有名大学病院で形成外科医として第一線で活躍していた経歴から注入技術のエキスパートへ華麗なる転身を遂げた古山先生。その実力は世界でも認められており、世界各国でNo.1の注入技術をもつと認められたドクター1名のみが選出される『「ASIA-PACIFIC ADVISORY BOARD MEETING」』に、日本代表ドクターとして2010年から毎年選ばれている。さらに国内では唯一の、ボトックス&ヒアルロン酸注入の医師向け認定注入指導医としても活動。「注入治療は外科手術以上に魅力的」と語るボトックス、ヒアルロン酸の注入技術に迫る。
打ち手により差が出るボトックス・ヒアルロン酸注射
正しく使えば、外科手術以上に理想のエイジングケアができると考える。
― なぜ形成外科医の第一線から、注入のエキスパートになったのかを教えてください。
初めて注入が日本で行われるようになってから、それまで外科でしか叶わなかった「見た目の美容的若返り」がボトックスやヒアルロン酸といった注入でもできるというような提唱が始まりました。
この頃から、患者様も“よりダウンタイムが少なく”“自然でばれにくい”注入治療を望むことが増えてきたいように感じます。少しずつ時代が変化していった印象ですね。
それからは僕自身も注入系の治療を追求していったんです。12~13年の間でボトックスの注入症例は35,000件ほどになり、日本代表のエキスパートとして選ばれるようにもなりました。
これまでの経験の中で感じているのは、時に注入技術は、外科技術以上に難しいのではないかということ。老化の原因、メカニズムをきちんと理解して治療を行うということは、本当に深い知識と理解が必要なんです。そういった知識・理論がしっかりとある医師が注入するかどうか、これは結果の差として必ず出るんです。
解剖学に基づいた注入理論
世界基準を実現する古山式ヒアルロン酸注入法とは
―ヒアルロン酸によるエイジングケア治療について教えてください
ヒアルロン酸は、老化によって起こった頬の下垂やボリュームの減少を補うことがでる、もっとも重要なエイジング治療のひとつです。 もちろん、いわゆるプチ整形のように元々の形を変化させる目的でも用いられます。有名なのは、鼻や顎を高くしたり唇や額にボリュームを持たせる、といったものでしょう。
まず、一般的に世間で‘若々しく““美しい”といわれる人の多くは、皮膚の表面にたるみやしわによる凸凹が少なく、顔の輪郭が丸みをおびたハート型をしています。当院では、その若々しく美しいお顔を「ハートシェイプトフェイス」と定義していますが、これは額・目と鼻・口元を3つのゾーンに分け、それぞれ3:3:4のバランスがとれていることを示します。
さらに口角~目尻~眉尻のラインが一直線になっていること、つまり「逆三角形顔」が“若々しく”“美しい”外見を維持するためのポイントになります。

