はるな愛さんでおなじみの共立美容外科・皮膚科。高い技術力を売りにしており、芸能人やモデルの方が通われている事でも有名な大手美容外科。「傷跡が残らないこと」「肌が凹凸にならないこと」に徹底してこだわった“KB脂肪吸引”の開発の歴史と施術のポイントについて新宿本院の遠山先生が解説します。
「医療にはチームワークが必要」感謝の気持ちを大切にする遠山医師の仕事観とは
スタッフや同僚の医師からとても人気の先生だと聞きました。何か気にかけていることはありますか?
本当ですか(笑)恥ずかしいですね。んー、気にかけている事ですよね。特にないです(笑)
ただ、医療は自分1人では何もできないので、スタッフ達とは持ちつ持たれつの関係だと思っています。同僚の先生方、看護師、カウンセラーなど、周りのスタッフ一人ひとりに対して常日頃から感謝しています。
遠山先生はさまざまな専門医資格をお持ちだと聞きました。
そうですね。これまでの医師としてのキャリアを通じていくつかの専門医資格を取得しています。一つ目は、「日本美容外科学会認定専門医」です。長年の経験を認めていただき嬉しく思っています。
もう一つは、「麻酔科専門医」です。私の医師としてのキャリアの始まりは、麻酔科になります。医学部卒業後に順天堂大学医学部付属病院の麻酔科に入局し、そこで経験を積み麻酔科の専門医の資格を取得することができました。麻酔科医としての仕事は普段はあまり表にでませんが、実は大きな手術を支えるとても大事な部分だと考えています。

