逆さまつげ修正 詳しい施術の効果や費用、失敗例を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげとは

逆さまつげとは、上まぶたおよび下まぶたの皮膚の厚みやタルミに押されて、通常は上向きかつ外向きに生えているまつげが下向きかつ内向きに生えておりまつげが眼球に当たってしまう状態のことを言います。

目の中にまつげが入ってしまうためチクチクと痛痒く、また角膜を傷つけるため、視力の衰えや角膜損傷などの目の異常を招く危険があります。また逆さまつげによって目のなかに黒いまつげが入ってくるため、目がぼやけて暗い印象を与えがちです。

また、逆さまつげは東洋人(特に乳幼児や若年者)に多く、生まれつきまぶたが厚ぼったく一重や奥二重の方で、まぶたの重みや眼輪筋にまつげが圧迫されて起こる先天性の場合や、年齢を重ねることにより、まぶたの状態が変化してまつげが内反してしまう後天性の場合などがあります。

逆さまつげの原因

・睫毛乱生によるもの

睫毛乱生は毛根からまつげの生え方がバラバラで、眼球に向って生えてくる状態で、1本からたくさんのまつげが眼球に向くケースもあり、人によって程度はさまざまです。生まれつき睫毛乱生の方も入れば、結膜炎の後遺症によって後天的に表れる可能性もあります。

・眼瞼内反症によるもの

眼瞼内反は加齢のためにまぶたの皮膚がたるみ、まぶたの筋肉の低下などによって内側に向き、眼球に当たってしまうような状態を言います。ほとんど下まぶたに起こる症状です。先天性の場合もあれば加齢による筋力低下で引き起こされる場合もあります。

逆さまつげ修正の内容・効果

逆さまつげ修正では、埋没法、または小切開法にて、まぶたの生えている向きを正常にし固定することで、改善が期待できます。

また、若い方でも「アイプチやテープなどを使用したためにまぶたの皮膚がたるんでしまっている」「埋没法を受けた際に、二重幅を広く設定したことで皮膚が余ってしまい、まつげに乗ってしまっている」といった場合には、逆さまつげが生じることがあります。

老人性眼瞼下垂が逆さまつげの原因となっていることも多くみとめ、眼瞼下垂の治療をすることで逆さまつげが治癒することもまれではありません。

逆さまつげが軽度な場合は、糸をかけてまつげの内反を修正する埋没法を行います。先天性の逆さまつげで治療を必要とする小さなお子様などは目元も変わりやすいため、後ほど修正の効く埋没法で治療する場合があります。

まぶたが厚ぼったく埋没法には向かない方や、切開し確実に治したい方、重度の逆まつげでお悩みの方、および老人性眼瞼下垂などを伴う場合は、原因を根本から解消する小切開法がお勧めです。
また、下まつげの修正は、上まぶたに比べ高度な技術が必要とされる場合が多いようです。

※一時的な改善であればまつげパーマやビューラーでも可能

一時的ではありますが、手軽にできる逆さまつげの治し方として、まつげパーマやビューラーを用いる方法があげられます。

1度まつげパーマを受けると、約1ヶ月程度はその効果が持続するとされています。そのため効果を維持するためには月に1回あたり4,000円〜5,000円の費用がかかります。

ビューラー本体は数百円で購入することができ、気になった時にすぐにまつげを持ち上げられることで一時的に改善が見込めますが、1日に何度もやらなければならないことがデメリットです。

根本的な改善を求める場合は、美容外科や眼科などで外科的な処置をした方が良いでしょう。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正のメリット

逆さまつげによって角膜を傷つけることがなくなり痛みや視力減衰のリスクが抑えられるほか、白目がクリアになり目もパッチリと開けることができるようになります。

それ以外にも逆さまつげ修正術では同時に二重を形成することができるため、元々一重の方や奥二重の方はパッチリとした二重の目元になり目の印象が大きく変えることができます。

