美容医療の「失敗」とは

「失敗したくないから良い先生の見分け方を教えてほしい」「美容整形したいけど失敗したくない」「失敗してしたけどどうすればいいか分からない」…そんな深刻なお悩みを毎日たくさんいただいています。多くのご相談に共通する「失敗」というキーワード。今日は、美容医療における「失敗」についての考えをお話します。

技術的な失敗


美容医療における失敗には、大きく2種類あると思います。1つは、技術的な失敗。医療ミスと言うと大げさに聞こえますが、これは決して少なくありません。明確な証拠を挙げられないため、表沙汰になるケースが少ないだけなんです。

脂肪吸引での死亡事故などメディアに大きく取り上げられた失敗の他にも、神経が傷ついて麻痺や機能障害などの後遺症が残ってしまうなど、健康を大きく損なう失敗をされた方もいらっしゃいます。また、健康上の問題は無くても「目頭切開で異常に大きく切開された」「傷あとが大きく目立つ」「豊胸したけど左右の大きさが全然違う」など、健康上の問題は無くても、技術的な失敗といえる相談は数多く寄せられています。

技術的な失敗を100%防ぐ方法はありません。どんな名医も人間ですので、失敗することはあります。「絶対に大丈夫」という言葉を信用せず、ご自身の目で慎重に技術力の高い医師を選ぶようにしましょう。(医師を選び方については、長くなりますので次の機会にお話しします)

希望の食い違いによる失敗


もう一つは、希望の食い違いによる失敗。技術的には特に問題なくても、受けた治療・施術に対して満足できないという状態です。「二重切開で幅広を望んでいたのに幅がせまい」「鼻プロテーゼを受けたけど高くなり過ぎ」など、自分の希望通りにならなかった方はとてもたくさんいらっしゃいます。

この場合、成功と捉えている医師・クリニックがほとんどですが、治療を受けた方からすれば、失敗です。美容医療相談室としても、失敗と捉えています。

この失敗を防ぐために最も重要なのがカウンセリング。時間がかかっても、めんどくさくても、クリニック側から多少嫌がられてでも、十分に納得できるまで医師とお話をしましょう。納得できない状態では、治療を受けるべきではありません。(こちらも参考にしてみてください⇒「カウンセリングで重要なこと」


キレイになるためにリスクを負って美容医療を受けるのですから、治療後に満足して初めて成功と言えます。決して焦らず、妥協せず(妥協するなら治療自体をやめておいた方が後悔しません)、慎重に検討を進めてくださいね。