【医療発毛】発毛、育毛、増毛、植毛…どれが良いか分かりません。

いただいたご質問

年齢以上に頭髪が薄く悩んでいます。カツラは抵抗があり、自分の毛髪でなんとかしたいのですが、発毛に育毛、増毛、植毛などたくさん種類がありすぎてよく分かりません。

どれが一番良いのでしょうか。

アドバイザーからの回答

それぞれに特長があり、30代男性さんの状態やご希望によって適切な対処法は異なるため「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」それぞれの特長をお伝えしますので、ご覧になったうえで検討してみてください。

まず「発毛」ですが、これは内服薬や頭皮治療などを行い、自分自身の頭髪を「生やす」方法です。自分自身の頭髪を手に入れることができ、発毛した頭髪は、その後の適切なケアで維持できるため、特に20代~40代の方には精神的にもコスト的にも良い対処法だと思います。ただ、発毛までの期間が長いため、即効性を求める方には向いていません。また、発毛の治療方法や個人によって効果に差があるため、実績のある医療機関での治療をおすすめします。美容医療相談室でも実績のある医療機関を複数ご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

次に「育毛」。これは、現在の頭髪を太く、長く、丈夫に「育てる」方法です。市販されている育毛剤等もあるので、一番手軽な方法と言ってよいでしょう。ただ、こちらも効果に個人差がありますし、毛髪の本数自体が少ない場合はあまり効果を得られません。薄毛の対処というよりは、薄毛、抜け毛の予防策と考えると良いかと思います。

「増毛」は、自分の頭髪に人口の毛髪などを結び付けてボリュームアップをはかる方法です。頭髪のボリュームアップという点では、確実性、即効性のもっとも高い方法ですが、結び付けられた頭髪の毛根に大きな負担がかかってしまうというデメリットもあります。増毛を受ける際には、実際に頭髪が増えるわけではないということを認識した上で受けましょう。

最後に「植毛」ですが、人口の毛髪などを頭皮に「植え」たり、毛根ごと移植したりする方法です。こちらも、物理的に毛髪を増やすため、確実性と即効性は高いですが、頭皮の化膿や、植毛した毛髪が抜けてしまったという相談も少なくないため、美容医療相談室では紹介等は行っていません。

以上、それぞれの特徴を理解したうえで、治療をご検討ください。医療発毛やAGA治療などを行っている医療機関であれば、一度カウンセリングに行って話を聞いてみるというのも良いかもしれません。