自然に豊胸したい

豊胸に関する相談の中でも特に多いのが「見た目や手触りで自然な感じで胸を大きくしたい」「できるだけばれないように豊胸したい」という相談です。

見た目や手触り(柔軟性)を自然に・・・という点では、自分の脂肪を胸に注入する脂肪注入が良いでしょう。気を付けておきたいのは、通常の脂肪注入では、「体内に吸収されてしまう(元に戻ってしまう)」「しこり(石灰化)ができてしまう」「脂肪吸引の痕が残ってしまう」などのトラブルも少なくないということ。現在では、生着率(吸収されずに胸に脂肪が生きたまま定着する割合)が高く、しこりのリスクも低減されたセリューションやコンデンスリッチファットなど、再生医療・幹細胞治療を取り入れた脂肪注入法もありますので、料金は高くなりますが、これらを選んだ方が良いと思います。

ただし、これらの治療法も、絶対に安全、絶対に効果があるというわけではないということは覚えておいてください。実際に、セリューション豊胸やコンデンスリッチ豊胸でも「しこりができた」「生着しなかった」という相談はあります。脂肪を注入する医師の技術や個人の身体の状態にも影響されますので、過信は禁物です。

また、脂肪注入系の豊胸を検討する際に注意しておきたいのが、脂肪吸引が必要なこと。脂肪吸引は身体への負担も大きく(死亡事故も起こっています)、吸引部分が凸凹になったり、傷あとが残ったりするなど、リスクの大きな行為です。

リスクの説明がないクリニック・医師は避ける、脂肪吸引でも評判のいい医師を選ぶなど、慎重に検討するようにしましょう。

「自然に豊胸したい」関連する治療

「自然に豊胸したい」に関連する治療です。