お腹の脂肪吸引

お腹が出ていることを解消したい場合、その原因によって対処方法は違います。脂肪吸引は適さないこともありますので、安易に受けるのはやめておきましょう。

お腹周りが大きい原因は、内臓脂肪、皮下脂肪の2つに分かれます。内臓脂肪とは、文字通り内臓の周りについた脂肪のこと。内臓脂肪は脂肪吸引では除去できないので、減らすには生活習慣や食事の改善、運動の定常化といった「ダイエット」が必要になります。通常のダイエットでの解消が難しい場合は、医師の指導に基づいたメディカルダイエットプログラムを提供している医療機関に相談してみるのも良いと思います。食事、運動などの指示の他、内服薬等の処方ももあります。自分一人でのダイエットはなかなかうまくいかずリバウンドすることも少なくないため、不安な方は一度相談してみてください。

一方、皮下脂肪は外科的な処置、脂肪吸引や痩身治療で減らすことができます。軽度の場合やリスクを抑えたい(仕事などの都合でダウンタイムが取れない)場合はメソセラピーやレーザー治療等、高い効果、確実な効果を望む場合は脂肪吸引といった外科的な治療によって、ダイエットよりも短期的に脂肪を減らすことができます。一般的なダイエットよりもリスク(健康を損なったり、皮膚が凸凹になってしまったりするケースが報告されています)もあるため、慎重に検討するようにしてください。

「お腹の脂肪吸引」関連する治療

「お腹の脂肪吸引」に関連する治療です。