鼻を整形で高くしたい

鼻を高くする美容整形手術は、隆鼻術と呼ばれています。よく知られているのは鼻に固形のプロテーゼを挿入する方法ですが、エンドプロテーゼというジェル状のプロテーゼの挿入、レディエッセ、ヒアルロン酸などの注入、自分の組織(中耳軟骨など)の移植などもあります。

固形のプロテーゼを挿入する場合、現在はI型プロテーゼが主流です。状態によってはL型プロテーゼの方が適している場合もありますが、L型はI型以上に鼻先への負担が大きいため、L型の挿入を行う場合には特に慎重になってください。また、エンドプロテーゼは固形のプロテーゼに比べ自由度が高く傷あとも小さくて済みますが、高さは固形のプロテーゼに劣ります。

レディエッセ、ヒアルロン酸などの注入は、他の隆鼻術に比べるとリスクが低く料金も安めですが、時間がたつと効果が薄れてしまい、最終的には元に戻ってしまいます。

自分の組織を移植して鼻に高さを出す場合、異物挿入のリスク・不安はありませんが、鼻以外(耳など)にも影響しますし、結果に満足できなくても修正がとても困難です。

どの治療にもメリット、デメリットがありますので、自分の状態や希望にあった治療法を選択するようにしましょう。(鼻の高さを大きく変えたい場合にはプロテーゼ、美容整形が初めてで失敗の不安が大きい場合はヒアルロン酸注入など)

また、物理的に鼻を高くしなくても、鼻先を細くしたり、鼻筋を長くしたり、鼻の横幅を狭めたりすることで鼻を高く見せる方法もあります。手術前に、医師に自分の希望をしっかり共有するようにしてください。

「鼻を整形で高くしたい」関連する治療

「鼻を整形で高くしたい」に関連する治療です。