「女性だからこそ理解できることがある」一見穏やかな人柄の裏にある強い信念と、豊富な経験をベースにした高い技術力が吉積先生の魅力だ。美容外科で活躍する女性医師の多くは、非外科的な処置(美容皮膚科等)を専門にすることも少なくない。そんな中、東京大学で形成外科の道を志し、「日本形成外科学会専門医」の資格も取得した吉積先生。高い技術力と女性視点にこだわる吉積先生の人柄と技術に迫る。
「保険診療の限界を超えた医療を提供したい」
患者様の満足を追求した先にあった美容外科という選択
Q. 医師を志したきっかけと現在までのご経歴(専門性)について教えてください
関西の出身なんですが、中学生の頃に阪神大震災を経験しました。その時、火傷や外傷を負った多くの被災者を目の当たりにしたこと、その中で活躍する医師の姿に憧れを持ったことがこの仕事を選んだ大きなきっかけです。こういったきっかけでしたので、医療のなかでも外傷や損傷を治療する「形成外科」を志望しました。当時、関西には形成外科を専門的に学べる大学病院が少なかったので、東京大学の形成外科に入局しました。 その後、さまざまな病院で多くの症例を経験し、日本形成外科専門医の資格を取得するに至りました。
Q. 美容医療の分野に進んだきっかけがあれば教えてください
大きな理由の一つは、保険診療で行える医療の限界を感じたということです。保険内での医療というのは、基本的に「機能回復」が目的となります。この為、保険内で使える器具や材料には制限があり、患者様が求めるレベルまでの治療が行えないということも実は少なくありません。私自身、「もっと良くしてあげたい」「元通りにしたい」という思いが残った経験が何度もあります。
この限界を超えて、「患者様が本当に喜んでもらえるレベルまで仕上げたい」「完璧を追求したい」そう考えた時に、美容外科という選択がありました。損傷を治したり、機能を回復するなど、それまでの医療とは違い、決まったゴールが無い医療だけに難しさはあります。ただ、今はそれ以上に患者様と共に理想を作り上げていく医療に大きなやりがいを感じています。実際に、保険診療の限界を超えた医療を行うことで、多くの患者様が今まで以上に喜んでいただけていることは、私自身の大きな喜びにもなっています。
女性医師であることは大きな強みになる
患者様の希望を正しく理解し、共につくり上げる豊胸術
Q. 先生が特に得意とされている施術を教えてください
目元や鼻など細かい手術が割と好きですが、やはり女医として力を入れているのは豊胸手術です。 もともと大学時代は乳腺外科で勉強もしていましたし、乳癌などで乳房を失った方の乳房再建手術などにも専門的に取り組んでいました。この頃の経験や知識は、今行っている豊胸術でも大いに活かされています。また、豊胸術の場合、女性だからこそ気づけることがたくさんあると思います。単純にサイズを大きくするだけではなく、デコルテ部分の自然な膨らみやバストトップの位置など細かなデザインは男性医師には少しイメージしにくいところかもしれませんね。女性だからこそ理解できる患者様の悩みや理想をしっかりと聞き、医師としてそれをきちんと形にしていきたいと考えています。
Q. 豊胸手術の種類とそれぞれの特徴など教えてください。
主な豊胸術の方法として「ヒアルロン酸」「脂肪注入」「バッグ(プロテーゼ)」の3つが挙げられます。それぞれに、メリット・デメリットがありますので、違いを理解したうえで、ご自身の希望と照らし合わせて選択していただくのが良いと思います。
まず、一番手軽に受けられるのはやはりヒアルロン酸豊胸です。ヒアルロン酸をバストに注入するシンプルな方法ですので、ダウンタイムも殆どなく、施術翌日から日常生活が可能です。ただ、一定期間で吸収されてしまうことと、何度も繰り返していると被膜拘縮が起こり追加注入が難しくなる可能性があります。この点はヒアルロン酸豊胸のデメリットだと言えます。

脂肪注入法は、触った感覚がとても自然なのが魅力です。触っただけで豊胸手術だと分かってしまうことは殆どないと思います。ただ、この方法は脂肪の生着に不安が残ります。コンデンスリッチやピュアグラフトなど、デバイスの進歩によって定着を高める工夫はされているものの、現実的には50%前後の定着かと思われます。また、大きく出来るサイズにも限界があり、1カップ以上大きくするのはなかなか難しいです。また、そもそも取れる脂肪があるかどうかという問題もあり、痩せ型の人では十分な脂肪が取れなかったり、吸引個所に負担が生じることなどがデメリットといえます。

最後にバッグ(プロテーゼ)豊胸についてですが、一番のメリットはご希望のサイズへの確実なサイズアップが可能ということです。最近は極端に大きくしたいという方はそれほど多くないものの、1カップ以上のサイズアップをご希望の場合には最も有力な選択肢になると思います。但し、バッグ豊胸にももちろんリスクはあります。ヒアルロン酸豊胸と同様に、皮膜拘縮が生じる可能性はありますし、人工物ですので将来的な破損の可能性もゼロではありません。ただ、バッグ豊胸の歴史はとても長く、症例実績や臨床データも豊富です。長期的にある程度のサイズアップをご希望の方にはとても良い豊胸術ではないでしょうか。
最新の医療技術と素材が豊胸手術を変える
正しい情報を知ることで、後悔のない選択をして欲しい
Q. バッグ豊胸における吉積先生のこだわりを教えてください
個人としてもクリニックとしても挿入部位と、バッグの素材に強いこだわりを持っています。

