ダンゴ鼻を整形で解消したい

ダンゴ鼻(団子鼻)とは、鼻先が潰れたような形状でダンゴのように見えてしまう状態のことです。美容整形手術で解消する場合、主に鼻尖縮小術(鼻尖形成)や鼻中隔延長術、自家組織移植(中耳軟骨移植)などの手術を行います。

鼻の高さは気にならないのであれば、基本的には鼻尖縮小術のみで鼻先の形状を改善することで印象を変えることができます。逆に、鼻の高さが気になる(鼻が低い)場合は、鼻中隔延長術やプロテーゼの挿入などを同時に行うことを検討したほうが良いでしょう。(どの手術を行うかは、カウンセリングで複数の医師の意見を聞いて検討するようにしましょう。)

また、小鼻(鼻の横幅)が大きいことが原因でダンゴ鼻のように見えてしまうこともあります。この場合は、小鼻縮小術も検討することになります。気になる場合は、カウンセリングの際に小鼻のことも聞いてみてください。

「ダンゴ鼻を整形で解消したい」関連する治療

「ダンゴ鼻を整形で解消したい」に関連する治療です。