目の下の膨らみを解消したい

目元は、加齢による影響が出やすい部分。目の下のたるみ・膨らみでお悩みの方は多く、美容医療相談室にも「目の下の膨らみの影がクマのように見える」「目袋を取りたい」などの相談がたくさん寄せられています。

目の下のたるみ・膨らみは、目の周囲の筋肉の衰えによって目立ってきます。筋肉が衰えてくることで眼科脂肪が下方に下がり目袋という膨らみができてしまいます。膨らみの影(凹み)も、老けた印象を与える原因になってしまいます。

目の下の膨らみを解消する方法としては、下方に落ち込んだ脂肪を除去する(脱脂)手術や凹みの部分などに移動させる手術(ハムラ法など)があります。状態によっては、脱脂によって凹みが目立ってしまうこともあるので、どの手術方法を選択するかは事前に医師とじっくり話し合いましょう。

手術の傷あとが心配な場合は、結膜側(目の裏側)からアプローチする方法もあります。この場合、成功すれば傷あとはほとんど目立ちませんが、手術の難易度は高くなりますので慎重に検討してください。

「目の下の膨らみを解消したい」関連する治療

「目の下の膨らみを解消したい」に関連する治療です。