老けた印象を与えてしまう顔というのは、加齢によって額や目といった上顔面からボリュームが徐々に下へと落ちてきて、最終的に下顔面(口元)あたりに落ちたボリュームが集中してしまう状態のことです。これがマリオネットラインやゴルゴラインができてしまう要因で、俗にいう“ブルドッグフェイス”と呼ばれる状態にあたります。
ですからエイジングケア治療においてヒアルロン酸でできることは、ヒアルロン酸でボリュームを出すことによって美しい顔とされる“ハートシェイプ”を帯びた輪郭を取り戻し、目や鼻などのパーツ自体のそれぞれの美しさを数学的理論に基づきデザインしていくことになります。
― 最近は唇にボリュームを出すため、ヒアルロン酸を用いることもあるとお聞きします
はい。唇を美しく整えることは単にセクシーで綺麗な印象を作るためだけではなく、エイジングケアの視点でも効果的です。なぜなら冒頭でもお話しましたが、老化に伴うたるみやしわは口周りの下顔面に症状が集中しやすいからです。口回りは特に老化現象が現れやすいので、若々しい印象を取り戻す1つの効果的な手段とも言えます。
資料をご覧いただきたいのですが、美しい唇のバランスとは、上1:下2の構成でなりたっています。さらに美しい唇を印象付けるポイントは6パートにも分かれます。これは解剖学によった話ですが、6パートのうち特に「キューピッドボウ」と呼ばれる上唇の真ん中の形状を綺麗に作ることがとても大切なのです。山形のフレームと中のボリューム、人柱のラインをどうつくるかが美しさを決めるため、私の場合患者様によっては数種類のヒアルロン酸を使いわけて注入する場合もあります。
-古山先生がエキスパートであるボトックス・ヒアルロン酸のコンビネーション治療についてそれぞれの役割と効果を教えてください。
老化現象とは、筋肉が衰え拘縮してしまったことで下垂が始まりボリュームがなくなっていくことです。コンビネーション治療は、ボトックスやヒアルロン酸をただ単品で使用し造形を作り変えるのではなく、人間の本来の筋肉の働きや老化により崩れたバランスをそれぞれの役割を使って整えることで、その人が持つ本来の美しさを取り戻す方法です。
あごを例にしてご説明しましょう。あごは上へ持ち上げる筋肉と下へひっぱる筋肉とか混在している部位です。ここへ老化現象が現れ始めると、梅干しのような縦しわができボリュームがなくなってきてマリオネットラインが現れます。
ボトックスを使い部分的に拘縮している筋肉を緩めて、その上にヒアルロン酸でボリュームを足してあげることで自然で美しいあごができあがるのです。 そして何より、この方法ですと下顔面に集中している老化現象を同時に解消できるという、優れた注入法となります。
コンビネーション治療はその人が持つ本来の美しさを自然に達成できる点、また外科治療に比べてダウンタイムや痛みが少なく出来るという点でも、とても魅力的な治療だと思っています。
因に当院では、あごを作る際にも綺麗な輪郭になるよう数学的理論をもっています。
横から顔を見た時に、鼻・唇・あごのラインが一直線になるようにヒアルロン酸を注入しデザインしていきます。
注入は予防医学である
入れすぎないように、常にナチュラルルッキングを目指すのがベスト
― 皆様へメッセージをお願いします。
注入技術は一概に同じではありません。技術も打ち方も、種類も日々進化しています。
僕は幸いにも注入技術において世界でもトップレベルの先生方と議論する機会がたくさんありますが、そういった先生ほど“ナチュラルルッキング”に仕上げます。

それは、解剖学をきちんと知っている医師こそができる、やったかやってないか分からない、でもなんだかすごい元気な顔を作るということです。数学的理論と、美しさを極めるアート的理論を取り入れて自然な若返りを目指す。これこそが今の時代にあった施術なのではないでしょうか。

ちなみに、僕が長年注入の患者様を見てきて思うのは、やっているかやっていないかで老化に差がでるということです。シワの癖をつけないという予防医学的な役割で使用している方は、年齢を重ねたときに同じ年でも見た目に差がついています。

これからのアンチエイジングとは、シワやたるみが起きてから対処することではなく、 “老化を予防する”アンチエイジング治療が中心になのではないでしょうか。
常にナチュラルルッキングを目指した注入治療で老化を食い止めておくことは、30代から始めておくのも良いと思います。
編集後記
私もたくさんのクリニックへ取材に行きますが、今回ほど注入の技術や理論に感動を覚えたことはありません。古山先生から教えていただいた的確で最新の注入方法に魅力を感じ、個人的にも今までやりたいと思ってなかった唇のヒアルロン酸は、なぜか入れたくなってしまったほどです。注入は打ち手に差がでる。これ私もすごい納得ですので、是非皆様には、このような先生に出会うことを心の底から願うばかりの取材でした。
医療法人社団喜美会 自由が丘クリニック
1つの悩みや症状に対して、その治療法は多岐にわたります。 レーザー療法や注入療法のメスを使わない『非手術療法』、最高の美しさを追求する『手術療法』、肌のことならあらゆる悩みに対応できる『美容トリートメント』、加齢によるマイナス面を克服して、年齢と上手につきあう『抗加齢医学』、そして健康な身体であるからこそ、美しさもより一層際立つ『予防医学』。 この5つの方向から、形成外科、美容皮膚科、美容外科、美容内科、婦人科の5分野のエキスパートたちが、最高の技術でサポートいたします。
受付時間:10時00分~19時00分(木曜休診)
古山登隆 医師
1981年 北里大学医学部卒業 北里大学医学部形成外科入局
1985年 チーフレジデント
1986年 北里大学形成外科研究員
1989年 医学博士取得[コラーゲン薄膜を用いた培養皮膚モデルの形態学的評価] 北里大学形成外科講師
1991年 日比谷病院形成外科医長
1995年 自由が丘クリニック開設
2005年 横浜市立大学医学部非常勤講師
医療法人社団喜美会 自由が丘クリニックへの予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>