における様々なメリット・デメリット、術式などの理解や知識が十分に得られないまま施術となる場合もあります。
しかし二期再建では、乳がん摘出から一定の期間を置くため、再建術について十分に検討し、理解を深めることができます。

・脂肪注入法の場合

<痩身効果も得られる>
脂肪注入法で再建を行う場合、お腹や太ももから脂肪吸引を行うため、同時に部分痩せの効果も期待できます
また、脂肪注入法または筋皮弁法など自分の体組織を使用する場合は、人工乳腺法に比べ拒絶反応などのリスクが少なく、異物を入れるという心理的負担も少なくなります。

・人工乳腺法の場合

<効果が半永久的>
人工乳腺法で再建術を行う場合は、手術回数が少なく、手術自体の時間も短く体への負担が少なく済み、効果は半永久的といわれています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術のデメリット・リスク

・再手術が必要になる場合がある

再建後、乳がんの再発が起きてしまい再手術が必要となった場合、せっかくの再建が振り出しに戻ってしまうことがあります。

・金銭的な負担が大きくなる可能性がある

人工乳腺法では下垂している乳房を再現することが難しく、健側の乳房が年齢または授乳などによって下垂している場合左右差が大きく出てしまいます
その左右差を調整するために下垂修正や豊胸術などが必要な場合があり、金銭的な負担が大きくなります。

・術後のリスクが大きい

<筋皮弁法での再建>
胸だけでなくお腹や背中にも切創ができます。また、部位によっては筋肉を切除した部分に凹みが生じる場合もあります。また、傷跡が目立つ場合があります。
お腹側、背中側、どちらから組織を取ったとしても手術は長時間にわたり、数日間~2週間程度の入院が必要となるため、身体的負担が大きくなります。まれに移植した皮膚や筋組織の血流が滞り、壊死が起こる可能性もあります。
<脂肪注入法での再建>
体の痛みや皮膚の凸凹、しこりの発生など、脂肪吸引のリスクもあげられます。
<人工乳腺法での再建>
バッグの破損や拘縮など、人工乳腺挿入のリスクがあります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の痛み・麻酔

麻酔については多くの場合、静脈麻酔などの全身麻酔が適用されます。局所麻酔などを併用する場合もあります。
痛みについては、自分の筋肉や皮膚を利用する筋皮弁法による再建は、切除する範囲が広範囲にわたるなど他の術式と比べ痛みが大きくなります。場合によっては、術後数日~2週間程度の入院が必要な場合もあります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術のダウンタイム

・人工乳腺法や脂肪注入法などでの再建

数日の入院または当日帰宅も可能で、傷跡も比較的少なく、体への負担は筋皮弁法に比べ小さくダウンタイムは短いと言われています。

・筋皮弁法での再建

手術時間が長く術後数週間の入院が必要となる場合もあります。組織を広範囲から取る場合体への負担も比較的大きく、社会復帰するまでには時間がかかってしまいます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の料金・費用

・術式によって金額が変わる

片胸の再建で60万~100万円前後となります。
上記の料金とは別に、麻酔代、入院費などがかかる場合があります。また、健側の豊胸、下垂修正などをする場合別途費用がかかります。

・施術を行っているクリニックが少ない

美容外科では、乳房再建は行っているクリニックが少なく、選択肢が限られてしまいます。

・保険が適応される可能性がある

形成外科を併設しているなど、クリニックによっては保険が適用になる場合がありますが、保険適用になる術式や、そのクリニックで受けられる術式、得意とする術式が異なりますのでまずは各クリニックにお問合せください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術と他の施術の比較

・患者様に合わせた施術方法の提案

乳房再建術は、乳がん治療によって胸を欠損、または全損した方にとっては本当に必要な手術であることが多く、今では再建手術も技術や医療の進歩によって、より自然に近いものとなり、手術を希望される方が増えています。
乳がん治療によって温存手術を受けられた方は、多くの場合、脂肪注入法などで欠損部分を補います。また、全摘出を行った場合は、脂肪注入法や筋皮弁法、人工乳腺法での豊胸術を行うだけでなく、乳輪や乳頭の再建を行う必要があります。

・自然なバストを再現する

乳輪や乳頭の再建を行う場合、色素が不自然にならないよう乳輪や乳頭の色味を出す手術として、アートメイク(入れ墨)をほどこすニップルアートもあります。

・バストに左右差がでないように様々な施術を併用する

乳房再建術を受けられる方は、その多くが片側のみの欠損または全損であり、再建する場合健側(治療を受けていない方の胸)に合わせるということになります。
しかし、全損の場合は特に、人工乳腺法での豊胸術を使用する再建の場合、下垂を表現することが非常に難しく、健側が下垂している場合は、高さや形に左右差が出てしまいます。
その場合は健側を乳房下垂修正(マストペクシー)などで吊り上げるか、場合によっては豊胸術などでハリを出すという調整が必要となります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の失敗・修正