バッグ豊胸の場合、バッグを挿入する位置にいくつかの選択肢があります。主には「大胸筋下」「乳腺下」の2つで、それぞれにメリット・デメリットがあることを知っていただきたいと思います。

まず、大胸筋下法は、筋肉の下にバッグを入れるので被膜拘縮やリップリングなどの外見的な不自然さが出来にくい方法です。しかし、筋肉を骨から剥離するので、施術後の痛みが強く1ヶ月ほどのダウンタイムが必要です。
一方、乳腺下法はほとんど痛みが無く、施術翌日から日常生活に特に支障を感じないという方も少なくありません。しかし、乳腺下法は大胸筋下法に比べるとバッグを入れる層が浅い分だけ、痩せている方などの場合、外見的に分かりやすくなるという課題がありました。
しかし、近年ではバッグの素材の進歩によって、この外見上の不自然さという問題が大幅に改善されています。

当院では主にMOTIVA(モティバ)のソフトコヒーシブシリコンバッグを使っていますが、素材はとても柔らかいですし、充填率も100%でリップリングと言われる外見上の問題も起こりません。また、体勢によってラウンド型やアナトミカル型を自然に形作りますので、昔のように「硬い」「動かない」など明らかに豊胸バッグが入っているというよう心配はほとんどありません。

当院では、その方の体型や乳房の形、状態、または希望される乳房の大きさを総合的に判断して、その方に合ったバッグの挿入位置、バッグの種類をご提案しています。

もう一つ、当院では患者様の不安を出来るだけ少なくするために全身麻酔で手術を行っています。安心して手術を受けていただけるように体制を整えるのもクリニックとして必要なことだと考えています。
Q. バッグ豊胸に関して患者側が知っておくべきポイントなどあれば教えてください
3つほど可能性のあるリスクについては知っておいていただきたいと思います。
一つ目は、破損のリスクです。現実的には10年、20年と入れられている方が多いのですが、一応メーカーは10年を保証期間としています。決して高い可能性ではないものの、将来的に破損や入れ替えの可能性があることはご認識ください。但し、仮に破損した場合にも人体に与える悪影響には十分な対策が進んでいます。当院で使用しているバッグであれば、バッグ表面と内容物の間にブルーシートと呼ばれる素材が入っており、破損しても内容物が流れ出ないような構造になっています。この点はご安心ください。

二つ目は乳がん検診が受けづらくなる可能性です。医療機関によっては、バッグが入っているとマンモグラフィによる検診を断られます。しかし、最近ではエコー検査の精度も上がっており、マンモグラフィと大差なく診察・診断が可能になっています。当院にご相談いただければ、バッグが入っていても検査を受けられる医療機関のご紹介も可能です。

三つ目は、バッグを挿入する際の切開箇所についてです。一般的に、バッグを挿入する際には「脇」「乳房下縁」「乳輪周辺」のいずれかを切開して挿入します。欧米では比較的手術が容易な乳房下縁から挿入することが多いのですが、日本人の肌(肌の色)では術後の傷跡が目立つことが心配されます。このため、当院を含め日本の医療機関では脇からの挿入が一般的です。手術の難易度が少し高くなるものの、傷跡が目立ちにくいという点で患者様からの希望も多い方法です。

このあたりのリスクについてはあらかじめ知った上で、術式や挿入方法などご検討ください。もちろん、迷う場合には一緒に相談に乗らせていただきます。
「ずっと女性として輝き続けてほしい」
美容医療は心をポジティブにし、毎日を明るくする医療である。
Q. これから施術をお考えの方へのメッセージをお願いします。
美容医療というのは、その人のQOL(クオリティオブライフ=生活の質)を高めるとても素晴らしい医療だと考えています。もちろん、豊胸手術も例外ではありません。バストは女性にとって象徴的な部分だからこそ、自信を持っていただきたいと思います。若い人が魅力的なバストを手に入れるのはもちろんですが、授乳や子育てを終えた女性にも強くお勧めしたいです。授乳後にバストが萎んでしまったり、垂れ下がってしまって自信を失っている女性は少なくありません。そういった悩みを抱えている方が、もう一度お洒落を楽しんだり、女性としての自信を取り戻すために豊胸手術という選択をすることは決して悪くないと思います。
ぜひ、女性としての自信を強く持ちながら毎日を明るく過ごしていただきたいです。医療を通じて私たちがそのお手伝いをしますので、少しでもお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
編集後記
「美容医療を通じて、多くの女性が輝くサポートをしたい」吉積先生の言葉の端々にはそんな想いが込められていた様に思います。女医だからこそ理解できる女性の悩みに向き合い、高い技術でその悩みの解決を目指す。手術して終わりではなく、術後の生活の質へのこだわりの強さこそ、吉積先生の最大の魅力かもしれません。
大塚美容形成外科・歯科(全国7院)
人気テレビ番組「ビューティーコロシアム」で美容整形部門を担当した大塚美容形成外科・歯科。1976年の創業当時から「最小の手術で、最大の効果を」という理念を掲げ、これまでに多くの女性の美をサポートしてきました。高度な医療技術と、常に患者様の立場にたった姿勢を貫くことで、多くの患者様から支持を集め信頼され続けています。
AM9:00~PM:7:00
吉積佳世先生
平成18年 三重大学医学部医学科 卒業
平成20年 東京大学医学部付属病院 形成外科 入局
平成21年 杏林大学医学部付属病院 形成外科 入局
平成23年 静岡済生会総合病院 形成外科 入局
平成24年 国際医療研究センター 形成外科 入局
平成25年 大塚美容形成外科 入局
大塚美容形成外科・歯科(全国7院)への予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>