また、上まぶたの逆さまつげで眼瞼下垂が認められる場合は、クリニックによっては保険適用範囲内での施術が可能です。

その場合眼瞼下垂も同時に改善できるため、重く眠そうに見えていた目元がパッチリと開き視界が広くなります。

埋没法による逆さまつげ修正では、傷跡が小さく小切開法に比べダウンタイムも少なく済み、糸を外せば修正も可能です。また、埋没法の場合手術料金も小切開法に比べ抑えられるのもメリットです。

反対に小切開法ではダウンタイムは長くなり費用も高額となりますが、多くの方に適用でき半永久的な効果を得られます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正のデメリット・リスク

二重になってしまう

上まぶたの逆さまつげ修正術は、二重形成を伴うため、元々一重の方は二重にしなければなりません。どうしても一重のままで、という方には限りなく奥二重に近い状態に仕上げる場合もあります。

どちらにせよ、奥二重や一重の方は目元の印象が変わってしまう場合があります。

切開の場合、医師の技術が大きく作用する

切開を伴う逆さまつげ修正の場合、技術のある医師が執刀しなければ、目の形自体が変わってしまったり、ひきつれやつり目、下三白眼などを引き起こしてしまったりする可能性もあります。

また、切開を伴う逆さまつげ修正ではダウンタイムが埋没法などに比べ長く、腫れも強いため社会復帰に時間がかかります。

切開をしない場合、戻ってしまうリスクがある

埋没した糸が外れてしまい逆さまつげが戻ってしまったり、埋没した糸や外れた糸が眼球を傷つけてしまったりするリスクもあります。

また、皮膚が厚くたるみが深刻な方は、埋没法での逆さまつげ修正は不向きとされています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正の痛み・麻酔

多くの場合が点眼麻酔、クリーム麻酔、局所麻酔で行いますが、クリニックによっては、静脈麻酔や笑気麻酔が適用になる場合もあります。
麻酔がしっかり効いていれば術中の痛みはあまり感じないでしょう。

とくに静脈麻酔や笑気麻酔の場合、意識がない状態で手術が行われますので、痛みを感じることはほとんどありません。

手術後数時間で麻酔が切れて痛みが出たとしても、処方された頓服薬を服用することでほとんどの場合がわずかな痛みで済むようです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正のダウンタイム

埋没法の場合、術後2~3日腫れが続き、その後徐々に腫れや浮腫みが引き約1ヶ月ほどで落ち着いていきます。

一方、小切開法の場合、強い腫れが1週間程度続きます。術後1週間ほどで抜糸となりますが2週間程度は軽度な腫れが続きます。

腫れが完全に引き、希望の目元になるには数ヶ月~半年ほどかかります。どちらの場合も術中に血管を傷つけることにより起こる内出血が出てしまう場合があり、内出血が消失するまでに1週間~2週間程度かかります。なお、メイクが可能になればファンデーションやコンシーラーなどで隠すこともできます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正の料金・費用

埋没法の逆さまつげ修正の場合、両目で100,000円前後となります。また小切開法の逆さまつげ修正の場合、両目で200,000~300,000円前後となります。

このように、逆さまつげ修正術を埋没法で行うか、小切開法で行うかによって大幅に費用が変わります。

ほかにも、術中に使用する麻酔の種類によって費用が変わる場合があります。
例えば、費用内に局部麻酔の金額が含まれている場合でも、静脈麻酔などを行うと追加料金が必要になることがあります。

※眼科・形成外科による保険適用の場合

形成外科を併設しているクリニックや眼科などでは逆さまつげが眼瞼下垂を伴う場合、保険が適用になる場合もあります。

保険適用での埋没法の場合は、片目で約6,000円程、両目でも約12,000円程です。切開法の場合は片目で約7,000円〜10,000円程です。

しかし、仕上がりまでこだわることが出来ないケースも少なくないため、「修正をしたい」といった声も多く寄せられています。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正と他の施術の比較

