乳房切除

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の内容・効果

乳房切除を行う方には3つの場合があります。まずは、乳がん治療のために乳房切除を行う場合。次はFTMなどの性同一性障害でお悩みの方が、男性らしい平らな胸にするためです。3つ目は男性が自分の胸に女性的なふくらみがあるのが気になってしまう場合です。

まず、現在乳がん手術では乳房温存手術が主流です。ですが、「しこりの大きさが4~5cm以上の場合」「同じ乳房に2つ以上がんのしこりがあり、それぞれが離れている場合」「石灰化が乳房の広範囲に広がっている場合」「妊娠中や膠原病があり、手術のあとの放射線療法が行えない場合」「美容的に仕上がりが良くないと予想される場合」などは、乳房切除が行われるようです。
乳がん手術のための乳房切除の場合は、大胸筋と小胸筋を残し、乳房全体を切除する「胸筋温存乳房切除術」と、大胸筋と小胸筋も合わせて切除する「胸筋合併乳房切除術」に分かれます。昔は胸筋合併乳房切除術が主流でしたが、2000年以降は胸筋温存乳房切除術が一般的に行われるようになりました。
乳がん治療のために乳房切除を受ける方もいらっしゃいますが、将来の発病を予防するために乳腺の切除を行う「予防的乳房切除術」を受ける方もいらっしゃいます。

次のFTMとはFemale To Male の略で生物学上の性別は女であるが性の自己意識が男性である、いわゆる性同一性障害のことを言います。

ふくよかな胸が自分にあるだけでストレスになってしまったり、男性らしい服装ができないなど、精神的にも、日常生活にも支障をきたします。
乳房切除では、Cカップ程度までであれば、胸の脂肪を吸引し、乳輪周囲を切開、乳腺組織を取り出すといった方法で、胸を自然に平らにすることができます。

Dカップ以上のサイズの場合は、乳腺を取り出した後皮膚のたるみが生じるため、たるんでいる皮膚の切除を行う必要があります。

乳房切除を受ける場合、早い段階からホルモン治療を受け、しっかりと乳腺の退縮を行っていくことで切創も小さくなり、傷跡が目立ちにくくなります。
また、乳房切除を希望するのであれば、若いうちに手術を受けることをお勧めします。これは人間の皮膚が年齢とともに弾力を失い皮膚が縮みにくくなるため、年齢を重ねてからの手術は余分な皮膚を切除する必要がある場合があり、大きな傷跡が残ってしまう場合があるためです。

乳房切除では一度切除してしまうと元には戻せません。ご自身やご家族が納得した上で手術に臨むことが重要です。

また、女性ではなく、男性が胸を切除し平らな胸にする場合もあります。
男性でも、乳腺が発達してしまい女性のようにバストが膨らんでしまったり、太ってしまって女性のようなバストになってしまうことがあります。

そのようなケースを「女性化乳房」と言い、乳腺が発達して膨らんでいる場合を「真性女性化乳房」、太ってしまって膨らんでいる場合を「偽性女性化乳房」と呼びます。
太ってしまっている場合は、脂肪を吸引する他、痩せる、筋トレをするなどの方法で改善する場合がありますが、真性女性化乳房の場合は、乳腺を摘出しないと男性的な平らな胸にはなりません。真性女性化乳房は特に思春期ごろに発生し、多くは年齢とともに改善する場合がありますが、そのまま膨らみが残ってしまう場合があります。また、肝機能の低下やホルモンバランスの乱れ、薬の副作用でも女性化乳房が起きる場合があります。

真性、偽性どちらの場合も、女性化乳房を改善する手術のことを女性化乳房修正術と呼びます。
女性化乳房修正術では、乳房切除と同じように乳腺組織や脂肪を除去し、場合によっては乳輪、乳頭などを修正し男性らしい平らな胸にします。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除のメリット

まず乳がん手術の場合ですが、乳房切除(胸筋温存乳房切除術)を行うと乳がんの手術後に乳房再建を希望出来るようです。乳房再建とは無くなってしまったり変形してしまった乳房を、新しく作り直す手術です。また、この手術では胸筋を残すためわきの下がへこんだり、皮膚に肋骨が浮き出てしまうことが少なくなるようです。腕や肩の筋力も衰えにくく、胸筋合併乳房切除術よりも運動障害の程度が少なくなると言われています。
また、予防的乳房切除術の場合は乳がんの発病のリスクが約90%も低下するとされています。血縁者に乳がんになった方がいたり、遺伝子検査の際にがん抑制遺伝子に変異が見つかった場合の方が、この手術を受けることがあります。100%乳がんが発病しないというわけではありませんが、将来乳がんが発病するかもしれないという不安から少しでも解放されるというメリットがあります。

また、乳房の見た目が気になるので乳房切除を行う場合は、男性らしい平らな胸にすることができます。膨らんだ乳頭や乳輪を同時に修正することにより、より男性らしい胸元にすることができます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除のデメリット・リスク

