はるな愛さんでおなじみの共立美容外科・歯科。技術力を売りにしており、芸能人やモデルの方も通われている事でも有名。共立美容外科・歯科の渋谷院の院長を任せられているのが、藤巻医師である。藤巻医師は日々技術を磨いている。その高度な技術力が藤巻医師が人気医師である事の理由の一つ。共立美容外科・歯科の二重の整形の「共立式P-PL挙筋法」は、「腫れづらい」「痛みが少ない」ということで、テレビや雑誌にも取材されている。
「美容が好き!」という純粋な思い。患者様の些細な美容の悩みにも解決していきたいという思いで美容外科医に。
Q.藤巻先生のキャリアと専門分野について教えてください
2006年に北里大学の医学部を卒業しました。もともと美容や化粧品が好きだったので、学生時代から、美容外科医に興味がありました。卒業後は、都立豊島病院に入局し、その後、信州上田医療センター勤務を経て2011年に大手の美容外科に入職しました。それから、ご縁があって共立美容外科・皮膚科で勤務することになりました。
共立美容外科・皮膚科では、渋谷院の立ち上げを務め、また、渋谷院の院長として、スタッフ全員でご来院いただいく患者様を美しくするお手伝いをさせていただいております。共立美容外科・皮膚科は症例数が多いクリニックなので、日々研鑽を積んでいますよ。美容外科医としてスタートしましたが、美容皮膚科のニーズにもお応えするべく、東京医科歯科大学病院に皮膚科医として勤務をし、美容皮膚科の知識とスキルを習得しました。私が院長として勤務している渋谷院では、美容外科と美容皮膚科のトータル的な美容医療をご提供していますよ。
Q.なぜ美容医療の分野を志したのでしょうか?
美容の分野を志したきっかけは、「美容が好き!」という純粋な思いからでした。 学生時代、薄いシミが気になり、街のクリニックを受信したのですが、「あ~そんなのはシミのうちに入らないよ。」と言われて返されてしまいました。『何か方法があるはず、治療の選択肢だけでも与えて欲しかった』という思いが残りました。自分は患者様の些細な悩みにも解決していきたいと考え、美容医療の道を進むことを決めました。
美容医療は患者様から直接「ありがとう」とお言葉をいただけるので、とてもやりがいがあります。美容医療をされた患者様は外見だけでなく、内面も明るくなったという方が多いです。美容医療には不思議な力がありますね。
腫れないように。痛くないように。と思いながら丁寧に施術。顔全体のバランスを考え、美しさと可愛さを引き出し、自然な愛される目に。
Q.藤巻先生が特に得意とされている、または力を入れている施術を教えてください
私の得意分野は二重の埋没ですよ。共立美容外科の二重の埋没はP-PL挙筋法という1989年開業以来、数多くの症例をこなす中でたどり着いた、共立美容グループが考える最も腫れづらい、痛みが少ない、自然な二重になる方法です。私は、実家が歯科医を経営していたという事もあり手先が器用な家系です。私自身も子供の頃から手先が器用でした。この器用さが一番生かせるのが二重の埋没です。二重の埋没はプチ整形とも言われているほど気軽に受けていただくことができる施術ですが、その分、奥が深いですよ。繊細さが求められる手術で細部の細かい気配りで仕上がりに大きな差が出ます。
私は共立美容外科の先輩医師から細部の細かい手技を徹底して叩き込まれました。自宅に帰った後も、今でも欠かさず毎日ガーゼと糸と針を使用して練習しています。その甲斐あって二重の埋没法は私の最も自信のある施術になります。痛くないようにすることと、腫れないようにすること、そして自然な二重にすることには、患者さまや同僚の医師からお褒めの言葉をいただいております。
Q.貴院または藤巻先生の二重形成術の特徴を教えてください
共立美容グループの二重の埋没法の特徴は大きく分けて言うと「痛みが少ない」「腫れづらい」「自然な二重」という3点になります。
 1つ目は、「痛くないこと」です。共立美容グループの理念として、とにかく痛くない治療を心がけております。多くの麻酔科の専門医や標榜医が在籍しており、痛くないようにする麻酔針や麻酔にはこだわって行っています。また、お一人お一人の患者様に対して「痛くないように。痛くないように。」と思いながら優しく、丁寧に施術をするだけでも、痛みの出方に大きな違いが出てきます。ありがたいことに、私が担当させていただいた多くの患者様から、共立式P-PL挙筋法は驚くほど痛くなかったというお言葉をいただいております。