目頭切開を用いる方法

逆さまつげ修正術は二重形成術と同じで、基本的には埋没法および小切開法によって二重を形成することでまつげの向きを矯正するという手術です。

しかし、逆さまつげを改善させる他の方法として、目頭切開が用いられる場合もあります。上まぶたの逆さまつげで、特に目頭部分の逆まつげが強い場合は蒙古ひだが発達している場合が多く、その場合、目頭切開をすることで隠れていた生え際部分が外に出るので、結果的に逆さまつげが改善したというケースです。

また、二重形成と目頭切開を併用して逆さまつげを改善させる場合もあります。
その場合、大きく目元の印象が変わってしまいますので、前もってしっかりと希望イメージのカウンセリングを行い、技術のある医師に執刀してもらうことが重要です。

まつげを抜くという方法

また、逆さまつげ修正術のような外科的手術ではなく、逆さまつげになっている部分のみまつげを抜く方法もあります。1~2ヶ月後、再度まつげが生えてきたときには再度逆さまつげとなりますが、継続して抜くことで逆さまつげによる目へのダメージを抑えるという方法です。

レーザーで焼く

抜くのがイヤだったり目に対する刺激が気になるようであれば、毛根をレーザーなどで焼き切るという方法もあります。その場合焼き切った毛根からはまつげが生えてこなくなりますので、逆さまつげの修正にはなりますがまつげの全体量が少なくなってしまいます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正の失敗・修正

逆さまつげ修正術の失敗は、埋没法により糸が露出してしまい眼球を傷つけてしまうことや、留めた糸が外れてしまったことによる後戻りなどが挙げられます。
また、小切開法では皮膚の切除量によりヒキツレや外反(アッカンベーのようになってしまう)などが起こる場合もあります。

また、切開したラインががたついたり、切開した傷跡が目立ってしまう場合なども挙げられます。

「逆さまつげ修正術に失敗してしまった」「逆さまつげ修正術の修正をしたい」と感じた時は、まずは治療・手術を行ったクリニック宛に相談をしてください。一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合があります。

「治療・手術を行ったクリニックに行きたくない」「取り合ってくれない」という時は、美容医療相談室にご相談ください。修正が可能なドクターの紹介・診察の調整などをさせていただきます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正の名医

逆さまつげ修正術は二重形成を伴うため、目元の印象が大きく変わる場合があります。
そのため、外科的な技術はもちろんのこと、美的センスや知識も問われる術式であり、保険が効くからと安易にクリニックを選ぶのではなく、クリニックおよび医師を選ぶことが第一です。

美容医療相談室では、目・目元・二重形成やその他の美容医療の名医・クリニック紹介を、おひとりおひとりに合わせて行っています。
ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正のよくある質問と回答

Q.逆さまつげ修正を希望しています。いつか元に戻ってしまうのでしょうか?
埋没法で行った逆さまつげ修正術では、埋没した糸が外れることによって元に戻ってしまう場合があります。

小切開法で行った逆さまつげ修正術では、元に戻ってしまうことはほとんどありませんが、歳を取ってまぶたがたるんできた場合に、たるみによって再度逆さまつげが発症する場合もあります。

いずれの場合もその方の体質と日頃の生活習慣などで、戻りやすい方、戻りにくい方、たるみが出やすい方、出にくい方の個人差があります。


Q.私はまつげの生え方がバラバラです。ところどころ逆さまつげのようになっていて、目に刺さりチクチクして困っています。保険の範囲で逆さまつげ修正をしてもらえますか?

まつげの生え方がバラバラだということですので、「睫毛乱生」という状態になっているのだと思われます。

保険適用で治療が必要になるのは、全体のまつげが目に刺さってしまっている場合、とくに角膜(かくまく)に傷がついて痛みが強い場合です。ひどい状態では失明の可能性もあるため、保険適用範囲となります。

美容整形では保険適用にはなりませんが、逆さまつげ修正術をご自身のご希望で行っていただけます。また、美容整形では、機能改善だけでなく目の形やその方の希望に合わせ、美的なアプローチから手術を受けていただけます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

逆さまつげ修正の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いた逆さまつげ修正の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

逆さまつげ修正に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事

目・目元・二重形成

美容医療カタログ 目次