・術前より悪い状態になる可能性がある

例えば健側の乳房との左右差や、人工乳腺の拘縮による変形などの、形状の問題もありますし、筋皮弁法で再建した場合、採取する筋肉の場所によっては大きな切創が残ってしまったり、摂取する部分の筋肉の喪失によりトラブルが起きる場合や、組織の壊死が起こる場合もあります。

・信頼の出来るドクターを探す

過度な心配は禁物ですが、乳房再建は、女性としての自信を取り戻せる素晴らしい手術であり、同時にリスクがあるという側面も念頭に置かなければなりません。
もし、乳房再建術に失敗したと感じたときは、すぐに担当してくれたクリニックおよび医師に連絡してください。修正や改善を行える場合があります。
もし取り合ってくれない、話を聞いてもらえないといった場合は、美容医療相談室にご相談ください。修正や改善ができる医師およびクリニックをご紹介いたします。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の名医

施術を行えるクリニックが少なく、症例も少ない

乳房再建術は、手術を行えるクリニックが限られており、その中でご自身に合った名医を選択しなければなりません。
保険適用が実施されて以来、費用が抑えられるからといった理由で形成外科で手術をされるケースが多くなっていますが、まだまだ症例が少なく医師の腕の未熟さが目立ちます。また、実際に執刀する医者の中には乳房再建術の講習を受けただけという場合もあり、医師の知識や術式のレベルを問題視するケースもあるようです。
美容医療相談室では、乳房再建術など、豊胸・バスト形成やその他の美容医療の名医紹介をおひとりおひとりに合わせて行っています。
ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術のよくある質問と回答

Q.乳がんが見つかり放射線治療を行っていました。変形が気になり、乳房再建術を検討しています。いつから手術可能ですか?

乳がん治療における放射線治療では、少なからず皮膚へのダメージがあります。そのため皮膚へのダメージが収まる1年ほど経過したころから、手術を受けることができます。
その間手術は受けられませんが、クリニックでカウンセリングのみを受けることも可能ですし、何かお悩みやご不安などがあれば、まずは美容医療相談室にもお気軽にご相談ください。

Q.10年前、片方の胸を全摘出しました。今になって子供が大きくなったということもあり、乳房再建を考えていますが、摘出した方の胸はかなり凹んでおり皮膚の余りもほとんどありません。そんな状態でも再建できますか?

はい、再建可能です。乳房再建術は、術後何年経過していても、問題なく受けることができます。ただし、ご自身の体の状態や皮膚、筋肉量、脂肪量や希望の状態によって術式が変わる場合があり、術式によっては術後の体への負担が大きく、日常生活に復帰するのに時間がかかってしまう場合もあります。お子様が大きくなられたとのことですので、ダウンタイムや体への負担、日常生活についてなど、お子様を含めご家族とよく話し合い、ご検討いただければと思います。

Q.乳房再建をしたことによって、万が一再発した場合、がんの発見が遅れるなんてことはありませんか?

以前は、脂肪注入法において、注入する脂肪の質によっては胸にしこりが発生するといったことがあり、そのしこりと乳がんのしこりの判別がつきにくいと言われていました。
しかし近年、乳腺X線装置と乳腺外科の診断技術の向上、また超音波やMRIによる精密診断により、乳がんと脂肪のかたまりによるしこりは判別可能となっており、それによって乳がんの発見が遅れるということはほとんどありません。

Q.乳がんの切除と一緒に再建を考えています。美容整形外科では同時に手術できますか?

美容整形外科では、乳がんの切除手術はできません。したがって同時に手術する一期再建はできません。切除手術を受け、一定期間開けてから、美容整形外科にて再建手術をします。
一期再建と違い、2度手術を受けなければならないことから身体的負担は大きくなりますが、その反面、乳房が安定してから手術を行えることや、感染症のリスク、再建について検討する時間ができることなど、メリットもあります。

▽「豊胸・バスト形成」の関連施術はこちら
コンデンスリッチ豊胸
セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入)
アクアフィリング豊胸

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房再建術の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いた乳房再建術の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

乳房再建術の口コミ・体験談

投稿日:2018-02-19
投稿者:匿名さん
no-img2
満足

状況:カウンセリングを受けた,施術を受けた

乳がんの診断を受け、手術の説明の時に矢永先生を紹介して頂き、先生にお話を伺いすぐに乳房再建手術を決めました。女性の先生なので話しやすく色々と相談にのって頂き、本当に綺麗に胸を再建して頂きました。本当に施術して良かったです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房再建術に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事

豊胸・バスト形成

美容医療カタログ 目次