丸顔を整形でシャープにしたい

丸顔(丸型の輪郭)からシャープな顔、輪郭に変えたい場合、主に、顎のラインを整える(顎を縦に伸ばす、横幅を狭めるなど)か、えらやほほのラインを引き締める美容医療・美容整形手術が適用されます。

顎を縦に伸ばす際には、顎に固形のシリコンプロテーゼを挿入したり、ヒアルロン酸、レディエッセなどのジェル状・液状のものを注入する方法をとります。長期的な効果を望むのであれば固形のプロテーゼ、短期的な効果でも良いので費用を抑えたい場合にはヒアルロン酸やレディエッセの注入が良いでしょう。費用にかかわらず、どちらも繊細な技術が要求され、微妙な違いで印象に大きな影響を与えます。事前のカウンセリング時に希望をしっかりと伝え、可能であれば、設備の整っているクリニックで術後のシミュレーションを確認しておくことをお勧めします。

顎の横幅を狭めたりほほのラインを引き締める際には、骨削りが必要になるケースが多くあります。骨に対する施術は他の手術に比べリスクが格段に上がるため、より慎重な検討が必要です。お顔の状態に依っては、脂肪吸引やバッカルファット除去の方が効果的で骨削りを行わなくてもよい場合がありますので、その点もカウンセリング時に医師としっかり話し合っておきましょう。

えらのラインを引き締める、シャープにする場合にも、骨削りが必要になるケースが多くあります。エラ(下顎角)削りやVライン形成などが適用される手術です。こちらもとてもリスクが大きい手術で、一度手術を行うと修正も困難なため、最初の手術の前に、手術を受けるか否か、どの手術を受けるか、どの医師に依頼をするかを慎重に検討してください。

「丸顔を整形でシャープにしたい」関連する治療

「丸顔を整形でシャープにしたい」に関連する治療です。