予防的乳房切除術を受ける場合は、必ず乳がんが発病すると決まったわけではない健康な体にメスを入れなければならないというデメリットがあります。

乳腺を同時に除去する場合、胸の大きさや乳腺の大きさによっては切創範囲が広くなり、傷跡が目立つ場合があります。
ごくまれに、手術方法により切創範囲が広くなった場合、乳輪や乳頭の血流障害や皮膚の壊死が起きる場合があります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の痛み・麻酔

局所麻酔、または静脈麻酔などの全身麻酔が使用されます。
全身麻酔の場合、寝ている間に手術が行われますので、術中の痛みはありません。
術後の痛みには個人差があり、術式にもよりますが処方された内服薬を服用することで痛みが抑えられる場合がほとんどです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除のダウンタイム

術式によっても変わりますが、術後1週間程度で抜糸となり、腫れや内出血は2週間程度で収まります。
脂肪のみを吸引する場合は脇下に数ミリ程度の管挿入跡が残り、乳腺を同時に切除する場合は乳輪に沿って切開跡が残りますが、2ヶ月程度で目立たなくなります。

乳腺と同時に余った皮膚を切除する場合は、乳輪周囲と乳輪下にも傷が残り、腫れが引き完全に希望の胸元になったとしても、傷跡が目立ってしまう場合があります。
どの術式にしろ、激しいスポーツなどは術後1ヶ月程度経過後に行ってください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の料金・費用

術式によっても大幅に料金が変わりますが、
脂肪吸引法による乳房切除の場合、35万~55万円
乳腺の除去のみを行う場合、40~60万円
乳腺除去と脂肪吸引を同時に行う場合、70~90万円
上記に合わせて皮膚の切除を同時に行う場合は、120万円程度
となります。

脂肪吸引の場合、吸引する脂肪量によっても料金が変わる場合があります。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除と他の施術の比較

乳房切除と類似の施術として、「リダクション(乳房減少・減胸)」があります。
リダクションは大きすぎる乳房を縮小する手術で、乳房を切開し、余分な皮膚や脂肪を切除することにより乳房を縮小します。
乳房切除が男らしい平らな胸を目指すのに対し、リダクションはあくまでも女性らしい胸を残す方法です。
手術方法は乳房切除、リダクションともにほとんど同じですが、乳房切除の場合、ただ小さくしただけでは女性らしい乳輪や乳首が残ってしまうため、同時に乳輪縮小や 乳頭縮小を行うことで、より男性らしい胸元に近づけることができます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の失敗・修正

乳房切除の症例はまだ少なく、その中でも、切創が広範囲にわたる場合皮膚の壊死等が起きてしまうなどの失敗例があげられます。
また、術式の見極めを誤り思ったような効果が得られないといったこともあります。
「乳房切除に失敗してしまった」「乳房切除の修正をしたい」と感じた時は、まずは治療・手術を行ったクリニック宛に相談をしてください。一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合があります。

「治療・手術を行ったクリニックに行きたくない」「取り合ってくれない」という時は、美容医療相談室にご相談ください。修正が可能なドクターの紹介・診察の調整などをさせていただきます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の名医

乳房切除はまだ症例と対応できるクリニックが少なく、そのため経験不足の医師による手術となる場合もあります。また、仕上がりの形状にも担当した医師のセンスが大きく出るため、希望の胸元になるためには自分の感覚と合う、または合わせてくれるクリニックおよび医師を選択しましょう。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除のよくある質問と回答

Q.性同一性障害で悩んでいます。私はまだ学生ですが、手術は受けられますか?

基本的に何歳でも手術は可能ですが、未成年の場合はご両親(親権者)の承諾や同意書が必要なケースがほとんどです。また、クリニックでのカウンセリング時にも、保護者の方に同席していただき、双方ともに理解し納得した上で手術に臨むことになります。

Q.性同一性障害でホルモン治療を行っており、胸自体の大きさは小さくなりましたが、乳首が大きく、気になります。治せますか?

その場合、乳房切除を受けられるのであれば、傷跡が残るなどのリスクはありますが同時施術として乳輪や乳頭の縮小は可能です。
もし、乳房切除はせず、乳輪や乳頭の縮小のみを検討しておられるようであれば、乳輪縮小、または乳頭縮小(乳首縮小)のみを受けることも可能です。クリニックよって対応できる手術が異なりますので、カウンセリング時にしっかりとご相談いただければと思います。

Q.男性ですが胸のふくらみが気になります。脂肪吸引のみでも縮小しますか?

胸のふくらみの原因としては、乳腺が発達してしまっている真性女性化乳房、脂肪がついて胸がふくらんでしまっている偽性女性化乳房の他、はと胸などによる骨格の影響なども考えられます。
その方それぞれにふくらみの原因があり、どの方法で平らな胸にするかは一度診察を受けた上で判断してもいいかもしれません。
もし、クリニックに直接行くのは勇気がいる、まずは電話やメールで相談したい、等ありましたら、お気軽に美容医療相談室までご相談くださいね。

▽「豊胸・バスト形成」の関連施術はこちら
コンデンスリッチ豊胸
セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入)
アクアフィリング豊胸

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

乳房切除の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いた乳房切除の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

乳房切除に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事

豊胸・バスト形成

美容医療カタログ 目次