日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会評議員、アラガン社認定ボトックス注入指導医でもある古山医師は、美容医療業界においてトップレベルの技術を牽引する自由が丘クリニックの理事長。国内ドクターの指導はもちろん、世界中の医師との交流も深い古山医師だからこそ可能な、最新の糸を使った若返り術とは?
フェイスリフト効果とリバイタライジング(美肌)効果
スレッドリフトは一挙両得で画期的な治療方法
― フェイスリフトの歴史と近年のスレッドリフトについて教えてください。
スレッドリフトは近年、外科的なフェイスリフト手術に変わる画期的な治療法として確立しています。

これまで、フェイスリフトやたるみ治療の手段は手術などの外科的なアプローチで行うものが主流でしたが、ダウンタイムの問題などから患者様のニーズが徐々に変化し、手軽なヒアルロン酸やボトックスなどの注入療法が近年では盛んに行われるようになりました。
つまり患者様の多くは非外科的アプローチによるノンサージャリー(非外科的施術)を多く望むようになってきました。
糸でフェイスリフトが可能なスレッドリフトは、1年〜2年くらいで溶ける糸を使用するため、「一生残る糸を入れるのは抵抗があるし、ダウンタイムの比較的長い手術までは望まない。だけど、注入より確実な効果が欲しい」などの要望に応える、外科治療と手軽な注入治療の中間に位置するノンサージャリーの中では今一番効果のある治療方法です。
― 他にもたくさんある手段の中でもなぜスレッドリフトがいいのでしょうか?
スレッドリフトと一言で言っても、たるみの程度や期待する効果によって糸の種類や挿入する部位を変えるなど、手法は年々多様化しています。
まず、糸自体の種類もたくさんのバリエーションがあるので、症状に合わせて使用することが大切です。
糸の種類としては、比較的軽い症状には、浮遊タイプであるハッピーリフト、もう少しフェイスラインをスッキリさせたいのであれば、リフト力が高めのフィルイット、さらに強力に引き上げたい方にはアンカースレッドなど幅広い選択枠があります。
さらにその糸の挿入の仕方も、糸を通していくだけなのか、一番高くしたい部位に曲線を描くように通すのか、ひっかけるように糸を通すのかなど、症状や部位、お悩みなどによって細かい手技が存在し、とても奥が深いため、医師は多数の症例と経験と最新の知識、勉強が必要です。

スレッドリフト自体、施術直後にリフトアップ効果は実感できますが、
当院ではさらにすぐ強力にリフトアップしたいという方は糸を2重にして通す方法も行っています。これは、イタリアでスレッドリフトを多く行っている医師に僕が直々に教えてもらった手技の一つです。
このようにスレッドリフトの手技、そして可能性は日々進化しています。
― 最後にフェイスリフトやたるみ治療を検討している方にメッセージをお願いします。
スレッドリフトと一言で表しても、単純に挿入するだけではいけません。
長年のノンサージャリーの経験から、スレッドリフトの効果はとても良好であると実感していますが、使用する糸や挿入位置、挿入手法など、治療の選択肢は多岐にわたります。
肌の状態や年齢等により、最適なスレッドリフトの方法は変わってきますので、やはり解剖学や皮膚の構造をしっかりと把握している形成外科医を頼り、望んでいる効果以上の美しさを手に入れていただきたいと思っています。
当院は、常に最新かつ的確な手法を、日々世界中の医師との交流の中で培っています。自分に合った方法を見つけたいという希望があるのであれば、一度カウンセリングだけでもいらしていただければと思います。
編集後記
私個人、スレッドリフトにこんなにも多くの種類や手技が存在しているとは思いませんでした。「可能な限り外科的な手術は避けたいけど、でも効果は得たい」そんな欲張りな私たちの要望も応えられる糸によるフェイスリフト法は、今後も注目していきたい施術の1つです。
医療法人社団喜美会 自由が丘クリニック
1つの悩みや症状に対して、その治療法は多岐にわたります。 レーザー療法や注入療法のメスを使わない『非手術療法』、最高の美しさを追求する『手術療法』、肌のことならあらゆる悩みに対応できる『美容トリートメント』、加齢によるマイナス面を克服して、年齢と上手につきあう『抗加齢医学』、そして健康な身体であるからこそ、美しさもより一層際立つ『予防医学』。 この5つの方向から、形成外科、美容皮膚科、美容外科、美容内科、婦人科の5分野のエキスパートたちが、最高の技術でサポートいたします。
受付時間:10時00分~19時00分(木曜休診)
古山登隆 医師
1981年 北里大学医学部卒業 北里大学医学部形成外科入局
1985年 チーフレジデント
1986年 北里大学形成外科研究員
1989年 医学博士取得[コラーゲン薄膜を用いた培養皮膚モデルの形態学的評価] 北里大学形成外科講師
1991年 日比谷病院形成外科医長
1995年 自由が丘クリニック開設
2005年 横浜市立大学医学部非常勤講師
医療法人社団喜美会 自由が丘クリニックへの予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>