ただ、これらの専門医資格はあくまで肩書です。やはり美容医療は医師の腕が一番だと思いますよ。
口コミでいらっしゃる患者様が多いそうですね。
お陰様で、過去に私の施術を受けていただいた患者様からのご紹介や、口コミ情報などを見て、私を指名していただく方もいらっしゃいます。普段、私があまりメディアなどに出たがらないのも、ご紹介でいらっしゃる方が多くなる理由の一つかもしれませんね。
もちろん、お友達からのご紹介の方でも初めての方でも、常にできるだけ誠実に対応させていただきます。
日本屈指の歴史を持つ共立式脂肪吸引。特許も取得した「KBシース」が術後の滑らかな仕上がりを実現する。
日本で初めて日帰りの脂肪吸引を始めたのは共立美容外科さんなんですか?
業界の方からもそのようにお話しされることがあります。美容外科がこんなにも普及していない1980年代から共立美容外科は「脂肪吸引クリニック」と呼ばれるほど、脂肪吸引を盛んに行っていたクリニックでした。
当時は、日帰りの脂肪吸引はあまり考えられていませんでしたが、脂肪吸引で使用する医療器具の進歩と、技術の工夫を重ねることで日帰りの脂肪吸引を可能にしました。1980年代当時は、日帰りで脂肪吸引を行っているクリニックは、私たちが知る限りなかったと思います。そうだとすれば、日本で初めて日帰りの脂肪吸引をしたといっても過言ではないかもしれませんね。
共立美容外科はKB脂肪吸引という脂肪吸引手術を主にされているそうですね。
よくご存じですね。そうですね。当院ではKB脂肪吸引という脂肪吸引術で行っています。特徴はなんといっても傷跡が残りづらい事と、肌が凸凹にならず滑らかな仕上がりになることです。
脂肪吸引は吸引する個所に少しだけ穴をあけてストローのような管(カニューレ)で脂肪を吸引します。脂肪を吸引するときにカニューレを上下に動かしますが、その際に皮膚とカニューレとが摩擦を起こしてしまうので、皮膚に傷跡が残ってしまいます。それを防ぐために、傷跡保護器具「KBシース」を使用して皮膚を保護します。そうする事で、傷跡が残りづらくなります。ちなみに、傷跡保護器具「KBシース」は共立美容外科が開発し特許も取得したものになります。また皮膚を凸凹にならないようにするために、脂肪の吸引時に適量が採れているか肌を触りながらしっかり確認しています。そうすることで凸凹を防ぐことができます。肌を触っただけでどのくらいの脂肪が採れているか確認できるようになるには、豊富な経験が必要だと思いますし、医師の高い技量も必要だと思います。
「全体として美しく仕上げることが大切」脂肪吸引では医師のセンスと手技が試される
脂肪を吸引すると同時にボディメークも同時にされているそうですね。
そうですね。ただ脂肪を吸引するだけではなく、その方にあった自然なラインがでるようにボディメークをしながら脂肪を吸引しています。ボディメークで重要な事は、「脂肪を採り過ぎないこと!」。これが大変重要になります。脂肪を採り過ぎていないかどうかの判断は、医師の技量にゆだねられると思います。適量の脂肪が採れるので肌が凸凹にならずに滑らかな仕上がりにすることができます。そして、脂肪を吸引すると、脂肪細胞も吸引しますので、太りづらい体質にすることができますよ。だんだんと皮膚も引き締まっていきますので、脂肪吸引は、脂肪吸引をした日より1か月後の方が患者様のご満足度は高いと思います。
53種類もの細いカニューレを使い分けるそうですね。
脂肪を吸引する際に使用するストローのようなものをカニューレと言います。共立美容外科では、53種類の細いカニューレを開発し、部分部分で使い分けて丁寧に脂肪を吸引しています。そのため、顔の脂肪吸引から、二の腕、ふくらはぎ、太もも、腰回りなど体のほとんどの個所の脂肪を吸引することができます。
芸能人やモデル、V.I.P.も共立美容外科のKB脂肪吸引をうけていらっしゃるんですか?
すみません。お答えができないんですよ。ごめんなさい。
ベイザーという脂肪吸引の機械も使用することもあるんですか?
使用するときもありますし、使用しないときもあります。脂肪吸引で大事なことは、医師の技術です。あくまでベイザーは医師の脂肪吸引の技術を補助する医療器械という位置づけのイメージでお考えになっていただいた方がいいと思いますよ。また、脂肪吸引で大事なことは、「医師の技術」はもちろんですが、こういった説明で患者様ができるだけ手術を理解し納得されて手術を受けることが本当は大事ですよ。クリニック選びの参考にしてください。
編集後記
終始、明るく爽やかにお話してくださった遠山先生。共立美容外科がいかに脂肪吸引手術に強いこだわりを持って取り組んできたのか、その歴史や施術のこだわりについて深く知ることが出来ました。また、常に周りの人への感謝の気持ちを持つ姿勢こそ、遠山先生が支持される理由の一つなのかもしれません。
共立美容外科・歯科
共立美容外科は1989年に第一号となるクリニックをオープンして以来、東京、大阪、名古屋、福岡をはじめ、全国21院を開院するまでになりました。経験豊富な美容外科医が多数在籍しており、二重まぶたの整形や脂肪吸引、豊胸、わきが、しわ、たるみ、歯並びといった体に関するお悩みをお持ちの方々へ最適な美容医療の治療をご提案しています。
0120-560-340(銀座院)
0120-340-428(渋谷院)
0120-458-034(横浜院)
0120-280-340(千葉院)
0120-500-340(全国21院共通ダイヤル)
新宿本院、銀座、渋谷、横浜、千葉、札幌、仙台、宇都宮、高崎、大宮、所沢、柏、浜松、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、福岡、大分、熊本



【診療時間】
10:00 〜 19:00
遠山貴之先生
【経歴】
1997年 順天堂大学医学部卒
1997年 順天堂大学医学部付属病院 麻酔科入局
2006年 共立美容外科岡山院院長就任

【資格・加盟団体】
日本美容外科学会会員
日本美容外科学会認定専門医
麻酔科専門医
共立美容外科・歯科への予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>