【医師インタビュー】現代のヒアルロン酸注入法とは|荒尾直樹院長(あらおクリニック)

最近ではレーザーやヒアルロン酸などを使ったアンチエイジング治療が気軽に受けられる時代になりました。理想の治療を行うには事前にどのような知識を知っておくべきなのでしょうか。今回、学会発表を行うなど美容医療技術の追求に積極的なあらおクリニック荒尾院長にお話を伺いました。最新のアンチエイジング治療技術とは。
是非参考にしてみて下さい。



手軽で効果的!最新のヒアルロン酸注入法を解説します


Q.ヒアルロン酸について教えてください

ヒアルロン酸とは、元々体内に存在する保湿力の高い成分です。皮膚に含まれるヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に多く存在していて、肌を保湿する働きだけでなく、肌細胞の機能を維持する働きもしています。加齢により細胞の働きが落ちてくると徐々にヒアルロン酸の生産量が少なくなりお肌の弾力が失われ、それが小じわや乾燥肌の原因となります。

Q.美容外科でのヒアルロン酸注入について教えてください

ヒアルロン酸注入はシワやたるみのある部分に注入して皮膚を持ち上げハリを出すだけではなく、本来の若々しいかたちを取り戻す施術です。
また、鼻やアゴの形を整え美しい形にしたり、くぼみ目やクマを改善することも可能です。若々しくない顔立ちとは、年齢による皮膚の下垂や筋肉の萎縮により弾力を失った顔立ちの事です。

骨も年齢とともに徐々に変わっていきます。そのため、本来の若々しい顔立ちを取り戻すためには、しわやたるみの原因を見極め、一人ひとりのお顔に最適なパーツの形を判断し、的確にヒアルロン酸を注入する必要があります。もし、ヒアルロン酸注入をしたあとの形が気に入らなかった場合には、ヒアルロニダーゼという酵素で溶かし、再形成することも可能です。
ヒアルロン酸注入によって顔全体が若々しくなり、表情も気持ちも非常に明るくなれる施術です。

Q.ヒアルロン酸注入の際に使用するカニューラについて教えてください

カニューラを使用する事によってヒアルロン酸注入による痛みやリスクを軽減する事が出来ます。
通常のヒアルロン酸注入はシワやたるみなど気になる部分に何箇所か針を刺して注入します。そのため皮膚の刺入点が多いデメリットと注入針の先端による血管損傷のリスクがあります。カニューラは先端が筒状になっているので血管などを貫いてヒアルロン酸が血管に詰まるなどのリスクが非常に少なくなりました。また、刺入点は1 部位につき 1 箇所で済みます。

施術方法はまず針で 1 箇所皮膚に穴を開け、カニューラを挿入します。その後、皮膚内でカニューラを動かしながらヒアルロン酸を注入していきます。皮膚内でカニューラを動かす時の痛みはわずかです。



Q.ヒアルロン酸注入によって改善できる治療を教えてください。

ヒアルロン酸注入によって、額や眉間、目元のシワやほうれい線を改善する事が可能です。また、ヒアルロン酸注入はくまの原因となるくぼみやたるみの改善にもとても効果的です。 目の下は皮膚が薄く、内出血を起こしやすい特徴がありますが、なめらかなヒアルロン酸と一番細い針を使うことによって、内出血のリスクを低くして治療が出来ます。

たるみは、年齢と共に顔面の皮膚の弾力が衰え、脂肪や骨の量が減少することが原因で起こるのですが、ヒアルロン酸を注入することで、頬に弾力のある若々しい顔立ちを取り戻せます。

その他にも、ヒアルロン酸注入は、涙袋の作成や鼻筋を高くする、唇をふっくらさせる、あごの形を整えるなど注入箇所によって様々な使い方があります。

Q.デメリットはありますか?

医師の技術力の問題により、望んだ結果が得られないことがあります。
また、海外であれば、若返る事はステータスになり、治療を通して若返った事は自慢の種になると言われていますが、日本人は特有の考えがあって、極端な変化を嫌がる方が多いです。ですので、若返り過ぎてしまうのもデメリットになります。

控えめに注入したものを追加注入する事は簡単ですが、過剰に注入したものを減らすのは難しいので、初めての施術で不安な患者様に対しては少しずつ複数に分けて注入する提案をしています。

Q.ヒアルロン酸注入をご検討している患者様へメッセージをお願いします。

今では、ヒアルロン酸注入はアンチエイジング効果が期待できる手軽な手段として非常に人気の施術です。しかし、クリニックによっては品質や注入技術に未だにバラつきがあります。

当院では、世界中から厳選した高品質のヒアルロン酸のみを使用しています。20 種類のヒアルロン酸を使い分けているクリニックは多くはないと自負しています。ヒアルロン酸注入は、手軽に受けられる安全で安定した治療でありながら結果を求めやすい、美容治療の初心者の方にもお勧めしやすい治療です。今まで、ヒアルロン酸注入で満足されていなかった方もぜひ一度ご相談ください。