 2つ目は、「腫れづらい」ということです。1989年の開院以来、研究の末にたどり着いた独自の腫れづらい方法は、患者様や業界内から大変好評をいただいております。繊細に微調整をし、独自の特殊な方法で、腫れづらくすることができます。
 3つ目は、「自然な二重」にすることです。自然な二重にするために、顔全体のバランスを考えて施術をします。患者様の目元だけではなく、鼻や眉毛との微妙な位置関係を計算しながら施術をすることで、自然な二重にすることができますよ。また、共立式P-PL挙筋法は、まぶたの上にとても細い針で穴を空けて、その穴に糸を通す特殊な方法になります。そのため、まぶたをほとんど傷つけずにできるので、自然な二重を作ることができますよ。
数多くの症例から行き着いた、共立式P-PL挙筋法なら自然な二重に。共立美容グループ全体で、日々技術の向上に努める。
Q.二重形成手術で失敗しないために患者様が知っておくべき、考えるべきポイントがあれば教えてください
失敗しないためには、手術の前のカウンセリングでしっかりと医師とお話をすることだと思います。流れ作業のクリニックもあるそうですが、共立美容グループの場合、手術の前のカウンセリングにしっかりと時間をとるようにしています。患者様はご緊張されていると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心掛けています。二重の埋没法は気軽に受けられるにも関わらず、見た目の印象を大きく変えることができます。外見が変わると、内面も明るくなる場合が多いので、表情が豊かになり、見た目だけでなく、しぐさや雰囲気も可愛く、そして綺麗になることができます。そんな素敵な施術ですので、失敗しないように手術の前のカウンセリングでは、医師にご希望やご要望をなんでもご相談してくださいね。共立美容グループのカウンセリングでは無理に勧めることはありません。お話をするだけでも気持ちが楽になることも多いと思いますので、お気軽に当院の美容の専門医による無料カウンセリングをご利用いただければと思います。
Q.これから施術をお考えの方へのメッセージをお願いします。
二重の埋没法はプチ整形なので、気軽にお受けいただくことができますよ。一方で、プチ整形といっても手術なので、私は毎日、手技を磨いて患者様へ最高のクオリティをご提供するよう努めております。二重の埋没法は、気軽にお受けできますが、手術であることには変わりはありませんので、もし美容外科選びで迷われましたら、手術前のカウンセリングでしっかりと医師とお話をされることをお勧めします。美容外科クリニックに行くことが初めての方も多いと思いますが、共立美容外科はグループ全体で初めての方でもご来院しやすい雰囲気作りに努めていますので、お気軽にご相談にいらしていただければと思います。
編集後記
優しい印象の藤巻先生。スタッフの方に藤巻先生の事をお尋ねすると、スタッフからも大人気だそうです。 技術もあって、優しいなら、この人気もうなずけます。モデルや芸能人、接客業など人前に出るお仕事の方からの指名の患者様が特に多いそうです。物腰が柔らかい先生なので、なんでも話してしまい、取材時間も延長してしまいました(笑)。癒し系で素敵な先生でした。
共立美容外科・歯科
共立美容外科は1989年に第一号となるクリニックをオープンして以来、東京、大阪、名古屋、福岡をはじめ、全国21院を開院するまでになりました。経験豊富な美容外科医が多数在籍しており、二重まぶたの整形や脂肪吸引、豊胸、わきが、しわ、たるみ、歯並びといった体に関するお悩みをお持ちの方々へ最適な美容医療の治療をご提案しています。
【その他、共立式P-PL挙筋法が受けられるクリニック】

0120-560-340(銀座院)
0120-458-034(横浜院)
043-242-8210(千葉院)
0120-500-340(全国21院共通ダイヤル)
新宿本院、銀座、渋谷、横浜、千葉、札幌、仙台、宇都宮、高崎、大宮、所沢、柏、浜松、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、福岡、大分、熊本



【診療時間】
10:00 〜 19:00
藤巻尊子先生
【経歴】
2006年 北里大学医学部卒業
2007年 都立豊島病院入局
2009年 信州上田医療センター
2011年 大手美容外科入職
2014年 共立美容外科・皮膚科皮膚科 勤務
共立美容外科・歯科への予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>